禁じられた夜の詩

kinjirareta yoru no shiiru

禁じられた夜の詩
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
22
評価数
6件
平均
3.8 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイSLASHノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  
ISBN
9784799726150

あらすじ

宮殿で王弟の世話係をするシャヒルは、ある日突然王の寵童になるよう命じられる。
しかし王弟を密かに想うシャヒルには、どうしても受け入れられなかった。
「出すぞ…。だが、お前はイくな」
「いやぁぁ――……っ!」
花芯が腹につくほど反り返り開放を求めても、根元の縛めに阻まれてしまう。
そして毎晩快楽を与えて籠絡しようとする王の手管に堪え部屋に戻ると、そこには愛しい王弟が待っていて…!?

一途な想いが紡ぐ、禁忌の王宮3P執着愛!

表題作禁じられた夜の詩

マスジェディール王国 国王サディード/異母弟 アディーブ
奴隷 シャヒル

評価・レビューする

レビュー投稿数1

不完全燃焼の行末

艶やかな表紙が印象的ですね。
仄暗い寒色が、ただの寵愛物ではない物語りを表しているようです。
この表紙から、3Pであろうことは想像が容易いと思います。
ですが、そこに至るまで、また、至る理由が想像を超えていました。(経験値が少ない所為でしょうか。。)

互いに信頼しあった国王である兄と将軍である弟。
その2人に、とある理由から亀裂が入るところから話は始まります。
その理由は、大した違和感のない(裏切りとしてはありふれている)ものなのに、この物語では、愛の歪さを象徴するものです。
これにより、弟王は幽閉されるのですが、その下に奴隷のシャヒルが世話係として召使います。シャヒルは大変無垢な心持ちの青年で、献身的に尽くし、弟王も安らぎを得て可愛がります。
そんな中、兄王はシャヒルを、仕返しの足しにと穢すのです。幾度となく呼び出される内に、兄王はシャヒルを愛しむようになります。
弟王の役に立ちたい一心で生きてきて、側に仕える内に、弟王への思いはいつしか恋心に変わっていたシャヒルにとっては、苦痛でしかなかったのですが、シャヒルもまた少しずつ心に変化が訪れます。
弟王は、ほぼ一続き貫していたので、弟王のための物語なのかもしれません。

幕引きはあまりにも簡素なのですが、本編その後を想像できてしまう、旨い結了なのではないか、と思っています。
また、同じものを指しているのに、シーンによって単語を変えているのが興味深いです。
何度も読まないと、その効果は分かりそうにありませんが、、。

溺愛系王宮物がお好きな方は、少しご注意下さい。偏屈な愛のお話です。
ハーレム物がお好きな方にはオススメしません。所謂そのようなシーンはございません。
女性が出てくるのが苦手な方もご注意下さい。
更には、暴力表現を一切受け付けない方もご注意下さい。
三角関係は、十分に堪能できると思います。

心がちょっとザラっとする、そんな一冊です。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ