いじめてあげる。

ijimeteageru

いじめてあげる。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
42
評価数
15件
平均
3.1 / 5
神率
26.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
彗星社(星雲社)
シリーズ
Glanz BL comics(グランツBLコミックス・彗星社/星雲社)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784434207853

あらすじ

中学時代、クラスメイトからいじめられていた南。 そんな南の唯一の友達だった甲斐。 だがある出来事をきっかけに疎遠になってしまう。 ――それから十数年後、2人は教師となり思い出の校舎で再会。 同僚として距離を縮めていくが、ある日、中学時代を思い出させるようないじめが南の周囲で起き始め――!? すれ違った過去をきっかけに、復讐が今始まる…。

表題作いじめてあげる。

「甲斐望」・「中学教師」
「南隆之介」・「中学教師」

評価・レビューする

レビュー投稿数2

読むのが苦でした

中学時代にいじめをうけていた受けが、唯一仲の良かった攻めに職場である学校で再会します。でも攻めは、受けになぜか恨みを抱いていて、受けをいじめたりレ○プしたり。実は受けが転校したあと、新たな標的になったのは攻めだったのです。

程度の低いいじめ、そこから学内エッチ、ときどき昔の回想という、延々同じ展開ばかりで途中で飽きました…。そのくせ攻めの言動になんら一貫性がなく、イライラしました。

受けにしろ攻めにしろ、いじめられてるばかりじゃない強い性格もある、という描写もあるから余計に訳がわからない。じゃあ最初から応戦すればいいのに…。
いじめっ子グループの主犯格が、実は受けのこと好きだったみたいなんですが、それなら受けが突き落とされたプールで溺れてたら助けるだろうと思う。しかも「実は受けのことが好きだった」からいじめてたのに、その後標的を攻めに移したのはなぜ…。
あとラストの描写が意味がわからなかった。受けを好きな女の先生が、受けの隣の席を譲ってもらうのがこのラストに何の関係があるの…。

4

ワンコから鬼畜への変貌

先生×先生です。
表紙を見て高校生同士の学園モノかなと思ってたのですが、先生同士でした!先生が生徒に隠れてイケナイ事をしているお話でした。

過去にいじめられっ子だった南(受)と
そんな南の唯一の友人だった甲斐(攻)。

南への恋心をこじらせた甲斐が「復讐してやる!」と押しかけてきて、学校の至る所で南に性的なオシオキをする再会ラブです。

二人を一言で表すと『情緒不安定攻』と『絆され受』。
まず甲斐。
中学の頃キラキラワンコだった彼が、豹変して鬼畜ドS攻めとなって登場です。
「昔見捨てた復讐だ」と言って南を散々犯し倒し、かと思えば溺れそうになった南を必死に助け、それからまた豹変して意地悪し、今度は突然「復讐やめる」と言って優しくし始め……
一貫性がなくて……いや、きっと中学生の頃からこじらせ続けたから情緒不安定なんだね!笑

そして南。
甲斐に何をされても怒らず絆され。なんだかんだ受け入れてあげる超包容力受。温厚で優しくて掴みどころのない受です。
ですが、時折挟まれる回想が可愛くて、別れ方が切なくて、物語をただ「流されているだけ」で終わらせずに厚みを持た続きせてくれました。

あと、絵がとても美しいです。南の色っぽさや艶やかさ、甲斐の腹黒さや憎しみ、様々な感情が絵からひしひしと絵から伝わってきます。
電子書籍発のコミックは背景があっさりしているものが多いですが、今作は綺麗に描かれています。あとトーン使いが多くキラキラしている印象。

個人的には当て馬の早川くんが気になります。
南のことを中学からずっと好きだったのに不器用なあまりイジメ続け、結局甲斐に取られちゃう、という。
是非、早川くんの前に新たな年上スーパー攻め様が現れて、受けになってほしい!

あとワンコ攻め好きとしては、描き下ろしで甲斐が幼き頃のワンコらしさを少し取り戻してくれていて嬉しかったです。
「南、可愛い。好き好き」な甲斐はとても可愛いので、これからも度が過ぎないように、ほんわかした南を優しくいじめてあげてください。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ