鬼塚先生のお世話マニュアル

onidukasensei no osewa manual

鬼塚先生のお世話マニュアル
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
H&C Comics ihr HertZシリーズ(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥639(税抜)  ¥690(税込)
ISBN
9784813030898

あらすじ

気弱な小動物系の鬼塚先生はホラー小説家。ある日、担当編集が長身で強面の黒崎に代わることに。しかも、恋愛経験がないのに恋愛小説の仕事を引き受けてしまい、執筆も進まず黒崎にビクビクする日々。けれど、黒崎は何かと気遣ってくれて、時に優しい顔をすることに気づく。そんなある日、恋愛部分の執筆に行き詰まっていた鬼塚先生は、「恋人のまねごとをしてみませんか」と黒崎に提案されて!?

表題作鬼塚先生のお世話マニュアル

黒崎、担当編集
鬼塚、ホラー小説家

同時収録作品かわいいカレシ

西島悠生、新米保育士
陽希、先輩保育士

その他の収録作品

  • 鬼塚先生の恋愛マニュアル
  • 描き下ろし

評価・レビューする

レビュー投稿数2

キュート!

表題作シリーズの他に前後編のお話「かわいいカレシ」が収録されています。
果桃さんの作品はちょっと天然な受け様が可愛くて癒されるのですが、今回もそんなお話でした。
特に表題作は新しく担当になった強面の編集者xホラーミステリー作家のお話なんですが、この受け様が怖い攻め様を見るたびに可愛いリスに変化するのが可愛面白い(笑)。
電話が繋がらず、わざわざ自宅まで来てくれた攻め様を家の中に入れようとしないし(その怖がり方が攻め様にはとっても失礼だとは思うのですが、超面白くてゲラゲラ笑ってしまいました(汗))、これでほんとにホラー作品とか書いてるの?という感じです(この設定も作家さんのユーモアを感じます)。
その他にもクマノミとかうりのぬいぐるみ(?)等可愛いアイテムが頻繁に出て来て、その都度癒されました。

同時収録作品は一途なイケメンの保育士と年上の可愛い系保育士とのお話。
攻め様が寡黙で、受け様をじっと見つめる視線が熱いのが萌でした。
今は受け様よりずっと身長が高くなった攻め様が受け様に放った決め台詞が可笑しいんですけどグッときました。

0

疑似恋愛の果てに…

表題作と、初恋を実らせた純愛モノの2つのお話が収録されています。

表題作は、小動物系でビビりまくり・小心者のホラー作家(鬼塚)と新しく担当となった長身コワモテ(黒崎)との、生活力のない作家のお世話から始まるラブコメです。

ホラーのことを語る時には生き生きとしてるのに、ビビりまくりですぐリス化する鬼塚が可愛くて萌えます。コワモテながら、気遣いが上手で時々優しい表情を見せる黒崎もキュンとなるし。
そんな2人が、童貞ゆえに初の恋愛モノを書くのに悩んでいた鬼塚のために、疑似デートをしたことから距離が近づいていきます。そのデートの時の様子や、ギクシャクしながらもどんどん2人の恋心が高まっていく様子にキュンとなりました。

もう一つの短編は、昔通っていた保育園の息子に惚れた年下攻めが、保育士になって恋を叶えようと、その保育園に戻ってきて始まる再会ラブストーリーです。
年下くんの、押したり引いたり、一生懸命なアプローチが可愛くてキュンとなります。そんな、可愛い年下くんに振り回されて堕とされた、余裕のない年上受けも可愛くて萌えました。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ