若旦那・危機一髪!―こゆるぎ探偵シリーズ 3

wakadanna kikiippatsu

若旦那・危機一髪!―こゆるぎ探偵シリーズ 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
小学館
シリーズ
パレット文庫(小説・小学館)
発売日
価格
¥467(税抜)  ¥504(税込)
ISBN
9784094211092

あらすじ

第一話。
“本業”の剣道より詩を好む加納は、地元小田原の詩作会に出席、うさん臭げな若い詩人・荻原赤華に気に入られてしまう。
生真面目で善人そのものの加納を案じたのは楓だ。
調査では、赤華はかなり身持ちが悪いらしい。
果たせるかな、加納が出奔してしまう。
愛すべき友の運命は…!?第二話。
楓が行方不明になってしまった。
酒造会社の御曹司なので身代金目的の誘拐とも考えられたが、その手の脅しもない。
笠生和尚からヒントを得、“最強のお手伝い”小由留木家のサトが突飛な作戦で動き出した…!登場人物の人間味が読む者の胸に響く、大好評の大正ロマン!第三弾。


物語と絵が絶妙にマッチ! 感動の最終話!!

こゆるぎ探偵倶楽部の一員加納が出会った放浪の詩人は、変なヤツだった。生真面目な加納は振り回され、おまけに幽霊騒ぎも加わって…。「詩人の恋」と「若旦那を捜せ」の二話を収録。ベテランの筆がますます冴える!

表題作若旦那・危機一髪!―こゆるぎ探偵シリーズ 3

一色祐太朗・若棟梁
小由留木楓・酒造会社の跡取・17歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

シリーズ3作目

シリーズ最終巻。
いくらでも続けられそうな設定だし、もっと読みたかったので、ちょっと残念。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ