少年は神の生贄になる

shounen wa kami no ikenie ni naru

少年は神の生贄になる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神44
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

197

レビュー数
6
得点
243
評価数
50件
平均
4.9 / 5
神率
88%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  
ISBN
9784813013013

あらすじ

「少年は神の花嫁になる」「少年は神に嫉妬される」に続くシリーズ第三弾!!

神の子としてキャメロット王国で過ごすようになった樹里は、男同士の恋愛が当たり前という感覚にはまだ違和感があるものの、自分の子を産め、と情熱的に愛情を伝えてくるアーサー王子に抱かれることに抵抗できなくなりつつあった。
けれど、自分が本当の神の子ではない樹里は、このままではいけない、いつか自分は元いた場所に帰るのだから、とアーサーに惹かれる心を抑えていた。
そんなとき、王族と貴族が参加する狩猟祭が開かれ、神の子として参加した樹里の前に、死んだはずの本物の神の子が現れて!?

表題作少年は神の生贄になる

アーサー・ペンドラゴン キャメロット王国の王子
海老原 樹里 高校2年生

評価・レビューする

レビュー投稿数6

眠気もふっとぶストーリーテラー

電子化お楽しみ作品です!もう、次の巻も早く出して〜〜っ
やきもきしながら電子化を待ち侘びる作品。

今回は、まさかのジュリの登場!そんな状態で、寝る前のちょこっと読書が、眠気も吹っ飛び、真夜中の読書に突入。
一気読みしてしまいました・・。
マーリンの胸中もやっとわかり、話がどういう流れで来ているかが見えてきます。
せっかくアーサーといい感じに乳繰り合えたのに、ジュリの登場で、まがい者扱い。
でも、実際、樹里としては違う世界から来たしで、嘘吐きと罵られても反論出来ない。
明日にも死刑宣告と牢獄に入れられ、あまつさえ、兵士達に強姦されそうに・・!
もう寝てる場合じゃなくなりました。
これで「つづく」だったら、精神衛生上、堪りません!
さすがのストーリーテラー、最後はなんとなく次の巻まで待てる状態にして、読者を送り出してくれます。
一応、善悪がはっきりしてる物語なのが救いですね。わかりやすい。

そういや、気になるのは、樹里の父ちゃんですね。
小さい頃に亡くなった設定でしたが・・二つの世界を行き来してるとして、どこ行ったんだ・・。かなり樹里の方の家庭ほっぽり出し続きてたけど・・。

1

ドキドキを安定供給、大洋図書の夜光作品。

シリーズももう3冊目。
ふぅー、今作も、ハラハラどきどきポイント満載でしたね!

このドキドキというのが、重要でして、まずLOVEのどきどき。
シリーズが進むにつれて、主人公の樹里の逆ハーレム状態というか、ひとりモテモテ状況。
それがイヤミにならないのが、キャラクターの魅力ゆえですね。
樹里が、いろんな面で自己葛藤しながら戦っていく姿を応援してまうし、そんな彼に惹かれていく周りの気持ちもよくわかります。
また、そのまわりの人物たちが個性的なのも、変わらぬ魅力です。

ふたつめ、Hのどきどき。
夜光先生は、妖しげな世界を書くことに長けた作家さんかと思うのですが、特異なシュチュエーション、自分を抑制出来ないようなHシーンが、実にいやらしくて萌えますね。樹里のカラダもどうなっちゃっているんでしょう〜。

みっつめは、樹里に立ちはだかる危機に(ハラハラ)どきどき。
今回は本物の神の子ジュリが登場や、エクスカリバーの登場で場面がかなり展開していきます。
妖精王まで出てきたときには、最高に気分があがりました!

でも、よくよく考えると、薔薇シリーズと構成や登場人物の続き配置は大きくは変わりません。
かたやオカルト的、今回はファンタジー。主人公は異世界に飛び込み、謎が謎をよぶ。
同じパターンであっても、面白いのはなぜなんでしょう?
今日は時間をかけて読書したいし、そんなときは面白さ保証の大洋図書、夜光作品で間違いなしと手に取りました。
LOVEはもちろん、どっぷりと物語に沈みこみたい!というような、直球のエンターテイメントを欲するときにぴったりのシリーズ。
(余談ですが、英田サキ先生の『DEADLOCK』も私的にはその部門です。)

面白い小説は漫画の何倍もの威力を発動するんだな、と本作で感じました。
きっとそれは、同じ1冊でも入る情報量が漫画よりも小説のほうが圧倒的に多いからでしょうし、読む時間もかかります。
その小説がシリーズものであった場合、威力はさらに掛け率倍になるわけで、本作も最終的にどこまで魅力が広がっていくのか?

このあとの結末が「結局、薔薇シリーズと同じパターンだったよね」、「でも、それが定番で面白かった!」となるのか、はたまた「意外な方向にいってビックリ!」となるのか?
早くも結末がいまから楽しみですし、まだまだこの先にあるどきどきの安定供給を、ジレジレしながら待っています。

4

面白くなってきました

夜光先生の作品は、花→獣人→薔薇の順番でハマって、特に薔薇シリーズが神だと思っています。ファンタジーで、ミステリーで、冒険で、甘々なラブで、エロで、切なさもある。家族愛。友情。網羅し過ぎ!(蛇足ですがラウル派です)
なので、少年は〜シリーズは、正直若干の二番煎じ感を感じていました。
主人公が高校生で、騎士が出てくるファンタジーとか…。

ですが、やっと面白さがわかってきました。
試しに買ってみた1冊目。買ってはみたものの読み飛ばした2冊目を読み返しました。

例えば「不死者」みたいなわかり易い対象もいないし、「騎士団」みたいな拠り所もなく。
普通の高校生だと思っていたのに、たった一人で急に異世界に飛ばされて。自分に優しくしてくれている人が、何かを画策しているかもしれなくて。何を信じたらいいのか分からない。自分が何者かさえ分からない。
たくさんの謎。
そんな中で必死に掴み取る、自分が信じられるもの。感覚。

そのスリルと、潔いファンタジー感。
攻め様は強く、公正で、時には傲慢な。the王子様。横恋慕してくるのは高潔な騎士。

3冊目にしてやっとドボンしました続き

エロ>ファンタジー。
紛れも無いBLですが、ファンタジー作品です!とか言い切って職場で読める位にはファンタジーとしての面白さがあります。

3

早く続きが読みたいです☆

「少年は神の花嫁になる」「少年は神に嫉妬される」に続く三冊目。続き物なので前作を読んでいないと理解できないと思うので、未読の方は是非この順で読まれることをお勧めします。

さて、待ちに待った今作も神作品でした。こんなに続きが気になる作品もないよなあ、と思いつつ。まず表紙が良い!樹里を守るように立つアーサーに、樹里に忠誠を誓うように傅くランスロット。読む前から期待度MAXです。

初っ端からマーリンの記述から始まるところがさすがでした。
この作品の大きな謎の一つであるマーリンの存在。彼の立場やモルガンやガゼルとの関係を始めに説明されることで、一気に話に引き込まれます。
マーリンの思いを始めの段階で理解することで、さらなる謎を呼び、続きを期待させる。夜光さんにしてやられました。

今作は今までの謎だった部分がかなり明らかになります。
マーリンが樹里を狙う理由。
普通の高校生だった樹里が不思議な力を持つ理由。
マーリンと、モルガン、ガゼル、ジュリとの関係。

けれどまだなぞはたくさん残されていて。
ガゼルは味方なのか否なのか。
樹里の身体の変化は一体なぜなのか。続き
妖精王とのつながりは?
などなど、もう続きが読みたくて仕方ありません。

アーサーの樹里への想いも良かったし、樹里がアーサーに対する自分の気持ちを認識したことで、二人の関係が一気に進んだのは凄く良かった。

良かったのだけれど、ランスロットが不憫でならない…。アーサーもランスロットも、どちらもいい男なのだけれど、どちらかというとランスロット派の私にとってはランスロットにも幸せになってほしい!
最後で樹里に「身体だけなら…」と言われたランスロットが、それでも樹里とアーサーに忠誠を誓い二人を守ろうとするランスロットが、カッコいいよぉぉ…!

あと奈良さんの挿絵が神でした。表紙はもちろん、挿絵の樹里の可愛らしい感じも良かったし、ジュリのあの妖艶な姿にうっとり。
あと一番ツボだったのが、初めの扉絵のサンとクロの画。可愛い…☆徐々にシリアスな雰囲気になりつつある今作で、ホッコリとさせられた、非常に可愛らしい画でした。

とにもかくにも、文句なく神評価です。

8

ハラハラする展開から目が離せません!

待ってました!少年は神シリーズの三冊目
前回ですっかりランスロットのファンになってしまったのですが、表紙の美麗な三人の絵が暗示するような内容で、ランスロットファンとしては、少々残念な展開に…
でも今回も大変面白くて、一気に読了してしまいました。早く続編読みたい(笑)

今編は、魔術師マーリンの過去の回想から始まり、終わりもマーリンで締めらます。
この部分で、ガルダ、マーリン、ジュリそして魔女のモルガンの関係性が語られています。
そして、どうしてマーリンがアーサー王子に忠誠を誓っているも。

ランスロットは前回行われた馬上槍大会の後から樹里(受)の護衛として付き添っていますが、アーサー王子(攻)は恋敵が増えて気に入りません。
しかし、ランスロットは高潔な人ですから、樹里が困る様な行いはしません(笑)

アーサー王子と樹里が二人で会っている時に偶然、神殿の地下道を見つけます。後日確かめに入った所、色々な発見があるのですが、樹里を庇ってアーサー王子が命に関わる怪我を負ってしまいます。
樹里は、普通の男子高校生の筈なのですが、何故かアーサー王子の怪我を何もなかったように続き治してしまいまい、アーサー王子はますます樹里をさすがは神の子だと、自分の子を孕んで欲しいと言いますが、神の子と嘘をついているのも、いつかは元の世界に帰る為アーサー王子に素直には応えられません。
そして、もう一つこの地下で発見するのですが、場所的な関係からそれは今回樹里しか手に触れませんでした。しかし樹里の手は何故か傷だらけに…

そして後日の狩猟祭で突然、仮死状態であるはずのジュリが本物の神の子として現れ、神獣であるクロをも魔力で従わせ、樹里を偽物だとして地下牢に入れてしまいます。
またこのジュリがえげつないぐらい邪悪で(笑)モルガンの血を一番色濃く継いでいる冷酷な魔女の子供でした。
しかもジュリは、樹里が自分にとっての何か、ということも全て分かっています。

樹里は、斬首刑になる前にランスロットに助け出され、ランスロットの領地へと逃げます…
そこへ、アーサー王子とジュリは、樹里を捕らえる為にやって来ますが…

とにかくジュリの半端ない邪悪さが目立って仕方ない3巻目でした。
そして新たにジュリと樹里の関係性、モルガンと母親の関係性、そして父親。
色々な事が判明しましたが、樹里自身はまだ分かっていないだけに読者としたら、樹里の立場の複雑さ、以降の多分可哀相な運命を考えるとモヤモヤとした何とも言えない気分にならされました。

色々書きたいけど、カナリのネタバレになるから読んでみてのお楽しみにしてください。

今回もランスロットは男前でした。
あんなに高潔で、忠誠心の強いランスロット、もう最高です!
しかも、真面目なだけに面白い所もあるし(笑)
私個人は、樹里にはアーサー王子よりランスロットを選んで欲しかったのですが、いやいやまだわかりませんね(笑)期待しています。

奈良千春さんのイラストも、1.2巻の時は少々違和感を感じた所もあったのですが、今回は全て美麗でウットリしました。
ジュリの中のイラストの衣装が表紙の樹里の衣装と同じでしたが中身が違うと受ける印象も違い素晴らしいの一言でした。

とにかく早く続編読みたい(笑)





8

展開にハラハラドキドキ!

「少年は神の花嫁になる」「少年は神に嫉妬される」に続く、
少年神シリーズの3冊目です。

1冊目も2冊目もとても楽しく読みましたが、
この巻はハラハラドキドキさせられる展開が詰まっていて、
謎も少しずつ解明され、キャラの真意と魔女の非道さも明らかになって、
エロシーンは1回のみで少なめですが、一番満足度が高かったです☆
ファンタジーとしての世界観の厚みもさらに増して、
活劇としての緊張感、ギリギリする恋の切なさもあって、流石です。
でもやっぱり最後は、
「え!! そうなの!? どうなるの!?」という事実が判明して、
早く次巻読ませて下さいっーーー!!!ってなりました。
次巻の発売はいつだろう……ううっ

今回の見所は、
アーサーと樹里の秘密の地下通路の探検(インディ○ョーンズみたい!)、
伝説の剣エクスカリバーの登場。
そして何より、
真の神の子ジュリが突然、皆の前に現れて、
圧倒的な存在感と力を示し、樹里は偽物として、
キャメロットの国民を謀った罪人として、捕えられてしまう急展開。

一緒に現代から来たクロもジュリに従ってしまい、
樹里を続き国に連れてきたガルダにも見捨てられ、
アーサーに真実を告げても「迷い事」とされて信じてもらえず、
三日後には国民の前で斬首刑!と言い渡されてしまう樹里、
その窮地を救ってくれたのは……


今回も前巻に続いて、ランスロットが非常に格好いいです。
樹里に対してもアーサーに対しても、
ブレずに忠義を尽くす献身さと、高潔な態度が素晴らしい。
でもだからこそ、
自分を律して押し留めている彼の心中を思うと、とても切ないです…

最初は悪の象徴のように感じていた(わたしだけ?)マーリンと、
手を組んで冷酷なジュリに立ち向かう展開に心が高鳴り、
でも、ジュリと樹里との関係性も最後に明かされて……ええっ!?
ってことは、樹里のお父さんとお母さんって……!?
真実が明かされると新たな謎がわいて、どんどん引き込まれます。
次巻はマーリンが活躍しそうだし、
ジュリと魔女の力と非情ぶりは計り知れないし、
更に面白く、息もつかせぬ展開が待っていそうです、
もうもう、続きが待ち遠しすぎます!!!

11

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ