マジ?俺がBL映画の主演!?(しかも受)

maji ore ga BLeiga no shuen shikamo uke

マジ?俺がBL映画の主演!?(しかも受)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
17
評価数
6件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
彗星社(星雲社)
シリーズ
Glanz BL comics(グランツBLコミックス・彗星社/星雲社)
発売日
価格
ISBN
9784434206320

あらすじ

新人俳優の真。 売れずに地道に頑張っていたところに突然主演のお話が。 それはなんと「ボーイズラブ」映画の主演だった! しかも相手役はライバルの売れっ子俳優・宗司。 張り切って頑張る真だが、監督からはダメ出しの嵐…。 そこで提案されたのはクランクアップまで「恋人」として 宗司と同棲することだった! ベッドも1つで、お風呂まで一緒なんて… こんな状態で本当に男を好きになる気持ちなんてわかるのか!?

表題作マジ?俺がBL映画の主演!?(しかも受)

売れっ子俳優 宗司
新人俳優 真

評価・レビューする

レビュー投稿数2

広く浅く

小学生の頃に転校してしまった友達と数年ぶりに再会した時
お互いに俳優を生業としていて、その2人がBLの映画の主演に抜擢され
自分は受けでその友達が攻めだったというお話。
もともと好きな気持ちがあった相手だったけど
久しぶりに会った時受けの主人公は攻めの彼のことを
まったく思い出せないどころか
一緒に暮らし始めて半月過ぎてもわからないというのが
まあ、かなり不自然ではあったけど、
広く浅くいろんな要素を盛り込んだ話になっていて
あまり深くは突き詰めてないけど、いろいろつまっみ食いして
お腹いっぱい・・・といった感じでした。
全体的にはうまくまとまって、最後はハッピーエンドだけど
いまいち、ドキドキきゅんきゅんに欠ける気が・・・

描き下ろしで脚本家であるお姉さんに、二人のあれこれ(Hも含め)
すべて報告してるというのがなんともドン引きでした。

BLの映画やドラマCDを演じられる俳優さんは
あくまでも演技としてやられるのはよくわかっていますが
こんなふうに共演者が実際の恋人であるなんて
ありえないけど、それはまた夢があってよかったです。
まず有り続き得ないだろう・・・と思うここだけの妄想の世界を
私は結構、楽しむことできました。



4

それなりに

BLはファンタジー、と言う建前があります。
しかしながら当書の場合、タイトルと梗概を
視て、そっと遠ざけてしまった方が密かに
多い気がします。
ここ2、3年の状況を鑑みればそれもいささか
致し方無いかと。

ですが、当書はただブームに乗って急造された
「なんちゃって」とは一線を画している様です。
むしろ上手く取り込んでいるような様子さえ
あります。
ただ、評者は伏線がもつれて下手に引っ張ると
千切れてしまいそうな危うさを感じてしまいましたが。
善戦はされていると感じます。

次作はどんなテーマで斬りこんで来られるかが
愉しみですね。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ