夜が明けても

yoru ga aketemo

夜が明けても
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神57
  • 萌×242
  • 萌11
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
486
評価数
111件
平均
4.4 / 5
神率
51.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403664885

あらすじ

恋の痛手を抱え続ける卯一郎は、酔った勢いで抱きついた男・真と
一夜を共にしてしまう。
行きずりの関係のはずだったが、真は卯一郎に「友達になろう」と言い、
家に通ってくるようになり……!?

傷ついた心を優しく癒すスイート・ラブ!!

表題作夜が明けても

甲坂卯一郎,リーマン,営業部の課長
二町真,攻が酔って一夜を共にした相手

その他の収録作品

  • その後 家にて①・家にて②・会社にて①・会社にて②・家にて③(描き下ろし)   
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

ビバ!白目!

おススメいただいてからこの作者さんの作品をずっと読みたくて溜めていたんですが、その中でどれから読もうか迷っていた時に、某他サイトで一番カラミ多めのようなことをみなさんがおっしゃっていたので(笑)こちらから手を付けました!
表紙のイメージに反して初っ端からギャグコマ入ってきて驚いたんですけど、これが想像以上に良くて効果的。
白目がこんなに愛らしいBL漫画があったかしら・・・というくらい最初の白目で心を持っていかれましたね(笑)
ユーモラスなシーンとそうじゃないシーンの割合が拮抗していて、珍しいです。それが全くイヤじゃない。
真くんの優しさとか可愛さ健気さとか際立ってて、でも告白のシーンはせつなくて。ういちゃんの気持ちの変遷も納得感があります。
このお話はお互いが好きになってるのにそれからが長いです。でも、ただグルグルして長くなってる感じは全くないです。
ゲイとノンケのお話はあまり好まないのですけど、日常の現実的な角のあるシーンとふんわりした雰囲気のシーンの対比も上手で違和感がない。
絵も慣れるとどんどん引き込まれていくし、可愛くみえてくる。全体的に白い感じですが、他のみなさ続きんがおっしゃっているように体の描き方がマッチョすぎず、リアル過ぎず日常感が出てて絶妙でいいですね。
服を半端に着ているコマの描き方もとっても好き。玄関で服着たままのえっちシーンとか、最後のシャツの下がボクサーパンツとかエプロンとか。
最後まで真が恥ずかしくてういちゃんの裸眼を正視してえっちできないどころか目も合わせられないような感じで終わりましたけど(^_^;)なんとか攻略してくれたらいいですな~。

0

失ったものがあるからこそ!

まさお三月さんの作品の中では一番好きです。
失恋をした攻め卯一郎は酔った勢いで、知らない相手と一夜を共にしてしまうことからストーリーが始まります。
一夜を共にして以来、元はノンケの受け真は「友達になろう」と度々卯一郎の元を訪れる。
彼は卯一郎のために食事を作り、失恋の傷を癒そうと献身的に尽くす。
あるとき、卯一郎の家で卯一郎のかつての恋人である先輩の写真をみつけた真。恋人とヨリを戻すのなら、と身を引こうとする。それまでは天真爛漫に振舞ってた真が、告白した後に謝るシーン…すごく切なかったです。

0

何度も読みたくなるかわいさ

 一読後、真っ先に思った感想が、まさお先生の割りにけっこうえちシーンが多い。
全作読ませて頂いている訳ではないので、的外れな感想かもしれませんが、私の中ではあまりえちシーンが多い作家さんのイメージではなかったので。
まさお先生の描く裸って、なんだか肉感的、というか、引き締まりすぎてなくて普通っぽくて、私にはリアル感あるように見えるんですよね。
今回はいろんな体位もあるし(ってどんだけエロシーンを語る気なのか)
もちろん嬉しい誤算(?)で、おいしく読ませて頂きました。

 失恋の痛手を無意識に引きずったままの攻め様の卯一郎と、その失恋した相手に間違われてすがられて家について行ってしまった受け様の真。
失恋を癒すまで付き合うよ、と真になつかれて付き合いが始まっていく。
まさお先生らしい天然入った真がとてもかわいかったです。
んで、えちシーンになったら、涙でうるんじゃってたりしてね。
もー、最高にかわいい!!!

 書き下ろしの「その後」
かわいくて笑っちゃいました。
恥ずかしくて卯一郎の裸眼を見れない真。
見れるようになる特訓をいろいろしていましたが、表紙では続き、とても愛おしそうな表情で卯一郎の眼鏡を取ろうとしている真。
特訓の成果、出たのね。

 部長やママさんもいい味出してて、とても読みやすい優しいふいんきの一冊です。

4

桃のフレーバーウォーターのようなまろやかでほんのり甘いBL

作家買いです。漫画的にうごい!とかストーリーが凝ってるわけではないんですが、まさお先生の漫画は受けも攻めも可愛いです。イチャイチャっぷりも可愛らしい。ちょっとしたすれ違いも起きますが、夫婦喧嘩は犬も食わないっていうようなちょっと抜けた感じの展開も好きです。

前作のそれでも構わない…はしゅみじゃなかったんで、今回どうかな?と思ってましたが、良かったです。

受けが飄々と(不思議ちゃん?)していて、誘い受けか〜と思いきやウブな反応?美味しかったです。かと思いきや、貞操観念意外に緩かったり、アッサリしてて。かと思いきや、攻めに一途で甲斐甲斐しく?掴みどころありません。

登場キャラクターみんな可愛らしく、ほんわかした気持ちになりました。
マイナスイオン出てますよコレ、ごく甘や刺激…スパイシーさを求める方には物足りないかも。ペット2匹でも愛で、見守る感覚でみましょう。

3

あれ?

まさお三月さんはとりあえず外れないので作家買いしております。
あれ?
まさおさんは大好きで、既刊は全部読んでますし、この話も雰囲気は同じなんですが何かちょっと読みづらかったかも?絵もこんな白かったかな??あれ?
なんか違和感を覚えてしまいました。
いや、どうでもいい事なんですけれど。

読み進めていくといつものまさおさんでした。
そして、メガネさんが受けかと思ったら、攻めでした(笑)
攻めメガネは基本不得手なんですが、まさおさんだけは抵抗なく読める不思議。
顔の一部だからかな。※メガネマニア最高の褒め言葉

攻めさんも受けくんも上司さんもママさんもみんな可愛かった!
まさお作品としては「最高!」とは云えない違和感を覚えてますが、普通に読みやすいいい話でした。

1

ちまこちゃん可愛い

営業課長×行きずりの謎の男。
裏表紙のあらすじを見たときは、突然抱きついてきたほうが受けで、抱きつかれたほうが攻めなのかな、と思ったのですが、逆でした。攻めの視点の話です。
同窓会帰りに泥酔して抱きついた相手と行きずりの関係を持ってしまい、自宅で目覚めた攻め。当然その夜限りの関係だと思っていたら受けが攻め宅に通ってくるようになり、「友達になろう」と言われます。最初はセフレのような気持ちで身体を重ねていたのですが、そのうちに愛情が芽生えます。しかし想いを告げるまもなく受けは姿を消してしまいます。

ほのぼのとした、いい話でした。めちゃくちゃ切ないわけでも、きゅんきゅんくるわけでもないのですが、読んでてほんわかした気持ちになります。
攻めのお尻を揉みまくる会社のバイ上司がなかなかいいかんじでした。上司の奥さんにはびっくりしました。

3

心地よくて何度も読んじゃう

受の子の可愛さがたまりませんでした。付き合いが深まるごとに、離れて行く健気さが可愛かったです。

体の描き方がすごく好みなのですが、画面は全体的に白くて、ギャグっぽくなった時の顔のバーツの点々、丸みたいなのがいっぱいありすぎて、どうも気になりました。わざとなんでしょうけど。

とにかく、最初はなんだろうこの子って思ってたのが、どんどん可愛く見えてくのが心地いいです。

2

まさおさんらしい一冊でした

作家買いです。まさおさんの描かれる健気な受けがとてもツボなのですが、ここに出てくる受けさんもいい感じの健気さんでした。

失恋を引きずったままの卯一郎(攻め)。自分ではそうと認めたくないけれど、心の奥底では過去の失恋を振り切ることができずにいます。そんな中、行きずりの男と関係を持ってしまい。
卯一郎の心中を慮ることなくどんどん攻め込んでくる真(受け)ですが、その行動とは裏腹に卯一郎に対する切ない恋心を抱いていて…。

まさおさんはちょっとずれた天然ちゃんを描くのが非常にお上手な作家さまですが、真もかなりの天然ちゃんです。がしかし、卯一郎の気持ちを第一に考え大切にする健気な受けさんで、非常に可愛らしい。
対して卯一郎も真に対して誠実であろうとする、ナイスガイでした。

それと部長とママ。いい味出してます。

シリアスな面もありつつ、コミカルなシーンもバランスよく盛り込まれていて、サクッと読める一冊でした。

表紙も良かった。笑顔で卯一郎のメガネをはずそうとしている真。中身とリンクした、味わい深い表紙でした。

8

丸ごと1冊、表題作の二人の話

丸ごと1冊、表題作の二人の話です。
第1話から第5話(最終話)、描き下ろしの「その後」6ページが収録されています。

卯一郎(攻め)は目を覚ますと、見知らぬ男とベッドの中にいて、ビックリ。卯一郎は、辛い失恋をしてから恋人を作らない主義であり、この男とも一晩限りのことだと思っていたのに、相手の男・真(受け)は翌日も部屋を訪ね、友達になろうと言ってきます。酔ってつぶれた夜、介抱してくれる真に「失恋をひきずっている」と指摘をされて、怒った卯一郎は真を強引に抱き…。

前半は、過去の恋愛をきちんと自分の中で終えられていない卯一郎が問題の話なのですが、後半は、照れて卯一郎の目が見られなくなる真が問題の話です。

主役の二人に、部長とバーのママの四人しか登場してこない印象の作品でした。部長の「奥さん」が予想外でビックリしました(笑)

どたばたコメディまでは行きませんが、ユーモラスで面白い作品です。ラブとシリアスとのバランスがとても良いと思います。
明るい作品が好きな方、眼鏡萌えの方にお勧めです。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ