花嫁男子 -はじめての子育て-

hanayomedanshi hajimete no kosodate

花嫁男子 -はじめての子育て-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
38
評価数
11件
平均
3.5 / 5
神率
27.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784344835375

あらすじ

就職連敗中の悠希は、男子限定の花嫁募集を発見。怪しみながらも応募すると、俺様な次期社長・克彦と理想の夫婦を演じることに!?

表題作花嫁男子 -はじめての子育て-

御崎克彦、大手企業の社長令息、25歳
夏野悠希、20歳

その他の収録作品

  • 花婿男子~はじめての嫁取り~

評価・レビューする

レビュー投稿数4

蒼介、可愛い!

子育てBLが好きで色々読んでいますが、あらすじから抱く期待値を上回る作品ってなかなか無いなぁと思っていました。この作品も、傲慢でオレ様な攻×可愛くて健気な受という組合せでテンプレかなーと思ったのですが…あら不思議。とても面白く、非常に萌えました。読んで良かったです。

悠希は可愛く、健気で、何事にも一生懸命な良い子ですが、二人が「育てる」ことになる克彦の甥・蒼介(4歳)がまたむちゃくちゃ可愛くて良い子で、悠希以上に健気で、思わず涙ぐんでしまいました。全体的に三人を取り巻く家族達の愛情も重要なテーマになっていますが、二人の甘い新婚ライフもしっかりと描かれていて大満足です。克彦は確かにオレ様なところがありますが情の深い素敵な男性です。子育てモノや(最終的に)夫婦のような関係になる作品だと、お互いの気持ちを確認する前に肉体関係になってしまう展開がよくありますが、克彦はそのへんも誠実で読んでいて感動しました。安心して悠希を嫁に出せるというものです笑

悠希は20歳なので若奥様ですが、克彦も25歳と若いので、その点も個人的には良かったです。若い新婚カップルの二人と可愛い蒼介の未来はきっと続き希望に満ちていると思うので、後日談のようなものがあれば読みたいなと思いました。

2

大きな株(蕪ではない)

次期社長×大学休学してバイトしてるアルバイター。

父親の会社が倒産し、大学の学費を払えなくなったけど教師になりたくてバイトでお金をため、復学しようとしている受けです。でもブラックだったバイト先が倒産してしまい、新しいバイトを探していたところ、「男の花嫁募集」という高額の求人を見つけます。
あやしみながらも応募してみるとなんと採用。攻めが甥っ子を引き取る上で配偶者が必要だったものの、女性を家に入れたくなかったので女装に耐え得る容姿の男子を探していたのでした。仕事内容は24時間のヨメ役。

甥っ子4歳は可愛いし、受けくんも家事はちゃんとこなす頑張りやだし、攻めも傲慢な俺サマだったのがだんだん態度もやわらかくなっていくのがなかなかほほえましかった。「ヨメ役なんだからシモの世話もしろ」みたいな人かと思っていたらまさかの純情で、ギャップにちょっと萌えました。攻めが甥っ子に絵本を読んでやるとき、『おおきなかぶ』が日本経済ふうにアレンジされていたのにはウケました。
非という非はない作品でしたが、ちょっとほのぼのすぎるというか、危険も悪意もほぼなくて、多少物足りない感はありました。

2

結婚・子育て・家族

花嫁物好きです!!

やはり受け様となる方はお金に困っていて、
アルバイトで花嫁を引きうける設定いいですよね
困ってるからちょっと思い切ってやってみよう!
そして人がいいから、攻め様に見染められる!

受け様は大学生でしたが父親が会社資金を持ち逃げ等され
やむなく大学を退学し改めて自分でお金を稼いでいる途中で
バイト先がブラック企業&倒産で、バイト代もらえずお困り中

攻め様は俺様で傲慢なお金持ちで
甥っ子を引き取るために結婚していると嘘をついて
その嘘の穴埋めのため男の花嫁を募集された方です

とにかく甥っ子を引き取る名目で引き取ってからの子育てですよね
そこで受け様の本領発揮です!
その甥っ子に対する態度と、にじみ出てくる可愛らしさに
攻め様はおとされていきますw

甥っ子中心「~はじめての子育て~」というサブタイトル通りの
子育てを通しての恋の芽生えです
攻め様も最初はぎこちなかったですが、
受け様の指導あってか甥っ子に対する接し方もやさしくなったり・・・

最初は傲慢で俺様な攻め様ですが
お互い気持を打ち明けた後の甘さ!ギャッ続きプ凄いですw

BL=ブライダルラブいいですね!先生w

1

新米ママとパパの奮闘記

初読み作家さんでしたが、大好きな『花嫁』と『子育て』の設定に惹かれて、手に取りました。
4歳の甥っ子を引き取る(期間限定で)ことになった社長子息と、高額の求人に惹かれて男子限定の花嫁募集に応募した20歳の青年との、新米パパ&ママぶりが微笑ましくて癒された1冊でした。もちろん、お子ちゃまを間にして2人の恋も着々と育って、本当の花嫁になるまでの過程が甘々で良かったです。

何と言っても、昔恋人に裏切られた過去から最初は傲慢だった攻めの克彦が、どんどん恋する不器用な男に変わっていくのが萌えます。同じベッドで寝ていて、エッチしたいのを我慢してる様子が微笑ましくて可笑しかったです。
お相手の受けになる悠希は、健気で一生懸命に初めての子育てや新妻を頑張ってるし、ちょっと天然なところが可愛くて応援したくなります。
ただ、4歳の子供に2人の本当の関係を話したのはどうかな?と思ったけど、2人が真っ直ぐで正直な性格が伝わってきました。克彦と義理の兄の確執が、あっさりと解決したのもうん?という感じだったけど…。
でも、大好きな受けの花嫁姿が2回も見れたし、攻めが受けを溺愛するのも見れたし、お子ち続きゃまは可愛いしで、読後感は良かったです。家族モノが好きなので、だんだん家族の絆が強くなっていく3人の様子を堪能できて満足です。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ