僕はネクタイが外せない

boku wa necktie ga hazusenai

僕はネクタイが外せない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
35
評価数
13件
平均
3.1 / 5
神率
15.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784796407601

あらすじ

未だに卒業できない恋をしている―――。
大学時代から後輩の洋介に片想いをしている日菜。
一足先に社会人になった今でも、洋介と接点をつくるべく、
口実を探して洋介の部屋に転がり込んだり、
酔ったふりで少しだけ触れてみたりと、未練の日々。
洋介も食事や風呂を用意して甲斐甲斐しく世話を焼いてくれるし、
このまま他愛ない日々が続けば、それだけで幸せだと思っていた。
だけどある日、自分の知らない相手と楽しそうに笑う洋介を目撃し、
その上「俺、先輩が嫌いです」と告げられて…!?

表題作僕はネクタイが外せない

竹田洋介,受の後輩,大学生~
日菜晶,リーマン

同時収録作品この相棒、危険につき / この相棒、休日につき

宮野,刑事,受の相方
剛田,一匹狼の刑事

同時収録作品王子センパイの秘密 / 王子センパイの青春(描き下ろし)

杉,建設会社勤務,受の学生時代の後輩
神田朋,癒し系の俳優兼モデル

その他の収録作品

  • 僕はネクタイが結べない
  • 今夜ネクタイは必要ない(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき・漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数5

ネクタイ外してー

いろんなタイプのカップルが詰まった短編集でした。
一番のお気に入りは表題作です。
大学時代の先輩と後輩という設定で、お互いに好きなのになかなか思いを伝えられなくてもどかしい感じがいいです。厳しいことをいわせてもらえれば、先輩が抱かれるときの体のラインがちょっと女の人みたいで、そこはもう少し男の人の体で仕上げてほしかったかな。
二話目のおじさんと若者の刑事コンビは、親父好きにはたまらないかも。私は現実の親父に常日頃から接しているので、宮野くんの気持ちには全く共感できず、もったいなくない?と思ってしまいました。
三話目の俳優と後輩の方が現実味がなくて、これぞ漫画!って感じで好きでした。それにしても、好きな後輩とは恥ずかしくて二人でエッチできないとか、どんな感覚なんだ!?杉も最初から他のセフレを蹴散らす勇気を出してればよかったのに!
色んな愛の形が収録されているので、どれかしらお好みのものに出会える一冊ですね。

0

刑事ものの話はよかった

表紙と帯に惹かれて読みました。すみません、ちょっと辛口です。

『僕はネクタイが外せない』
世話焼き後輩大学生×美人な社会人先輩。
学生の頃は同じ立場だったのに、先に社会人になった先輩とまだ学生でいることに歯痒さを感じる後輩って設定は良かったです!
だけど会社の飲みで来てる先輩が酔って倒れたところに偶然後輩がいて、
後輩が会社の人たちがいる前で「さわんな!」って怒鳴るのはどうなんだろう…って思ってしまいました。もっとスマートに連れて帰ってほしかった。
あと後輩が先輩を好きだからって理由だけで同じ会社にあっさり就職して、周りの目を気にせず職場でイチャイチャしているのもちょっとモヤッとしました。
モブに「いつまでも学生気分でいるなよな!」て言われてたけど、モブにちょっと共感してしまった…w
恋に恋してるポエムちっくな独白(?)がちょっと苦手でした…。ごめんなさい…!

『この相棒、危険につき』
ワンコな新米刑事×頑固な堅物オヤジ刑事。
この話は結構好きです!新米刑事がオヤジ刑事を何故好きになったのかがはっきりしていてよかった。
好きだから一緒にいたい!ってだけじ続きゃなくて、ちゃんと仕事上コンビとして一緒にいなきゃと考えられる攻めに好感持てました。一匹狼な受けも、だんだん攻めといると心地良いと感じていてよかった。
両想い後、オヤジ刑事が押し倒されて、そういう行為が久々すぎて照れてるのが可愛い…!

『王子センパイの秘密』
学生時代の後輩×先輩(俳優)
受けが攻めと二人きりだと恥ずかしいからってモブのセフレたくさん呼んで複数でヤッちゃうんですが個人的に苦手でした;
でもどろどろしてないからさらっと読めました。

1

わざわざ書かなくてもいいのかもしれませんが

好みの問題なので、気に入らなかったのをわざわざ言葉にする必要はないのかもしれませんが……

絵が、どうしてもダメでした。なぜか表情がわざとらしく感じてしまって。ちょっとやりすぎなような気がして。どうも絵に目がいってしまって、お話に入り込めず。残念でした。

0

後輩×先輩で3CP

3CPのお話が入った本でしたが、全て後輩×先輩です。

鳥海さんの絵って、
鼻の下が長く伸びて見える事が時々あって、なんか変だよぉ…
とも思うんだけど、
躍動感のある体の動きとか、エッチシーンとかはすごく上手くて、
見惚れるんですよねぇ。
なんだか、そのギャップが癖になる気がします☆

■表題作「僕はネクタイが外せない」2話+描き下ろし
元々大学の後輩・先輩の間柄、今は【大学生 × 社会人1年生】のお話。
先輩である受けが大学を卒業して社会人になって、
ふたりの立場が変わって、
でも以前のように仲良くしていたくて、
受けは残業と嘘をついて会社から近い攻めにアパートによく泊まる。
受けは、世話焼きな攻めに甘えながらも片想いだと思い込んでて切ない…
だけど、本当は攻めも受けのことが好きで…と両片想いで……

年下らしい攻めの爽やかな笑顔と、
そんな攻めをストーカーしそうな勢いで好きな受けの先輩が可愛い。

2話目は、くっついた後、
受けと同じ会社に入社した攻めが、先輩にふさわしい男になりたくて、
仕事に没頭して、そのせいで受けが寂しくなって…と続きいうお話。
描き下ろしは、下の名前を呼び合いながらのエッチです♡

■「この相棒、危険につき」2話
コンビを組んでる刑事で【ワンコな新米刑事 × 一匹狼の先輩】
元カレと揉めているところを助けられ、
ゲイだと告白しても「後ろめたがるな、堂々といろ」と言われ、
攻めはずいぶん年上(40代のオヤジ!)の受けに惚れてしまって、
仕事の相方としてつれなくされても好きで好きで、
そのうちに受けもその熱意にほだされて…というお話。
ふたりの表情がとてもよくて、あと、
甚平を脱がされての初エッチ~が妙にエロく見えて好きでした☆

■「王子センパイの秘密」1話+描き下ろし
世間では癒し系と言われてる俳優の先輩(受け)が、
攻めのマンションに転がり込んできて、同居。
セフレの女を呼んでやるとの受けの誘いを攻めが断ったので、
今度は男のセフレを複数連れ込んで受け自らエッチしだして、
攻めにも加わるように誘ってきて~~という話。
攻めが好きでふたりだけだとエッチできないから…とか、
なんだそれ!って思ったけど、
鳥海さんの描く3Pシーンにはすごく気持ちがかきたてられましたw

やっぱり絵が上手いって引き込まれますね~
時々、う~ん?と思うカットがあるのも、癖になるし、
これは、新刊が出たらまた鳥海さんの本買っちゃいそうです。
萌え×2寄りです☆

5

テーマは先輩、後輩

表題作「僕はネクタイが外せない」

大学時代の先輩、後輩。
一足先に社会人になった先輩の後を追いかける後輩。
お互い好きだったのに、なかなかそのことを打ち明けられず月日は流れます。
ちょっとしたことがきっかけで、お互い好きだったことが発覚。
先輩と同じ会社に就職し、同棲し幸せいっぱいだと思っていたが・・・

やっとのことで好きな相手と暮らし始め
学生のラフな服装から、スーツにネクタイという姿に変わり
ラブラブな日々が続くものと思われて矢先
ちょっとした気持ちのすれ違いが起きてしまいます。
いつもラブラブいちゃいちゃしていたい先輩と
仕事も何も先輩に追いつきたい、恥ずかしくない自分になりたいと
頑張り続ける後輩。
後輩大好きの可愛い先輩と、その先輩を慕って努力し続ける後輩。
2人がいろんな気持ちを乗り越えて、やっぱり好きだと確信し
さらに愛しているという気持ちが強くなっていくというもの。
ありがちなストーリーかもしれないけど
学生から社会人になるひとつの節目とちょっと大人になる気持ちが
この恋愛の中にあって、高校生みたいにはじけてはいないけど
続きちついた大人でもなく、そういう微妙な気持ちや雰囲気が
すごく伝わる作品でした。

その他、歳の離れた刑事の相棒、先輩後輩「この相棒、危険につき」
好きすぎて二人きりでHができない(理解しがたいが・・・)先輩後輩
「王子センパイの秘密」
どれも先輩後輩というテーマで描かれている作品です。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ