妖狐上司の意地悪こんこん

youko joushi no ijiwaru konkon

妖狐上司の意地悪こんこん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
4
得点
29
評価数
12件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
三交社
シリーズ
ラルーナ文庫(小説・三交社)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784879198761

あらすじ

妖狐と人間との間に生まれた半妖の三枝伊吹は、万に一つの確率で現れるという強い妖力の持ち主。しかし今はその力を封じられ、妖狐一族・九鬼家の次期家長候補、忠継の秘書見習いとして修行中である。実は忠継にとって伊吹は「運命の伴侶」。一方、何も知らされていない伊吹は、忠継の役に立てばと自らの妖力すなわち体液を健気に与えていたりするのだが…。そんな折、伊吹の秘められた力を狙う一族の魔の手が…。

表題作妖狐上司の意地悪こんこん

九鬼忠継、鬼家の次期家長候補、25歳
三枝伊吹、秘書見習い、18歳

評価・レビューする

レビュー投稿数4

私には合いませんでした

モチーフが狐だったためについつい惹かれてしまいましたが
********辛口です**********
ただ私には合わなかったという感想でしたのでご覧になる人がもしいたら読み流してください

あほの子って苦手なんですよね。
僕なんて何の役にも立たなくてすみません。
悪いことをする人にも理由があるはずです。僕は信じてます。みたいな。
そして自らの過去の過ちから学ぶことも決してなく同じような手に何度も引っかかってピンチを迎え、
周囲を巻き込み、ちーとな能力開花で解決。
でも敵問題も解決したし、ひどい罰は与えないでねという流れで。(敵が心を入れ替えた保証はどこにもないですよね)

っていう私個人の地雷を悉く踏んづけてくださる作品でした。

これで攻めがまともなら何とか楽しめたのかなあと思うんですけど、
なんで攻めが受けとの関係に足踏みしているのか意味不明すぎて、話に入り込めず最後までななめ読みになってしまいました。
自分が伴侶だと気づいてほしいってこだわりはよくわからないなりにわかりましたが、それって男でもOKとか当主でも子供はいらないとかが当たり前前提ですよね。続き
私も人間だからそこがよく呑み込めず、相手がわからないならそれも教え込まないといつまでたっても道はつながらないんじゃと…すれ違いにもほどがあるかと。
話的に攻めが何も言わないっていうのはありがちだとは思うんですけど、これからピンチになるってわかった時点でもっと早く受けの能力をもっと開放しておくとか気持ちを伝えあうとかしておこうよ。
最後には詳しく書かれていなかったような曖昧な記憶で申し訳ないですが受けは結局、再び能力を封じられたわけではなく強すぎて人間に戻れなかったのを人間に戻してもらったってことですよね
(攻めのお前のほうが強い云々)
ということは違う形の能力の封印があったわけですよね…

敵も戦ってはみたけど、お前なんか扱いきれねえって落ちでよかったんじゃ

批判ばかりになり申し訳ないですがちょっと愚痴を吐き出したかったので…

2

先が読める展開だけど

好きですよこういう攻め。 九鬼家の次期家長候補、忠継は占術に優れた能力を持つお婆に運命の伴侶が現れると…。 その相手が伊吹で出会った時から惹かれてますが彼の方は力を封じられているのでそれがわからず。でも普通に忠継に惹かれてます(本人は隠してますが)。 はたから見ればお互い両想いなのにね。 その伊吹を溺愛してる忠継が大好きかも。 執着や嫉妬心やとにかく伊吹を手に入れるためにいろいろとちょっかい出してます。 他の一族が伊吹の力を得るためにいざこざがありますが、彼の本当の力の前には太刀打ちできず思った通りの展開に。 占い通り2人ラブラブです。 勿論、忠継の嫉妬心は健在ですけど。 そこがまた好きかも。

0

年の差もふもふファンタジー

※辛口注意※
創刊されたばかりの新レーベル、そして初読み作家さんですが、正直なところ私の趣味には合わないかなとずっと避けてました。
ですが新レーベル!
そして小椋ムクさんの目を引く表紙。
そう……私が抗うに抗えない、絶対的弱点の受攻両方ケモ耳しっぽ。
しかも、かなりボリューミーなぼんぼん尻尾に、見るからにふかふかそうなモフっぷり。
気づけばポチり、届いてワクワクしながら読んで……。
設定は悪くないんですが……何というか。

すみません、合わなかったですorz

妖狐の世界で半妖として生まれた受が、蔑ろにされて育ちながらも、妖狐一族を統べる頭領を有力視されてる優秀な攻と出会い、という出だしからありがちな感じ。
けど実は半妖の受は、数百年に一度しか生まれない希少種の先祖返りで、それを知った受の一族は、派閥争いや人間界を牛耳ろうと目論み、蔑ろから一転掌返し。
受は攻の一族に保護を受けるんですが、摂取すれば妖力が増すといわれる精液を手に入れるため、受の一族に狙われます(笑)
もうね、ベッタベタのベタな展開で、先も読めてある意味わかりやすいし読みやすい。
読みやすい続きけど物足りない。

そしてファンタジーとしてはあってはならない設定破綻が凄かった。
もうどこから突っ込めばいいのか困るくらい、ツッコミどころが満載で、せっかくの設定が残念なことに……。
人間と共存する道を選んだ妖狐一族の祈禱師、それもちゃんと神社として機能してて人間と関わる攻が、よりにもよって『最後の審判』で大罪がどうのとか言いだした瞬間のけぞりました。天使がラッパ吹いてる所を想像しちゃうくらいに。
いきなり神道には存在しない生死観の話をしたかと思えば、あれだけしつこかった敵さんも気づけばあっさり納得し、のけぞりがエビぞりです。
濡れ場の表現も、言葉責めっぽい実況中継に萎えてしまいました。
しかも受の描写で『またまた射精してしまった。』って……またまた、とかあまりに斬新すぎて吹きそうになったり。

良かった点は、豊かなぼんぼん尻尾をちゃんと活かしていた点と、受がブリーフ(ここ重要)
アホの子の受とそんな受を溺愛してる攻というわかりやすい関係で、とにもかくにも恋愛第一という点。
そして小椋さんの挿絵に助けられて、軽く読めるなんだか良い感じの作品に仕上がってます。

私はがっつり読みたい派なので合わなかったですが、小難しい表現や比喩が無く、軽くさらーっと読めて、べったべたに攻に甘やかされる受の話が読みたい方や、時間がなくて短時間で読みたい方にはおすすめです。

4

上司と部下の可愛いお話です

大好きなファンタジーもの!ということで、手に取りました。日本の物の怪・妖狐と半妖狐のお話で、「運命」「一途」「ケモミミ」「年の差」と好きな設定でした。

人間と妖狐の間に生まれた伊吹は、妖狐として力の強い忠継の秘書として修行中です。
実は、子供の頃は半妖ということで、同じ一族から両親共々疎まれてきました。
ところが、万に一つの確率で現れる強い妖力の持ち主だと分かってからは、強い力を持った子供を産ませようと閉じ込められて凌辱されそうになったりと、その三枝一族から狙われるようになります。
そんな伊吹の身を案じた忠継が、守るために自分と同じ家に住まわせて伊吹の力を封印して、秘書見習いとして働かせていたのでした。
だけど、三枝一族は、伊吹をいつまでも諦めなくて。とうとう実力行使に出てこられて、まんまと術に騙された伊吹は、三枝一族に捕まってしまうのでした…。

上司になる攻めの忠継は、10年前に8歳の伊吹に惹かれてからずっと一途に、伊吹を手に入れようと腹黒かったのが萌えました。伊吹を守ろうと修行を頑張ったり、ずっと大切にしてきたり、伊吹の危機には颯爽と駆けつけて助けるのがカッコ良続きかったりします。それなのに、ヘタレでなかなか想いを伝えられなかったり、伊吹の同僚や人妻にまで嫉妬しまくったりと、ギャップにもキュンとなりました。おまけに、伊吹の力を貰うためと理由を付けて、キスをしたり。伊吹の先輩秘書に、いつもヘタレと責められてるのが可笑しいです。
一方の伊吹は、超が付くほどの鈍感で、忠継が可哀想になるほどです。終盤まで忠継の気持ちに気付きません。そのせいか、忠継の伊吹に対する行為の全てを力を貰うためだと思い込んで、愛情がないと勘違いしてるのが切なかったです。

そんな伊吹が、まさかの八尾狐だったのに驚きました。大きな体で破壊しまくったのに、忠継には甘えてた様子が可愛かったです。
最後は、お前より弱い夫だけど…と忠継が情けない本音を告白してのハッピーエンドです。
そんな忠継の一途さやヘタレさ、伊吹の天然さや無邪気さが好みでした。2人の心(体は先に結ばれてます)が結ばれるまでの過程がもどかしかったのも良かったし。ムクさんのイラストも可愛くてお話にピッタリで、ファンタジーの世界を堪能できました。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ