「下僕のクセに、俺を振り回すんじゃね――!!」

毒ある花にも愛はある

dokuaru kimi nimo ai wa aru

毒ある花にも愛はある
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
63
評価数
17件
平均
3.8 / 5
神率
35.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人uno!(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784801953451

あらすじ

高校時代、同級生の石塚斗十郎に「下僕になること」を条件に身体を許してやった俺、砂島慧介。
やがて進路が別れ自然消滅すると思ったら、ヤツは再び俺の前に現れた! しかも「慧介バカ」を一段とこじらせて…。
ところかまわずサカる下僕に振り回されっぱなし、なんて俺のプライドが許せねぇ――はずなのに…!?
コワ面純情男×ツンデレ女王様の焦れ焦れラブコメディ。
表題作ほか、飄々とした大学生が年上の男に囚われていく、アダルト&スリリングなスピンオフ作品、同時収録。

表題作毒ある花にも愛はある

石塚斗十郎
砂島慧介

同時収録作品不実な俺に触れさせて

砂島 流衣
由間 衛

評価・レビューする

レビュー投稿数3

前作よりもよい!!

前作である「可愛い花には毒がある」よりも話の長さ、えろさ、その他もろもろボリュームアップした作品になっていると思います!

ツンデレ&誘い受けの慧介のかわいさとえろさが胸をどっきゅーーんと貫いていきます。かわいい。
攻めの斗十郎も前作から変わらない天然?っぷりを発揮してくれていてとてもよかったです。

こんだけラブラブで斗十郎への気持ちに気付いてなかった慧介に驚きですが、それによって起こったごたごたも物語としてよかったのでありということにしておきます笑

ただ私は高校生のBLが好きなので、二人が学ランを脱ぎ、社会人と大学生という立場になってしまったことがとても残念でした。もっと高校生の時代の話が読みたかったな、という感じです。

ですが全体としてはおもしろく、話も重くないので楽しい気持ちで読むことができます。前作を読まなくても話はわかりますが、"萌"を求めるのなら前作から読むべきだと思います!

0

デレが最高

高校時代に受けに一目惚れして下僕となり、身体の関係もできていた攻め。その後受けは大学に進学し、攻めは就職して一時は離れ離れになったのだが、転勤願いが無事受理されて上京が叶い、受けの元へまた足繁く通うようになる。
そのうち受けのマンションで同居することになり、下僕ワンコは性欲を抑えきれずに受けに手を出しては怒られる日々。そんなある日、決定的に受けを怒らせ、家を追い出された攻め。どうせすぐ泣きついてくるだろう、とタカをくくっていた受けだったが、予想に反して連絡が途絶え…という展開。

『可愛い花には毒がある』という作品の続編です。とは言え、前巻の説明もされているし、これ1冊で読んでも筋は理解できると思います。
受けのツンデレ具合と攻めのワンコ具合がもう絶妙で、すごく可愛い。
少々ウザめのツンと、少々ウザめのワンコなのですが、その2つが合わさるととても相性がいいかんじです。特に今回は受けのデレが素晴らしく、攻めでなくてもデロデロでした。
これで完結なんだと思いますが、大満足です。堪能しました。

受けの従兄弟の院生がとても重要な役割を果たしていました。
同時収録作がその院生続き×ゼミの准教授で、こっちはまた全然カラーが違いました。受けの准教授があまり好きになれなかったので、こちらは萌くらいかな。

1

受けが前作より可愛さアップ↑↑

※エラー?で評価が強制的に“しゅみじゃない”になりますが、本当は“神”評価です。
続編心待ちにしていました。女王様受け、ちょっとSっぽいような受けが好きなので満足です。
前作より、受けはデレとツンデレ度が増し、(?)…攻めはワンコ度が上がったような気がします。全体的に糖度が増しました。
大きな展開はなく、2人を中心に、和気藹々、一見下僕と女王さまのような関係ですが、いちゃいちゃしているように見えます(笑)
前作ハマった方は、主役2人のその後が垣間見れて良い作品かと思います。

受けは攻めに悪態をつきますが、攻めは始終一貫して受けにメロメロ 凝りません。受けも攻めに厳しいように見えて、ちゃんと好きっていう気持ちはあるし、攻めを振り回しているように見えて逆に振り回されています。

エロは少なめか、あっさり。
強気な受けが、ベッドの上では攻めに敵わない?トロトロになる姿は可愛いです。
お約束な展開で目新しさはないですが、多分 攻めが単純な性格だからか?先が読めるからこそとてもキュンキュンします。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ