素直じゃない彼が、みだらに溶ける♥

【18禁・数量限定本】ツンデレ受がめちゃくちゃに犯される本。

tsundereuke ga mechakuchani okasareru hon

【18禁・数量限定本】ツンデレ受がめちゃくちゃに犯される本。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×28
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
55
評価数
16件
平均
3.6 / 5
神率
12.5%
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
X-BL(18禁BL・リブレ)
発売日
価格
¥1,200(税抜)  ¥1,296(税込)
ISBN

あらすじ

◆表紙
扇ゆずは

◆ラインナップ
扇ゆずは
魚ともみ
みなみ遥
山本アタル
ほむらじいこ
アヒル森下
みづい甘
松田うさち子
毎時
相音きう
小道明奈
その他豪華ラインナップ!

【取扱書店限定特典】:山本アタル イラストカード(※特典は数に限りアリ)

表題作【18禁・数量限定本】ツンデレ受がめちゃくちゃに犯される本。

その他の収録作品

  • 山本アタル「弱虫カレシと黒いネコ」
  • みなみ遥「すべてはあいつのキスのせい」
  • 毎時「ほんとはしゅなおになりたいの」
  • 魚ともみ「セクハラブラザーズ」出張マンガ~セクハラ椅子編~
  • 松田うさち子「ファッションエム」
  • ほむらじいこ「お風呂でヒメゴト」
  • 卯陀喜ぴんぽん「臆病ツンデレハニー」
  • 相音きう「あまのじゃくに恋して」
  • アヒル森下「ひねくれヤンキー恋を知る」
  • みづい甘「おしえてやるから」
  • 小道明奈「予習をさせるお前がわるい」
  • 扇ゆずは「澪つくし」

評価・レビューする

レビュー投稿数4

ツンデレ好きですが…。

ツンデレ受けが大好きなので購入しました。
…表紙…ちと苦手…。うん…R18だし、買いにくいくらいがいいのかな。

◆山本アタル先生
…はてR18読んでるんだよね?ツンデレ?
◆みなみ遥先生
うん。いやー絵柄が可愛い。
どうでもいいけど、どの作品も同じような顔・髪型な気がする。
◆毎時先生
仔犬がキャンキャン喚いているような…ちょっとツンデレ読んでる感が出てきた。
◆魚ともみ先生
本っ当に線が細くて綺麗な絵です。
セクハラブラザーズのshort☆…ん?何故にこのアンソロに!?
◆松田うさち子
お初です。絵を見ているとたまにおげれつたなか先生が過ってしまう。
◆ほむらじいこ先生
こちらも仔犬キャンキャン系
◆卯蛇喜ぴんぽん先生
ツンデレ…ですか?
◆相音きう先生
妖怪BLですが、私が苦手な設定なんです…。
◆アヒル森下先生
家事頑張っているちょっとお馬鹿なヤンキー受け。
これは可愛いかった!
手紙が小学生か!って言うような文面で最後に「いってらっしゃいとおかえりのキスしてえなあ。 よしぞうより」って…デレましたわ。くっそ可愛いわ!
◆みづい続き甘先生
私の中ではこれが一番理想のツンデレだったなぁ。ポーカーフェイスの方がデレた時に萌える。
◆小道明奈先生
ツンデレは素直じゃないからヘタレ攻めはムズカシイデスネー。ツンデレ要素が薄まった。
◆扇ゆずは
タイトルが…もうエロい…。
あと本自体のタイトルに唯一合っていました。

全体的にR18にしなくてもってくらいだったし、「めちゃくちゃに犯される」ってタイトルなのに、どれも普通にラブラブHで犯されるって表現とは違うよーな…。
只、絵柄的には全て好みの先生ばかりでしたし、はっきりと自分好みのツンデレが明確になりました!
お初の先生もいらっしゃったのでこれからが楽しみです。

1

値段の違いと18禁の差はどこ??

今までも、18禁にわざわざする必要って…?
とは何度も言われてきましたが、
今までは、リブレさん出版のものは、
18禁以外はアンソロもコミックスも白抜き修正だったので、
白抜き=普通、白抜きじゃない修正=18禁という社の方針なんだろう、
嫌だけど時代的に仕方がないのかな…と思っていました。

でも、
今年の7月末に出た「b-BOY ドM 朝までおしおき特集」は、
18禁じゃない普通のアンソロなのに白抜き修正じゃなかったんですよね。
これまでの18禁のアンソロと同じ修正方法で、若干、線の幅が…
という気もしましたが、見比べるとほとんど違いがないように感じました。
(※「b-BOY 」のアンソロもリブレ出版です)

なので、今後の18禁のものはより過激に?何か工夫が!?
実はそういう期待を密かにしていたのですが、全然でした……(/_;)
というか、
たまたま集まった作家さん的にそうだっただけかもですが、
今回の本は今までのものよりエロが薄めに感じられたような…?

「b-BOY ドM~」にも載っていた山本アタルさんは、
この18禁本のよりそっちの方続きが綿棒で尿道責めとかしてて、
絵的にもずっとエロくて、あれれ?という感じでしたし、
載っている作家さんのネームバリューも、大きく差があるとは思えません。
(b-BOYの方は、はらださん・大和名瀬さんも載ってます)
こちらは、
まだデビューコミックを出していない方が12名中、5名。
で、本の厚さもほとんど変わらず、値段はこっちが300円ほど高い。
う~~~ん…、この値段の差と、18禁にする意味、
わたし的にはほとんど無いように思うのですが、どうなんだろう?

本の内容も、
作品的には面白いな~好きだな~~と思ったものもありましたが、
「ツンデレ受がめちゃくちゃに犯される本。」
というタイトルから想像していたものより、全体的にぬるかったです。
「ツンツンしちゃう受がエッチしてます」
くらいでいいんじゃないかな?と思ってしまいました。

扇ゆずはさんの「澪つくし」は力の入り具合がもの凄くて、
(受けが首を絞められながらのセックスで、
 めちゃくちゃに犯されながら感じてる様子は見応え◎でカッコイイ!
 でも受けはツンデレというより、クールな尽くし系という感じかな?)
コミックになるのはしばらく先のようなので、読めてよかったです。

アヒル森下さん、小道明奈さんも今回のこのアンソロで初めて知って、
可愛らしくてもっと読んでみたいな~と思いました。

ということで、買った事に後悔はないんですが、
18禁・値段・タイトルに関しては、もうちょっと考えてほしいなぁと、
そう強く思った1冊でした。

11

詩雪

江名さん

こちらにも失礼しますmm
江名さんレビューしてくださるかなって思ってたので読めてうれしいですっ!

そうなんですよねぇ、修正のことについて自分のレビューには特に書いておりませんが、私もまったく、同意です。多くの方が知りたいことですよね!
江名さんのおっしゃるとおり、ほかのエロメインを打ち出しているアンソロとの値段差&18禁にしている意味。。。毎回疑問ですねやっぱり。もうツッコミ疲れている方も、読者のなかにはいらっしゃるかもしれませんね。

「b-BOY ドM 朝までおしおき特集」の方は、江名さんのレビューがあがったときに、へぇ~!そうなんだ!と興味津々でした。だから、そう考えると読者としてはますます疑問(笑)。

と、いろいろ思うことはほかにもありますが、今後も。。。カバーの加工とかではなく、中味で特別感を出してくれることを願って☆

P.S.山本アタル作品は特にもっともっと犯してほしかったです~><!

ツンデレ度合

ツンデレ受ってその度合と、攻めとのバランスが大事ですよね。
どちらかといえば、自分は「受け」を中心に読んでいるタイプだと思います。受けがツンツンしているの自体読んでいて楽しいし、それがなんらか圧倒的なパワーで攻めに覆されちゃう感じがたまらない。"がんばって抵抗しても負けちゃう" のが見たい。なので...こちらのアンソロ、もっとめちゃくちゃに犯されちゃってもよかったのではないかな~というのが第一印象。私の感覚ですが、全体的に受けがそこまでツンデレしてないのと、ツンデレ受けに対しての攻めにSっ気が足らないものが多かったかな。ツンデレくんの、犯されちゃってる感じがほしいからそう思うんですけどね。

表紙にもなっている、扇ゆずは作品「澪つくし」だけが別のコースを走っていると思いました。この作品、表紙から自分がイメージしていた受けとはちょっと違って...いやぁ、萌えずにはいられなかった!!まさに、テーマ通りめちゃくちゃに犯されていて大ヒットでした。非合法ギリギリな案件を調査している一匹狼(澪・表紙)の男が、一目見て主従関係になりたいと思うほどのカリスマ男を見つけてしまう。この作品長編でぜひ続き読みたいです。触りたくて、犯してほしくてアプローチに行く感じがニクイ。ボディ全体的に入ったタトゥーも、レザースーツを脱ぐしぐさも男っぽくてイイ。この攻めの目つきもたまらない。流石です。

その他、少しだけですが。
◆山本アタル「弱虫カレシと黒いネコ」
絵が好きです。こちらはコミックス『偽×恋ボーイフレンド』からのカップルでしたが今作のみで問題なく楽しめます。すでにカップルだからそれでいいんですが、攻めが元来この受けに対してMな様子なのがちょっと...もっとめちゃくちゃに犯しきってくれないと!って期待を込めながら読んでしまった。
◆みなみ遥「すべてはあいつのキスのせい」
最近読んでいなかったので久々に可愛い絵を堪能。攻めが控えめでやさしすぎるけど、受けのツンツン具合がよかった。
◆毎時「ほんとはしゅなおになりたいの」
攻めがおかしな天然ですが、バカバカしいエロさで好きでした。この作品の受けはツンデレっていうより日常生活において、思った通りに気持ちを表せない子って感じかな。そこをカラダで素直にさせちゃって気持ちいいの一言が出るまでのお話。
◆松田うさち子「ファッションエム」
最近アンソロではヒットが多い松田うさち子作品だと思っています。嫌だと言いつつ本性はドМ。これは攻めがSっ気たっぷりなので、バランスが最高でした。エロいです。おもしろいなぁ!もっと読みたい。
◆卯陀喜ぴんぽん「臆病ツンデレハニー」
バイト先の先輩(受け)、後輩です。Hシーンに入ってからのページが長い長い!いちごジャムが登場します。

さて、全体的には甘目な作品が多いので、もっともっといじめてくれちゃってもよかったような気がします。でも逆に、嫌だなと思うものはなかった。アンソロだとどうしてもこういうワガママな感想が出てしまうのですが、それでもいつも買ってますからね。ツンデレ受好きで、そこまでハードじゃないのがいいという方にはおすすめ、かと思います。

思うのは、せっかくR18なので、若いのもいいんだけどもうちょっとオトナ風味というか、キャラの年齢を上げていただけるとありがたかった(高校、大学、あたりが目立って多いので)。リーマン、ホスト、裏社会やらのツンデレを個人的にはR18シリーズでは今後もうちょっと読みたいです。

自分が毎回買っているからかもしれませんが、最近ちょっとR18シリーズに特別感が不足している気がします。半年に1つとかで、腰抜かすようなの作っていただきたい!...って、言うのは簡単ですよね(笑)失礼しました。

でも、読めてよかったです!満足。


------------------------------------------------------------------------------
(※追記15/08/29)【扇ゆずは「澪つくし」に誤植アリとのことです】

上に書きました今作、扇ゆずは「澪つくし」について。作者ブログによると、ラストから2ページ目の大ゴマに誤植があったようです。

×「主(あるじ)の翼が見える」
○「王(おう)の翼が見える」

読んでいて違和感は無かったけれど、この作品が気に入った人には特に「これは!」という違い、内容に関係する重要な一文字だと思います。私は上で"主従関係"と書きましたが、作者が描きたかった澪というのは"王様"に尽くしたり役に立ちたいだけで、主従関係は望んでいない男だということがわかりました。似ているようで違う、大事な部分かと。

14

迷宮のリコリス

詩雪さん、

『澪つくし』は最初がこちらのアンソロだったんですね!
タイトルがストレート過ぎて買えなかったのですが、レビューを読んだらやっぱり面白そうです!
GOLDで始まった連載は唐突な印象があった理由が、やっとわかりましたよ。これはコミックスになった時は買いですね^^楽しみです。

江名

詩雪さん、コメント続けてありがとです!!(●^o^●)

「b-BOY ドM 朝までおしおき特集」の方もレビュー読んで下さったんですね、ありがとう~~
18禁については今まではそんなになんで!?とは思っていなかったんですけど(社の方針なら、まぁ仕方ないのかな…って諦めていた)、「b-BOY ドM 朝までおしおき特集」を見ちゃった身としては、線引があまりにあいまい(というか無いように)見えて、ちょっとーー!!って思っちゃったんですよね(^_^;)

あ、でも今回、読みにくいカバー加工じゃなかったのはよかったですよねw

それからそうそう、「澪つくし」の誤植アリの件、詩雪さんが書いて下さらなかった気付かなかったと思うので、教えて下さって感謝でしたよ~
レビューを拝見した時は、出版社側だけのミスなのかな?と思ったら、
そうとも言い切れないようで、余計に扇さんは悔しいでしょうね…(>_<)
印刷前ってすっごくバタバタしてて大変なのかもしれないけれど、
もう本が出来上がったら直せないので、こういうことができるだけ無いようにチェック体制を見直したりとか、対策がされるといいですね。

P.S. 山本アタルさんの今回の作品はちょい物足りなかったですが、
その分新刊の「いくじないスペクテイター」に期待ですかね☆

18禁にする必要があったのか・・・。

う~~~~~~ん。
お話的には萌が詰まった、私の好きなシュチエーションだったのですが・・・。
これを18禁にするにはリアルチンコがあまり無かった。
作家さんの作風もあるんでしょうが、これだったら新書館さんの雑誌読んだほうがまだリアルチンコが拝めるのではないでしょうか。

その辺の物足りなさと私の大好きな年下攻めが少なかったので萌×2になりました。

作品的には松田うさち子せんせと卯陀喜ぴんぽんせんせ、小道明奈せんせが好きです!
扇ゆずはせんせには、年下攻め描いて欲しかった(T-T)

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?