デキちゃうまで、しよ。

dekichau made shiyo

デキちゃうまで、しよ。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×27
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
6
得点
48
評価数
17件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799726075

あらすじ

紳士な社長・章生と秘書の和真は仕事もHも相性ぴったりのラブラブな夫婦v
そろそろ子どもがほしい和真だけど旦那様が中出し種付けしてくれなくて!?
男の妊活、妊夫のH、育児まで男性妊娠を完全網羅!
妊娠しやすい体位って?
妊娠中もSEXできるの?
男でもマッサージすれば母乳が出るってホント?
妊夫のヒミツがいっぱい詰まったキュートなラブコメ集!

表題作デキちゃうまで、しよ。

章生
和真

評価・レビューする

レビュー投稿数6

なかなか難しいテーマかも

えろくて可愛くてよかった、ですが、期待していた内容とはちょっと違う気もしました。
帯に書かれている「男性妊娠のすべてが分かる」とか「子作りから子育てまでたっぷり」というのとはちょっと違うような。

妊娠というテーマは個人的には結構好きでえろいものが多いのでついつい手に取ってしまうのですが、なかなか面白く描くのは難しいと思います。
このお話の章生と和真は仕事でもプライベートでもパートナーですが、和真が家庭では完全に奥さん役になっていて妊娠も和真の役割になったうえで中出しにはげんでいるので、ここに女性でなく男同士にしている意味を無理なくつけた上でかつ萌えも…てなるとやっぱり難しいのかもしれません。

妊娠してあれこれというより、妊娠に関連する用語や生活習慣にかこつけて最後はHするという内容に留まっている気もしました。
それでも十分楽しめたんですが、なんだかもうちょっと…期待してたのと違うなぁという感じが残ってしまいました。
あと子育てのシーンはほどんどなかった気が^^;

妊娠してから家でゴロゴロ、服もゆったり…になっていく和真がこれではいけない!と気付くシーンが妊娠あ続きるあるな感じで面白かったです。

おなかはあんまり膨らまないようですが、どこから生むのかな?と余計なことながら気になってしまいました。絵はすっごく可愛くてよかったです。

後半の短編集は表題作よりえろえろなものが多かったですが、キャラが淫乱でえろい用語をバンバン口にしているので、苦手な方は避けたほうがよいかと思います。
個人的には表題作より後半のえろえろな短編の方が好みでした。

2

すみません!ホント無理でした。

まず、この作品は全体的に男が普通に妊娠する話ですので、苦手な方は読まない方がいいかと思いますので、お気をつけください。

「孕ませてください、旦那様」
社長:章生×秘書:久保田和真のリーマンものです。
会社では社長と秘書の関係ですが、定時がすぎると夫婦で、久保田はそろそろ子供がほしいと思っていますが、章生は子供がほしいとは思っていないという、リアルでもよくある夫婦の意見の食い違いですね。まぁ理由は子供が出来たら自分をかまってくれないかもしれないという理由でしたが。。。

「おっぱいフェチができちゃうまで。」
真生×豊田興宗の高校生ものです。
真生は「孕ませてください、旦那様」のCPの息子です。
まぁ・・・題名にもありますが、ただのおっぱいフェチの話でした。

「デキちゃうまで、したい。」
高校生:玲央×リーマン:美園桂です。
美園は「孕ませてください~」の社員で久保田の同僚です。
まぁよくある話で、玲央は早く結婚したいけど、美園は玲央の両親は大学まで出てほしいという希望を知っているし、大学に入ったら歳の近い子で良い子がいればその子と一緒になればいいという、歳続きの差BLではありがちな話となっていました。

「ツンデレ男子の筆さばき」
朋也×涼太の高校生ものです。
夏休みで涼太が書道部の合宿があるので、その前にヤろう!という話でした。個人的な見解になりますが、短編集ってエロさえいれればいい感じと思ってしまってあまり好きではないですね。ましてやアヘ顔とかマジで萎えますので本当に趣味ではありませんでした。ごめんなさい。

「ヒメゴト教育」
武史×友貴です。
この作品は短編も短編で2ページくらいしかありませんでした。
武史がヘタクソなので友貴が主導権を握るという話でした。

「こぶたちゃんのコンプレックス」
信也×公人の大学生ものです。
この作品は擬人化でした。ちなみに公人が豚で信也は人間です。
正直、よくわかりませんでした。←すみません。
短編というのもありますが、濡れ場シーンで喘ぎ声が豚の鳴き声って・・・
と思ったくらいですね・・・

「僕と彼との性的事情」
黒田×相川の高校生ものです。
SMものでした。正直、高校生でSMてwwって思いましたが。
ボッチ×リア充で、相川は学校でもローターを使用してるとか、ちょっと引きましたねw
黒田は別に相川にSをするのを断っていたのですが、無意識にやってしまうという話でした。

えー全体的に趣味ではありませんでした。
新規開拓のために購入してみましたが、妊娠ものにもイマイチ萌えを見出せず、擬人化もあんまり・・・って感じでしたし、短編集もあった(短編集苦手)のであまり私には合ませんでした。ごめんなさい。

2

萌えました。ブタ属の受けのお話も可愛かったです。

萌えました。ブタ属の受けのお話も可愛かったです。

萌えました!

ヤマびっこさんの作品を買うのはこれで二冊めとなるのですが、今回も当たりでした!

妊娠ネタは初めて読みました笑
でもさすがヤマびっこさん、今回もエロイです。絵もきれいで燃えました。
受けが「赤ちゃんが欲しい」と言って、攻めの初めての中出しにドキドキするところ、とっても可愛かったです!
生まれた赤ちゃんが受けのおっぱいを離さないところは、なんだかもどかしくなりましたがね笑
赤ちゃんが出来てからの久々のえっちで、受けが興奮してました笑

個人的によかったのは、ブタ属の受けのお話です。
さすがBL漫画、トンデモ設定をさらっとやってのけているのですが、受けには耳と尻尾がついていて、それが可愛い!
そしてなによりその子が、「ピキィ…」「プキィ…」ってえっちの時に喘いでいて、また萌えました!

3

妊娠とはそーなのか?

普通に想像する妊娠を男性がしたらどうなのか?というより、
男性の妊娠ではこうなりますという特殊設定があり、それをたどってる感じの話です。
たとえば受けな人の胸は最初から母乳が出る感じに柔らかかったり、お腹で性的な意味で感じたり、男子妊娠ではお腹は出ない、と説明してたり。
個人的にはあまりへんな私が考える設定たさないほうがいいかな?と思うんですが、まあなんも説明せずただのエッチ漫画にしてしまったがっかりものが多いなかまじめに妊娠したかなぁ、と。
でもエロに持ち込みにくいとはいえ、出産というイベントをあまりふれなかったのはおしいかな。
でもエロいし可愛いのでそれはそれで。

4

いちゃらぶかっぷる堪能

ちるちるさんのレビューを見て、
面白そうだ!と思い、購入しました。
二人の快感テレパシーは読んだことが
あるのですが、超えろかったので...
こちらの作品もえろいのかな、と
承知の上で発売日にゲット!!
表紙の作品は私的には好きでした。
社長と秘書の話だったんですが、
脳内で勝手に社長を受けだと
思い込んでいたので、
「逆なんだ!?」と思いました(笑)
けど、らぶらぶいちゃいちゃぶりが
可愛らしかったですよ♪
現実ではありえませんので、
現実を忘れてお楽しみ頂きたい作品です。
表試作他多数読みきりが書かれてます。
ただ、私は読みきりにはあまり
萌えれませんでしたね~~~。残念。
もっと表紙の作品が読みたかったですね。
内容は薄いので、
可愛くてえっちな作品が読みたい!!
という方にはおすすめします♥笑
好き嫌いが別れる作品ですね。
いい勉強になりました!!笑

6

男の妊活

初読みの作家さまでしたが、ちるちるさんの作家インタビューで紹介されていて、絵柄もきれいだし、読んでみたくなって手に取ってみました。短編集なので何話か入っているのですがいくつか選んでレビュー書きます。

表題作は表紙にもなっている二人のお話です。
はい、あらすじに書かれている通り、男の妊活がテーマのお話でした。とある会社の社長・彰生と、その社長秘書である和真のCPで、既に夫婦、男も妊娠できる、という設定でストーリー展開されていきます。

えっと、いくらBLがファンタジーといっても「男の妊娠」はどうなの?と個人的には思うのですが、それは承知の上で読んだのでその点は全く問題はなかったです。ただねえ、なんていうのかな、「中にいっぱい出して 妊娠させて」とか「たくさん 赤ちゃんのもと 下さい」とかなんだか男性向けのエロ漫画を読んでいるような気分になりました。セリフの言い回しが何ともツボに入らず…。

初っ端からラブラブな夫婦というスタートからストーリーが始まっているのでBL的な切ない展開はなく、無いのにもかかわらず何かというとネガティブな思考になる、受けのネガティブさがどうにも目に続きついた、というか。

この夫婦の息子が高校生になった続編もあるのですが、この子が友達の胸をもんで、「理想のおっぱいだ」ということで体の関係を結んでしまうのですが、それもなんだかなあ、と。サカってしまう年頃ではあると思うのだけれど、そんなに簡単にしちゃダメなんじゃないの?と。
おっぱいがメインなこともありパ〇ズリとかあって…。いやいや、ホントに挟めてるわけじゃないのですが、男じゃ無理じゃね?とかそんなことばかり思いながら読んでしまいました。

「こぶたちゃんのコンプレックス」
大学の寮のルームメイトの二人のお話です。が、受けの子が「ブタ族」なんだそうで…。ブタ耳に、しっぽが生えてます。
この作家さんはこういうちょっと特殊な設定がお好きなんでしょうか…?何でブタなの?耳…?しっぽ???とちょっと頭の中に「?」が駆け巡ってしまいました。
ただ、「ブタ族」ということで、自身にコンプレックスを持つ受けのことを、ブタが好き、という性癖を持つ攻めの子が愛情を持って対応していたのは良かった。

なんというか、ギャグエロ、というか、アホエロ、というか。別にそういう作風が嫌いなわけではないですし、さっくりしたエロを楽しみたい、という方にはオススメな作品だと思うのですが、この作家さんの持つ世界感がどうにもこうにもツボに入りませんでした。

あと表紙のエロさ、帯の煽り、タイトル、などなど、リアル書店で買うのはちょいと抵抗のあるエロさでした。イヤ、リアル書店で買いましたけどねwww

ホント、ごめんなさい。絵柄はとてもツボだったので、違う作品も読んでみたいと思います。

6

ポッチ

眠れる森さま
コメントありがとうございます。コメントをいただいていたのに気づかず、お礼コメが遅くなり大変失礼いたしました。
>エロが苦手でしたら、
いえいえ、むしろ大好物でございますwww(って堂々と公言するのもなんですが)。
しかし、
>むしろこの本はピアスだとかディアに比べたら控えめかも
おお、そうなのですか…。こちらの作品もエロエロでしたが、控えめな方の作品だとは…。
エロいのは別にいいのですが、「妊活」とか「ブタ族」とか、ちょっと不思議な空気感のある作品が多かったので、ちょっと馴染めなかった、というか…。

教えていただいてありがとうございました☆
しかし、エロいのは大好物なので(何回も連呼してスミマセン)違う作品も読んでみたいな、と思います。

眠れる森

うーむ、ちょっと気になったことが。
じつはヤマびっこさんを作家検索するとすぐ分かるんですが、このかたの作風はことごとくアマエロよりなんです。
いや、むしろこの本はピアスだとかディアに比べたら控えめかも。エロが苦手でしたら、次々と地雷を踏みぬきそうでお勧めしづらい気がします。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ