イランイラン文庫B+ LABEL 電子特別無料お試し読み本 オトナのオトメの+α

ylang-ylangbunko B+ LABEL

イランイラン文庫B+ LABEL 電子特別無料お試し読み本 オトナのオトメの+α
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
0
評価数
1件
平均
1 / 5
神率
0%
媒体
小説
出版社
小学館
シリーズ
イランイラン文庫B+LABEL(電子書籍・小学館)
発売日
価格
ISBN

あらすじ

イランイラン文庫B+ LABELの人気作品群の冒頭を大ボリュームで一冊にまとめた、期間限定電子特別豪華試し読み小冊子!

収録タイトル ※いずれもイラスト完全版B+ LABEL
きみはかわいい僕の奴隷 著/南原兼、イラスト/こうじま奈月
高ニの疾風は母の再婚で義兄となる祐介と同棲生活に突入!キチクな兄と奴隷な弟のイケナイ南原ワールド大炸裂!

その指も聲(こえ)も 著/水戸泉、イラスト/香林セージ
いにしえからの愛が、エロチックに蘇る!

王子様のお気に入り 著/五百香ノエル、イラスト/唯月一
ラブリン魔法王国からエロキュートな王子、降臨!!

魅惑のカジノロマンス 服従は恋のギャンブル 著/真船るのあ、イラスト/蔵王大志
ラスベガスのカジノで借金?! ホテル王のスウィートルームでペットにされて…。

誘惑の部屋に捕らわれて 著/水上ルイ、イラスト/やまねあやの
イタリア貴族の建築デザイナーに裕介は身も心も捕らわれて…。

泉&由鷹シリーズ1 僕達の始まり 著・イラスト/あさぎり夕
人気まんが家、初の書き下ろし小説。泉と由鷹の友情と愛情が交差する「泉&由鷹シリーズ」!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

表題作イランイラン文庫B+ LABEL 電子特別無料お試し読み本 オトナのオトメの+α

その他の収録作品

  • 『きみはかわいい僕の奴隷』南原兼
  • 『その指も聲(こえ)も』水戸泉
  • 『王子様のお気に入り』五百香ノエル
  • 『魅惑のカジノロマンス 服従は恋のギャンブル』真船るのあ
  • 『誘惑の部屋に捕らわれて』水上ルイ
  • 『泉&由鷹シリーズ1 僕達の始まり』あさぎり夕

評価・レビューする

レビュー投稿数1

現在の小説に慣れた後では付いて行けないかも

この電子無料本、初めて見たなあと思ったらこの7月(2015年)に発行された物でした。
小説のこの手のお試しは花丸文庫さんしかほぼ見たことがないため、大歓迎です。
漫画は色々な出版社が出しているのですが。
ただ、過去にパレット文庫から出されたBL作品から選んだということですが、このお試し読みのコンセプトはオトナのドリームらしいのですが…どうかなあ?大人向けかなあ?という疑問が残るラインナップではあります。
『オトナ』って大人向けということでなくエロいってことなのかな?というくらい、若者向けというか低年齢向けかなと思いました。
今はなきパレット文庫から発掘して下さった出版社さんの心意気には天晴れ!頭が下がりますが、なんか怪しい雲行きです。

★南原兼さん『きみはかわいい僕の奴隷♡』
→南原さんとこうじま奈月さんという、ゴールデン?コンビですね。
しかも受けが高校生で一人称という、今ではほとんど小説では見かけなくなった設定に懐かしさが。
親同士の再婚による同い年の義兄(生徒会長で親衛隊まである)とのカップルなのですが、ドタバタ感が南原さん好きの方にはたまらないのでしょうが続き、わたしはもう大人になってしまったんだなあなどとボンヤリと思ったり…
どうやらこちら続編も出ているようです。

★水戸泉さん『その指も聲も』
→オカルト?という雰囲気でのスタートでした。
水戸さんですからその線もあるかなあと思いながら読み進めましたが、けっこう面白い。
文章も硬過ぎないわりに軟弱な様子もなく、霊や妖のものを絡めたラノベちっくで、ひじょうに読みやすいのでは。
大学生の受けは幼少時親を亡くし親類もことごとく死亡しているため、その時彼を引き取ったのが作家の攻め(29歳)。
彼は飄々としながらも受けに対しては過保護ですし、受けは受けでそれがウザったく感じる年頃。
ただ攻めのその行動は、理由あってのことなんですね。(霊的方面の)
受けもツンツンしながらも心の中では片想いの切ない気持ちを抱えていて、続きも読みたくなりましたが…水戸さんの受けは性的なひどい目に合うこともあるので迷うところであります。
既に試し読みの段階で触手にアレコレされておりました。

★五百香ノエルさん『王子様のお気に入り』
→五百香さんは、勝手にわたし痛い専門の作家さんだとばかり思っておりました(わたしの読んだことのある二冊で判断してしまってました)ので、こんなラノベっぽいファンタジーも書かれるのかと目から鱗でした。
だってラブリン魔法王国だし…この設定について行くには少々キツイ自分の歳を、このお試し読みで二回もまざまざと見せつけれた気分(涙
読んでいきますと、これはシリーズ物?という書かれ方をしております。
攻めは魔法使いと日本人のハーフですし、受けはラブリン王国(汗)の第14王子だし、しかも他の13人も同性と結婚したというからにはこれは続編でしょう!
そして設定のついて行けなさもありましたが、それ以上の読みにくさは文章の視点主が定まっていないわりに神視点でもないというこの座りの悪さ。
この書き方は五百香さんの狙いなのか、それとも現在のBL小説の視点主をハッキリさせる手法にわたしが慣れてしまったからなのかわかりませんが…

★真船るのあさん『魅惑のカジノロマンス 服従は恋のギャンブル』
→ラスベガスのホテルオーナー×ぼんぼん大学生。
うーん、久々にムカムカする受けに当たりましたね。
親のすねかじりなのに、自分の思い通りに事が運ばないと逆ギレ。
大学までぬくぬくおぼっちゃま学校でぬるま湯に漬かってきたのだから、卒業したら真面目に働け!
やりたいことも目標もないなら、働く場所が親に(しかも大企業)用意されてるだけ幸せだろーがと、もう出だしからイライラさせられっぱなしでした。
攻めの「無能という言葉はおまえのためにあるようだな」という台詞に大きく頷いてしまいました。
ダメダメな受けが最後には使えるような子になるという成長物語なのかもしれませんが、個人的にはどれだけ一所懸命働こうとも好感はもてなそうです。

★水上ルイさん『誘惑の部屋に捕らわれて』
→受けと攻めの一人称。
これはしっかりと章で分けられていて、お試し読み出来る範囲では一人称人物の名前が章の始めに明記されておりました。
こちらの受けはまだ一応努力はしてますが、なんだろうまったくそれが心に響きませんでした。
うちは庶民だからと言いながらも私立のエスカレーター校に通っていたとか、そのちぐはぐ具合も一因かなあ。
水上さんの書かれる世界はゴージャスと知ってはいましたから、本当はその雰囲気に浸れると良かったのですが…
ただ、もうす少し読みたかった…あと3〜4ページくらい読めたら良かったのにー。

★あさぎり夕さん『泉&由鷹シリーズ1 僕達の始まり』
→こちらも一人称作品。
昔は多かったので仕方ないのですが、受け一人称は苦手です。特に自己紹介でずらずら『僕、○○』とか並べられると引いてしまいます。
あさぎりさんは個人的には少女漫画家さん(実際子供の頃読んでましたし)なので、今まで一度も小説を手に取ったことはありません。
こちらシリーズ作品のようで高校生物で、さすが漫画家さん。挿絵枚数、お試しだけでもけっこう出てきました。
ただなー、やはり古さは否めません。

4
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ