それを恋心と呼ぶのなら

sore wo koigokoro to yobunonara

それを恋心と呼ぶのなら
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神53
  • 萌×257
  • 萌21
  • 中立5
  • しゅみじゃない11

--

レビュー数
15
得点
561
評価数
147件
平均
3.9 / 5
神率
36.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
シトロンコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784799726440

あらすじ

入試で見かけた天使♥は、泰誠の超ドストライクの好みの顔。
思わずふらふらと近づきその場でそのまま「好きです!」と告白。
しかしなんとそいつは男だった!!
入学前からゲイ疑惑、入学したらそいつも入学していて犬猿の仲。
でもやっぱり顔が好きで、ついついちょっかいをかけしまう泰誠で…(´Д` )

天使か悪魔か、ツンデレなんて可愛いモンじゃねえ!
口悪いモノ同士がけんかけんかでぶつかりあって最強コンビのハートが激震!

表題作それを恋心と呼ぶのなら

古賀泰誠
皇城

評価・レビューする

レビュー投稿数15

仲良しDK可愛いです!

ケンカップルの話なのかな?と思って手に取った作品です。
じれったくて可愛いとても良い作品でした!市川先生の絵も爽やかで綺麗です。
周りにホモだなんだと囃し立てられて、なかなか仲良くなれない二人にやきもきしました。
けれど攻めの友達も、からかいながらもちゃんとフォローしてる感じがよかったです。仲良しDK可愛い!
攻めは受けを女の子と勘違いして告白してしまう(顔に見とれすぎて学ランに気がつかなかった)ようなアホの子なんですけど、一途で可愛くちゃんとかっこよさも持っている子です。
素敵な作品なので是非~。

1

男子高校生のおバカなじゃれ合いが非常に萌えます!!!

個人的に男子高校生や男子大学生・・・いや、大分大人になってからでも、男子な感じの男の人達のおバカなじゃれ合いが非常に萌えツボな私です。
BL展開が一切なくとも、こればっかりは昔から好きで好きでしょうがありませんでした。

この作品なんかはまさにそんな感じで・・・
大変楽しく萌えながら読みました。
勿論ちゃんとBL展開・・・というか恋愛展開はありますよ。
作者様は、「もしやこれもくっついてから描くのがおもしろくなるパターンのやつ?」と、あとがきに書かれていましたが、私としてはこの過程が十分楽しくて、その後のお話はむしろなくて全く問題なし・・・と感じてしまいました。(この後切ない葛藤やシリアスな展開になっても嫌ですし・・・)

1

恋の味を思い出します♪

市川さんのDKモノといえばスロースターターですが、向こうが秋の早朝、肌寒い空気の香りだとしたらこっちは中学生の汗の臭いです!笑
単純に向こうは告白までが長いので繊細に見えますし、こちらは告白してからが長いので衝動的で焦燥感のリアルな話になってます。

ただ、市川さんのDKモノを通して言えるのは高校生の人間として完成されてなさが最高だということです…これはブルースカイコンプレックスもそうですが!
本作の二人も例に違わず相手の反応、自分の気持ち、周りの人たちに悩まされたり迷わされたり気付かされたりしながら、未発達の男の子たちが恋へのステップを踏むわけです。
これからどうなるか分からないし、卒業後の2人なんか考えられないくらい今に夢中!男子高校生は最強ですね。

恋の感覚を忘れそうになってるBL黒帯の貴腐人方にこそ、オススメの一冊です♪登場人物たちの日常を妄想しながら、楽しんでみてください!

3

加速する劣化。

高評価だらけの中、失礼します。。。

基本的に市川先生の描く男子は好きなのですが…
『スロースターター』のキヨに心を奪われ過ぎたのがイカンのか、どうにも新刊が発売される度に嵌り度が低くなってきている気がする。

特に今回、スメさんの顔は性別間違えるような女顔じゃないので、最初の突発的な勘違い告白からもうアウトでした。
その違和感が最後まで拭えず、好きだとゴリ押しする泰誠、そんな泰誠に落ちて行くスメさん、どちらにも感情移入出来なかった。

表紙もそうですが、どんどん劣化してきてそろそろ耐えられん域になりそうです。
泰誠の友達×3のワチャワチャ感は最高なのに…
周りが良くてメインが霞む…
もう、市川男子で萌えられる希望はないんかな?

12

愛すべき3バカ

主役の2人だけでなく、その周りまで好きになるお話です(´∀`*)
高校生らしく無鉄砲なところとか、そのくせ純粋で繊細なところとか
市川先生の世界が広がってます!

皇城、ちゃんと普通の子でしたww
スメちゃん最初見て、(口悪っ、全然天使じゃねえ)って思ったけど、ぜんっぜん天使です(真顔)
あんなにも泰誠の事キモがって、昔の事で人とも余り関わってこなかったのに、そこにいきなり泰誠や、アホ3が踏み込んできて掻き回していって戸惑うのは確かに可愛い、凄く可愛い
特に自分の気持ちに気づく場面とか、髪をわちゃわちゃ撫で回したい
靡かない猫が甘えてきた感じ
やっぱり、不器用だけど突っ走る恋愛っていいですね(*´∀`*)

それと大事なのはあの3バカ。全員優しくて、バカで、友達思いで物凄く友達に欲しいタイプww
散々ホモだホモだとバカにし、からかって、だけど友達ってことに変わりはない。とか滅茶苦茶愛しいw

ストーリーのテンポも良く、内容もとても萌える一冊です
あと、最後の皇城に似ている人形の正体もクスッとしました(*´ω`*)

3

ご無沙汰してました、市川先生。

っていうぐらい久しぶりに市川先生読みましたぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
めっちゃ可愛かった♪久しぶりに高校生もの読んで萌えたぁぁ♪♪

泰誠の突進型おバカっぷりも可愛いし
皇城(スメちゃん)の嫌よ嫌やよもいつの間にか好き♪な感じも可愛かったし
なんと言っても
泰誠のダチ、3バカ幼馴染トリオ(衣笠・安仁屋・藤波)も二人をからかいながらも泰誠の事を分かって欲しいとか色々スメちゃんに言ったりして中々いい味出してて良かった。
最後の最後に藤波は彼女もちだって判明したけど、衣笠&安仁屋はもしかしてかなぁ♪
でも総ホモ化は趣味じゃないのでちょっとだけの妄想で留めておきます(笑)

ストーリーも良くって
どのキャラも憎めない可愛い奴らばかりでとても良かったよ♪

1

最初はノリきれなかったけど…

買う前にあらすじを読んで、
「好きです!」と告白したら、そいつは男だった!!ってあって、
ん~~? なんで告白する前に男だって分かんないの??
って思っていたんですが、
顔の下の学ランに目が行かないほど、ど好みの顔で、
皇城(受け・表紙左)に激しく一目惚れ☆だったんですね。

最初に読んだ時、なるほどね~と思いつつ、
その皇城がわたしにはどう見ても男の子でしょ?としか思えなくて、
ちょっと話にノリきれなくて、放置してました…(^_^;)
でも、
改めてゆっく~~り味わって読んでみると、
その思い込みから始まる、激しく突っ走ってしまう勢い↑その後の後悔↓
そんな気持ちの激しい落差とか、いかにもありそうな会話の数々とか、
市川さんならではの描き方がやっぱりいいなぁ~~としみじみ。

泰誠(攻め・表紙右)の3人の友達が、
すごくいい味を出しまくっていて、
メインのふたりより目を引く気がするのも、レアな感じでいいですね。
わたしは中でも、
無害そうなあっさり地味顔なのに、実は一番タチが悪いという亮平が好き。
皇城のところに、遊んでくれよ~って、
友達続きたち3人が次々に集まってくるのも可愛くてすごく好きだな。

でも、一番萌えたシーンは、
ずっと頑なだった皇城が泰誠に気持ちを伝えるところ。
好きだって言った後に小声で「ちくしょうめ」って、なにそのの可愛さ!!
なのに、その後仕切り直すと、
ちゃんと目を見て「好きだよ」って言ってくれて潔い。
この、あ、そうくるのか!と思わせてくれる、
不意に意外な一面を出てくるところがまた、高校生っぽいのかも。
泰誠なんて、そんなのの塊だったし。

最後のオチ(?)も笑っちゃうし、
再読したら無事、お気に入りの本になりました☆

5

すめちゃん、、かわえ、、、ww

ちるちるランクで目にして、
初めて市川先生の本を購入!

読み始めてすぐ本の世界に
入り込めました!

あんまり学園物?学生系って読んでこなかったので
新鮮などきどき感がありました!

古賀ちゃんとスメちゃんの組み合わせが
自分的ツボできゅんきゅんしましたww

読んでいくと スメちゃんが可愛すぎる(>_<)!!
ツンデレなスメちゃんとアホな古賀ちゃんwww
読んでて楽しかったです!

絵柄も好きな感じでストーリーもよかったので
お気に入りの作家さんに追加しちゃいます*\(^o^)/*

ネタバレ嫌なので自分の感想だけですが、、
是非読んでくださいっ!

3

繋がれた恋

市川さんの大定番、ケンカップル男子による恋の青春物語☆
わちゃわちゃした男子高生たちのやりとりが反則級に可愛い!
もう、ゆるくて可愛いとしか言いようないお話でした。

高校入試の際、
顔が好みで速攻告白した相手・皇城が実は男で、その場で撃沈した泰誠。
春、入学式で再会を果たすも、皇城からは気持ち悪がられるし
周りにはホモだと囃し立てられてしまう。
それから1年。顔を合わせれば喧嘩ばかりの二人だけれど
泰誠は育っていく恋心を否定することができず、
一方の皇城もそんな泰誠に対し―?

ストーリーは王道中の王道。
でも、それが市川男子であるならば、萌えないはずがない!
喧嘩して、お互いを知って、すれ違って、落ち込んで...
ふたりのやりとりから目が離せないし、
何よりキスシーンがすごく良くて、きゅんきゅんしました♡

でも!
ふたりを差し置いてでもお伝えしたいのが
泰誠の中学時代からのツレの3バカちゃんの活躍(一人は幼なじみ)。
市川さんの裏設定では、
彼らはみんな、中学時代はバレー部だったとのこと。
バレーと言えば、繋げて勝ちに行くチームプレー続きのスポーツ!
そんな設定が、泰誠と皇城の恋に対しても遺憾なく発揮されていて、
泰誠が落ち込んだり、ふたりがぎくしゃくしたりすると
普段はホモホモと悪乗りで囃し立てる悪友たちが
それぞれさり気なくフォローにまわり、
ふたりの恋を繋げていく様が本当に素敵でした☆

これからはじまっていくふたり。
そしてそんなふたりをホモだと言いながらも
繋がれた恋の行方を見守っていくだろう3バカちゃんを想像すると
読後もニヤニヤが止まりません。

既に本誌を読んでいらっしゃった方でも
裏設定や描き下ろしを読めば、より楽しく再読できるだろうし
市川男子初心者や長年のファンの方にも
モチロンおすすめできる一冊となっております♪
はあ~市川男子はゆるく可愛いが正義!です!

*最後に装丁について
可愛い市川男子ですが、個人的に装丁のふたりの表情は
もう少しデレというか可愛げがあって欲しかったかなあ、
というのが本音でした。

4

『天使?????』

『天使??』
皇城の顔が好き過ぎて、高校入試テストの日に、
ガチの一目惚れで告白しちゃった泰誠
『は? キモい ありえない...死ね(怒)』と
ブチ切れ皇城
そうです、
顔だけ見過ぎて学ラン見落としちゃった...
泰誠でした チーン。

こうして、ホモ疑惑と共に、顔を見たらいがみ合う
皇城と泰誠

囃し立てられ、言い合いながらも、
あれ、結構普通に話せるじゃんって
って思い出す二人

屋上で笑った皇城に衝動的にチュウする泰誠
『違う!俺はホモじゃねぇ あれは不可抗力だ!!』
って泰誠の心の声
ってか、無意識にチュウしちゃう方がやばいでしょ
本能じゃん...
そのチュウの意図が解らずイラつく皇城
皇城にどう接したいのか、自分の気持ちが解らず
知恵熱でノックダウンした泰誠

そんな泰誠にキス逃げかっ(怒)心頭の皇城
見舞いに行き、泰誠に
『今までの事は無かった事にしてやる!』と
友情宣言した皇城
『好きです、知恵熱出す程考えん結果だもん
お前が好きだもん!!』と返しちゃった泰誠
『だもん、だもん 言うなっ!!気色わりぃ!!』
続きって顔面赤い皇城
はい。終了...
可愛過ぎました まじで萌え死にました
何ですか、この可愛すぎるDK達は

そうこうしながら、互いの本心を突き詰め、考え、認めて
晴れて両想いになる二人でした

結ばれからのチュウは『すっげぇきもちいい..』
そう、市川さんの描くキスシーンめっちゃ
いいんです!!
愛が溢れてて、官能的で、すっごく
萌えるんです!!!

市川さんの描くDKはリアル感が半端なくて、
マジいる?いるでしょ?やっぱり!
って妄想始まるんですよ

皇城と泰誠を見守る友人達も堪らんく可愛すぎるです

こんなDKが同い年にいたら、間違いなく盗撮、つきまといます笑

ケンカップルが解けて、溶け合う様に
もう、こっちが溶けました...

これぞ、『Bたち、Lしちゃいなよ!』の
決定版です

市川作品は私のエナジーです
疲れた身体に市川DKを注入し
萌えて下さいませ!

可愛すぎるDKバンザーーーーイ!

4

みんな大好き市川男子!

やっぱり市川先生の描くDKはいいですね。
そして市川先生の描くツンデレ受は最強ですね!
エロないので攻め受けハッキリしてませんが、まぁ黒髪ツンデレ受でしょう。

一目惚れした天使は実は男だった。
顔がどストライクだったため、勢いのまま公衆の面前で男が男に告白するという最悪な出会いをした泰誠と皇城。
同じ高校に入学後も犬猿の仲でしたが、周りの友人におちょくられながらも距離を縮めて行くふたり。

あいかわらず、周りのキャラがいい味だしまくってます。
市川男子は、いい感じにバカっぽくて、絶妙にダルそうで、ほどよくいいかげんで、でもみんないいヤツなんですよね。
キラキラしすぎない普通さが良い。

攻の泰誠もバカだけどいいヤツです。
勘違いして告白した事件以来周りからホモホモ言われ続け、否定しながらも皇城が気になってしょーがなくて、可愛くて思わずキスしちゃったり。
ホモじゃねぇ!と言いながらも、本気で好きになったらけっこう一直線なとこも好印象です。

ツンデレ皇城は女顔がコンプレックスだったんですかね。
でも女顔が学ラン着てると妙な色気があって滾ります。
『泰続き誠が好きなのは自分の顔だけ』という第一印象から、泰誠の告白も信じられず、自分の気持ちにも素直になれずに、女子にヤキモチ妬いたりウダウダ考えますが、こちらも泰誠のことが好きだと自覚すると意外と男前でしたね。

こーゆーDKふたりがあーでもないこーでもないとぐるぐるしながらくっついて行くのを描くのがホント市川先生うますぎます。

エロはこすりあいっこだけで、しかもtnkが出てこない…ふたりの表情を愛でてお楽しみください的なあっさりエロでした。
でも市川先生のベロチューはやっぱいいですね!ガッついてて余裕なさげなとこが激しく萌えます。

劇的なストーリー展開や、とてつもないドキドキハラハラがあるわけでもないけど、安心して読めて例外なく萌えれる安定の市川クオリティ!
今回も市川男子おいしくいただきましたー!

でもやっぱり個人的市川男子のキングオブツンデレは『こっち向いて笑って』の筧かな!

4

「ホモじゃねえし!」「いやホモじゃん!」

市川けい先生は、「高校に潜入して真横で男子高校生たちを観察してきたんじゃないか」って思うくらい高校生の描写が生々しくリアルですね。
カバーイラストも、ズボンの丈が短くなってる感じ良いですね。露わになるくるぶしgood job.

今回も男子高生二人のピュアピュアでぐるぐる悩んだり衝突したりする姿が等身大で描かれていました。
一目ぼれした勢いで告白するも、告白してから相手が男だと気づくおバカな泰誠と、
それを「きもい」「うざい」と跳ね除けながらも、真っ直ぐで友人想いな泰誠を好ましく思っている皇城。

「俺ホモじゃねえし!」「まじ違えし!」と抗いつつも皇城が気になって気になって仕方がない泰誠。好きの気持ちがダダ漏れで可愛かったです。

告白も、綺麗な場所で綺麗な台詞で……ということは全然なく、
自分の部屋で熱に浮かされながら、ぐずぐずになりながら必死の告白。
人間味があって素敵です。

あと市川先生は脇役もとても「生きてる」感じがします。
やたら後押ししてくれるわけでもなく、善人すぎるわけでもなく、
二人の仲を面白がったり茶化したりしながら、バカやってられる友続き達。
実際近くにホモキャラがいるとして、こういう友人がいたらいいよね、と思えました。

最後潔く「好き」と告げ合う二人もソーキュートでした。”とことん素直じゃなかった二人”、からの”素直に好き好き言い合う二人”、への転換最高です。

4

おバカな男子高校生は無条件に可愛い

いや〜、男子高校生はかわいいですなぁ。
泰誠(攻め?)とスメちゃん(受け?)が可愛いのはもちろんのこと、泰誠の幼馴染3人組がめっちゃいい味出てます。悪友でわちゃわちゃしてて緩〜い感じなんだけどきっと友達がホモになっても受け入れてくれるだろうって雰囲気(笑)男の子っていいですね。

さて、本編ですが。一年前、スメちゃんに一目惚れして公開告白した泰誠(スメちゃんが男だということに気づかなかった笑)は、学校中からホモだと噂されています。ホモじゃねぇ!って言い張ってる割には、スメちゃんとエンカウントする度に頬を赤らめて喧嘩してるのがすごい可愛らしい。挙げ句の果てにはついうっかりキスしてしまったり。身体が勝手に動いただけでホモってわけじゃない、ってそれ!完全に好きだよ!ホモだよ泰誠!(笑)
スメちゃんは大人しそうだしけっこうウジウジしたタイプかな〜と思いましたが潔い面もあってよかった。でも泰誠に好きって言われたのが嘘だったと勘違いして無意識に涙が出てきて、やっと自分の気持ちにきづくシーンはかわいくて抱きしめたくなりました。
全体的にテンポ良くコミカルな展開のお話で、ちょっと真剣なシーン続き?かと思わせておいてページめくったら笑えるシーンだったりするので胸がぎゅーっとなるようなトキメキはなかったですが、男子高校生の可愛さとおバカさに萌えながら楽しく読めました♫可愛い男子高校生に癒されたい方はぜひ!

個人的に好きだったシーン!
✳︎一番最初の不意打ちキス。泰誠の首元と喉仏が色っぽい。
✳︎泰誠が知恵熱だしてスメちゃんに告白する。「だって、〜〜だもの。〜〜だもの。〜〜だものー。」って吐露するシーン。だものって…かわいすぎる!
✳︎スメちゃんが泣きながら無自覚告白したあとのキスシーン。とろんってなってるスメちゃんと夢中な泰誠がたまりませんでした。市川先生の書くキス顔好きです。
✳︎コキ合いするとき「触りてぇ、だめ?」って泰誠の欲情した顔がめっちゃ雄丸出し。あと、スメちゃんが固くなった泰誠のに触れた時「…うわ」って引いてるのがよかった(笑)よく「あっ///すごい…❤︎固い////」みたいな受けがいるけど、とんでもないビッチじゃないとあの反応にはならないと思うのでリアルでした(笑)ちなみに、コキ合いだけでエッチは無しです。

4

男子高校生の恋話と友情

市川けい先生の最新作になります!

表紙の絵が、いつもと雰囲気が違うなぁと私は感じたのですが、お話の方はいつものピュアな感じの可愛いお話でした。
表紙とあらすじでは、ケンカップルな印象を受けますが、始めの方だけだと思いました。攻めの泰誠は、入試で見かけた理想の見た目の皇城に一目惚れします。それが、男でバッサリ「キモイ」と言われます。周りの友達にそれをイジられかてからかわれます。この友達も、みんなホモネタでノリで騒ぐのですが、友達思いでさわやかな子達でした。そんな中、泰誠の否定しながらも、皇城に惹かれていく描写などが、すごく若々しくて萌えました。逆に皇城が、泰誠への気持ちを自覚した所も良かったです。市川先生の描くツンデレが好きなので、この作品も楽しめました。爽やかな一冊、オススメです。

2

男子高校生萌えの黄金比率!

『アホ+かわいい+青春』の黄金比率で、激萌えですヨ。
読んでいるこっちが「ちくしょうめ」って言いたいッスわ!くそー。
なんで市川先生はこんな高校生が描けるんじゃ!高校に潜入してんのか!
市川作品を初読みなのですが、なんで私、いままで読んでいなかったの…ふー、冷静に…落ち着け自分…

お話はというと、高校入試に向かうさなか、泰誠は顔がドストライクな皇城に一目惚れ。思わず告るも、男と気づき即撃沈。
入学して、再会の泰誠と皇城…そして、そのまわりの友達は…という高校生の日常がサイコーな作品です。
(入試の日にそんなんで受かっていて良かったよね、ホンマに…)

まるで、透明人間になって高校生活を覗き見るような近さ。
泰誠の反射神経で動いてしまうようなところや、コロコロと変わる表情が生き生きしてます。
醒めた様子だった皇城も、泰誠につられるかのように後半は表情が出てきます。
そう、恋は「不可抗力」なのです。
社会人のお話となるとこうはいきませんゼ。
高校生だから、ちょっぴり悩みはするけど、とにかく突っ走る、思い切れる、その感じが気持ちいーッス。

そして、最後数ペ続きージ。友人たち3バカの光景で、ポイント追加。
(欽ちゃんの仮装大賞の、最後に得点がぐぐ〜と伸びる映像を思い浮かべてネ)
ちゃらちゃちゃんちゃんちゃ〜ん。神作品決定!
3バカの「仕方ねーよ」って、泰誠と皇城を一歩ひいて受けとめる感じって大事で、それは諦めじゃなくて、そのひとなりの何かを認めるってことで。よのなか、これが必要。

で、話は戻って、社会人になっても泰誠と皇城はこのままのような気がするのね。3バカも「若干きもいよな」って、言いながらも普通につきあっていて。
なので、そんな同人誌下さい(笑)

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ