首なし伯爵の花嫁

kubinashihakushaku no hanayome

首なし伯爵の花嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
原作
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784799726433

あらすじ

「助けてほしい」
不思議な夢を見た当真は、ドイツの古城で謎めいた男ライムントに出会う。伯爵と名乗る彼には、なんと首がなくて!?
伯爵の首を一緒に探すことになった当真。はじめは怖かったけれど、彼の過去を知り、その不器用な優しさに心惹かれ始め…

表題作首なし伯爵の花嫁

ライムント,中世生まれの名門伯爵家の騎士
三雲当麻,天涯孤独な大学3年生

その他の収録作品

  • 城主の帰還
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ファンタジーです。

育ての祖父が亡くなり天涯孤独の身になった当真。 そんな時ある城を相続して欲しいと1通の手紙が。 ドイツへと赴きその城で出会ったのは…。 中世の騎士(領主)ライムントとの恋物語でした。 その城を相続するのにはいろいろと問題があるみたいで、それが彼との出会い。 ですがその彼には首から上がなく一緒に探すことに。 そうこうしてるうちに恋が芽生えてという感じ。 だけどある意味幽霊(?)なライムント。首が見つかるとどうなるのかと思ってましたが、そこはファンタジーでして。 そのまま現代に人間として生きていけるみたい。 で、その城を維持していくためには莫大なお金もかかるけど、そこも上手い具合に城にあるお宝で問題なし。 恋人になったあとコミュニケーション不足で切ない場面もありますが、基本2人の邪魔をするものは何もない(あっても問題なし)ので安心して読めます。

1

ネタバレ注意

首のないドイツ伯爵の亡霊×攻めの住む城を相続することになった日本人大学生。
攻めが亡霊、しかも首がない、という斬新な設定のBLです。斬新なのはさておき、ノンケの受けが、二日間で首がない男を好きになるのはあまりに説得力がなく、ちょっとハマれませんでした。くっつくまでと、くっついてからの二本の話が入っていたのですが、くっつくまでのページ数も短くてアッというまに出来上がってしまい、読者置いてけぼり感がすごかったです。どうせならくっつくまでを一本の話で読みたかった。
あと、後半は城を観光客に見せるために改築することになり、いろんな人が城に出入りするようになる話なのですが、その展開がすごくウザい。受けがはっきり主張しないせいで、受けそっちのけでどんどん話が進んじゃうので受けオロオロ、みたいな展開。受けが邪魔モノ扱いされてるのも不快だし、仕事で請われて来ている業者たちが悪者みたいな描写になってるのも「それ違うでしょ!」と思う。仕事だよ。受けが主張しないせいで仕事が白紙になったら業者たちが大迷惑でしょ。出てくる女性キャラも、ストーリーの邪魔してるだけで、読んでてイライラ。
それから、昔の亡霊が続き、首を手に入れたとたんに普通に人間になって受けと人生を送れるようになるのが理解できませんでした。普通は成仏するか、亡霊のままでしょ。そこらあたりの説得力も欲しかったな。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ