つづく恋

tsuduku koi

つづく恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
しゅしゅ。<サークル>
ジャンル
弱虫ペダル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
118ページ
版型
A5

あらすじ

大学生荒新の初エッチ話です。

表題作つづく恋

荒北靖友,大学1年生
新開隼人,大学1年生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

そのまましてほしい、ダサくてもいいから

二次創作『弱虫ペダル』の同人誌に関して
わたしは、お気に入りCPの作品買いというよりは
好きな作家さんの作品買いタイプなのですが、
最近購入した作品の中で一番キュン!ときたのが今作です。

甘めの荒新で多くのファンを虜にしている作家、
ミンさんによる荒新”はじめてのH”のお話。

箱学卒業式の日、恋人同士のキスの後にささやかれた
甘い約束のような荒北くんの言葉を思い出す新開さん。
彼は今日、別の大学に進学した荒北くんに会いに静岡へ行く。
期待と緊張の中、ひとつの覚悟を心に決めて―

はあ~、もう、ミンさんの描かれる荒新は、本当に可愛いです...
とりわけ今作はふたりの”はじめて”の話とあって
相手を想う初々しい表情・言動、すれ違うようなぎくしゃく具合が
甘酸っぱく秀逸に描かれていて、悶えずにはいられません!

特に荒北くんのスーパー彼氏っぷりが素晴らしい。
新開さんへの完璧なエスコートにしても(態度や口調は悪くても♡)、
ベッドの上で相手を求めながらも、具合が悪くなっている事に気付き
すぐにテキパキと介抱する姿にしても、本当に格好良く、
ひた続きすら新開さんが大切に想われています。

一方の新開さんは、そんな荒北くんの態度に優しさを感じながらも
いつもの彼と違いどこかこなれている風に見えてしまって、
自分だけがジタバタとしているという焦りから
一度目の”はじめて”は敢え無く失敗に終わってしまいます。

けれど荒北くん不在の間に
目に見える優しさと、見えない優しさに改めて気づき、
もう一度頑張ろうと決めて、箱学時代のサイクルウェアで
彼の匂いを確かめながら体をならしていく新開さん。
帰宅した荒北くんと本音を言い合った後、
気取らずに、そのまましてほしい、ダサくていいからと言い
二度目の”はじめて”に挑戦します。

心と体がぴったりと繋がったときに溢れだす
『どんどんすきになる』という想いの描写は、この上なく瑞々しく
胸をぎゅっと突くような、青いときめきを感じました。

その後、大学寮に戻ったラストシーン、
新開さんの満面の笑みがすごく素敵で
序盤の笑顔の質と全く違うところにも注目です♪

魅力溢れる安定した画力
”はじめて”というテーマに沿った初々しいストーリーライン
そして、脇役を含めた二次創作キャラ達への愛情、
どれをとっても申し分のない素敵な作品でした。
ミンさんの荒新、次回作も楽しみにしています!

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?