淫獄 ~虜の双恋華~

ingoku

淫獄 ~虜の双恋華~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
27
評価数
11件
平均
2.9 / 5
神率
18.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫black(小説・白泉社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784592851318

あらすじ

古来、双子を不吉と忌避し、山の神に捧げてきた神流村。ところが行われる儀式とは、苛酷で淫蕩な陵辱地獄だった。狂虐の因習物語。

表題作淫獄 ~虜の双恋華~

鷹鳥敦/村の権力者/29歳
白神乙夜・燈里/双子/18歳

評価・レビューする

レビュー投稿数4

百合展開はちょっと萌えた

序盤はホラーかと思ってドキドキしたのですが、まともに物語があったのは全体の1/3あたりまでで、あとはひたすら陵辱シーンという…西野花さんの通常運転といえば通常運転な作品でした。

数ページに亘って延々と、これでもか!ええい、これでもか!と続く淫猥な描写に萌え(耐え)られるかどうかで評価は分かれると思います。私は…あー…半分ほどで胸焼け気味になりました。それにしても双贄はどうして女性じゃなく男性なんだろう。女性の双子が生まれたら同じことをするのだろうか。外道だ。いや、男性でも外道なことに変わりないけど。

最後のオチは既定路線すぎて肩すかしでした。そりゃあ燈里はああするでしょうよ。乙夜の自慢の双子シンパシーは肝心なところで役に立たないんだなぁとちょっと可笑しくなりました。

結局、敦に愛はあったのだろうか。イチモツが二つってとっても大変そう…。あ、イチモツは二つでもイチモツって言うのかな!?←どうでもいい。

1

うん。。

受x受 話が読みたくて購入しました。
一言だけ言います ^^;;
最後だけはああしてほしくなかった!!

1

股間が重たそうだよね。。と

や、最後までカップリングがなされないとか思ってなかっただけに
え!?ちょっ・・・終わった!?
な読後でありましたが、たまにはこういうのも悪くないです。
いや、むしろスキダァーーーーーーヽ(*´Д`*)ノ
愛があろうとなかろうと、本能の赴くままに合体する男たち
こういうBLもジャンルとして確立してくれないだろうか。
おいといて
忌まわしき村の習慣。
忌み嫌われた双子。双子を清めるべく行われる儀式とは。
なんかよく聞くような設定ではあるものの
好きですw
村のおっさんども元気だなーと思いつつ
絶倫に加えてデカブツ2本をたずさえた攻は圧巻です。
結局のところ、この攻、エロの最中はともかく
人間的にはなんだかいい人そうですよね。
ちょっとときめいたつか、ラブも芽生えるのかなとすら思った
何事もなかったのが少々残念である。

双子
メインはここの執着ですね。
兄を守るために中学卒業から男たちの性を受け止めつづけた弟
その弟を探して結局もとの木阿弥な兄
兄弟のレズプレイもろもろもおいしくいただきました。
弟君のショタ時代から~の調教もので一冊読みた続きry・・(殴

なんにせよ
BLのLの部分がおいてきぼりなお話ではありますが
ガッツりエロが読みたいときにはおいしい作品です。
明るい話ではないんだけど、それを承知で読むならとってもGOOD!

2

昭和のホラー感の残るエロス

舞台は昭和40年代。
雰囲気は昭和のホラーチックな感じで、冒頭部分はとてもひきこまれました。

小さな村で育った乙夜と燈里の双子の兄弟が、村のダークなしきたりに沿って生贄にされるという暗めのお話。
西野さんの本を読んだことのある方なら、このちょっと変わったしきたりというテーマや設定は作者さんが好まれることが多いので雰囲気は察していただけるかと思います。

村には「還らずの森」という森があり、そこに入ってはいけないことになっています。
中学を卒業する日、乙夜と燈里は森に入り、燈里のみ行方不明になり、燈里はみつからないまま、乙夜は高校に進学し村を離れます。
村の大人はみんな、何か知っていながら隠している様子。
燈里は生きていると確信した乙夜は、18歳になり高校を卒業すると村にもどって、燈里を探すため森に入っていきます。

と、ここまではBLでなくても通用しそうなホラーチックでどきどきする展開です。
ですが、お話らしいものはこのあたりまでで、そのあとはひたすら最後までえろいシーンが続きます。
今回も期待を裏切らない西野さんの作品だなぁという感じでした。

ネタバ続きレを含みますが、双子は村のために生贄として「還らずの森」を管理している鷹鳥家という家にささげられる風習があり、この家の当主である敦が攻めにあたります。
燈里は監禁され、敦と村の男たちに嬲られていたのですが、燈里を探し出した乙夜も捕まり監禁されて嬲られるという…ひたすら強姦シーンが最後まで続きます。
花丸blackさんは暗かったり強姦が嫌な人は手に取らないレーベルだと思いますので、あくまでそういうのもひっくるめて大丈夫な方向けだと思います。

ただ、暗めといっても「家の中で一生閉じ込められる」ということに対してで、強姦自体は身体のなれた双子はどんどん積極的になっていきますので、そんなに悲壮感はありません。
このお話の一番のポイントって、攻めの敦が2本の一物を持ってる…ていうところなのですが、個人的には残念ながら、インパクトある設定なのに活かしきれていないと感じました。
絵におこされていないからか…。あとせっかく2本あるのに、1本入れて抜いてもう1本入れたら1本と同じじゃないかな?^^;とも思ったり(書いていて何かわからなくなってきました)
せっかく2本あるんだからもっとスゴイことできたんじゃないかなぁと。
そしてこの敦のインパクトが結構薄かったのが最後まで気になりました。

この攻めは恋愛対象なのかどうかが曖昧な存在で、双子は双子同士で愛し合っていて執着していて、結果的に「2人で一生一緒にいられるならこの生活も悪くない」という結論で終わるのですが、敦は「2人に嫉妬する」と言いながらあんまり個性がなくて存在自体がちょっと薄い。
「2本の一物を持つ当主」くらいの印象しか残りませんでした。

双子も乙夜は大人しく、燈里は積極的、というような個性が最初はあったと思うのですが、それも途中から乏しく…キャラクターの個性がこの作品は全体的に薄いかなぁと思い、そこが残念です。

3Pはありますが双子で交わることはなく、舐めあったりと百合ぽい感じです。
終わり方は、西野さんの書かれた中では暗めだと思います。(バッドエンドではありません)
でもこのレーベルさんだとこのくらいが普通なのかな?という感じです。

面白かったですが、生贄と村の神・当主・還らずの森などの設定が読んだはずなのにあんまり頭に入らずちょっとごちゃっとした感じでした。
なぜ「双子がこんなめにあっているのか」はあんまり深く考えず、濃厚なえろを楽しみたい!て方におすすめです。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ