「花鳥風月 (4)」協力書店共通ペーパー

kachou fugetsu

「花鳥風月 (4)」協力書店共通ペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
花鳥風月 (4) 小冊子付特別版

商品説明

協力書店共通購入者特典、描き下ろし漫画ペーパー
協力書店名は「新書館:コミック&ノヴェル」のHPに記載あり
なくなり次第終了

内容:サバトが帰宅すると大輝からの差し入れが置いてあって…
モノクロ、片面印刷

評価・レビューする

レビュー投稿数1

こういうこともあったんだね…

本に折らずに挟めるサイズのペーパーに、
まだ大輝とサバトがこじれていた頃のエピソードが載っていました。

サバトが家に帰ると、
料理が盛ってありラップのかかったお皿がテーブルの上に。
弟の円馬からのメモを見ると、
それは大輝が差し入れのついでと言って作ってくれたごはん、
野菜が添えてあるオムライス。

それを見て、記憶を失くす前に大輝とした会話が思い出されます、
卵をたくさんもらったとサバトが言うと、
『じゃあ今日の昼はカニ玉丼かオムライスだな』と大輝。
「円馬はたぶん…オムライスの方がいいと思う」
そうサバトが自分の好みを隠して答えたのに、
『沢斗もだろ、兄弟そろって好みが一緒』そう言って、大輝は笑ってた。
(3巻の中ほどの出来事)

「オムライス……、記憶……失くしてるくせに」
ラップがかけられた美味しそうなオムライスを見おろしながら、
そう呟くサバトの背中は寂しそう…

でも、大輝の中には変わらない部分もある…
そう思って、少しは嬉しかったりもしたかな?
きっとあの時と同じだったろう味に、サバトはどう思っただろう…?
想像して、ちょ続きっと切なくもじんわり…となったペーパーでした。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ