抜群で行こう!(下)

batsugun de ikou

抜群で行こう!(下)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784778118679

あらすじ

綺麗だけれど凶暴な江藤未先と、留学帰りで二歳年上のおおらかな望月我久。初対面で我久を殴り飛ばした未先だったが、その後我久の猛アプローチにより恋人として新たな関係を歩み始めた二人。そんな中、文化祭でなんと未先がオーロラ姫に扮することに。もちろん猛反発する未先だが、我久の説得でしぶしぶ承諾する。だが、未先を快く思っていない一味にひどい妨害を受け―。甘酸っぱい青春の名作、文庫で登場!

表題作抜群で行こう!(下)

望月我久,イギリス留学から帰国した高校生,19歳
江藤未先,美貌と粗暴さで有名な高校生,17歳

その他の収録作品

  • 抜群で行こう!番外編

評価・レビューする

レビュー投稿数1

下巻はラブ甘路線に

上巻と同時発売の下巻です。
シリアス寄りだった上巻に比べ、下巻はややラブコメ要素が強くなり、良くも悪くもマイルドになった印象です。

我久の影響で少し親しみやすい雰囲気になった未先。
未先を遠巻きにしていたクラスメートに可愛い可愛いと慕われるようになり、ついには文化祭の仮装大会の代表に推薦される。
「眠りの森の美女」のオーロラ姫に扮し、我久の優しい言葉に涙する未先は、上巻の序盤と比べると本当に可愛くなったなぁと思います。

しかし喧嘩っ早い性格は変わっておらず、ときに取り巻きを連れ他校生徒と決闘することも。
そこで都合よく我久が助けに来るのではなく、敗北し入院するほどの傷を負い、自身の軽率な行動を反省するところがリアルでいいなぁと思いました。

我久は、王子様ぶりに磨きがかかり、益々良い男に。
バレンタインにはカカオ豆から手作りしたチョコレートを準備し、
デートではフォード・マスタングでエスコートしてくれます。
こんな健気な我久なので、無理に未先を抱くこともなく、最後までキスどまり。できれば恋人として関係が落ち着いたその後の二人の話も読んでみたかったです。
続き
全体として、一つのシーンで未先と我久の視点がコロコロ入れ替わる等、文章の読み辛さは少しありますが、前作「東京コンバース」と比べるとだいぶ洗練された印象です。
「ファミコン」が登場するあたりに時代を感じましたが、台詞回し等は今読んでも学園ものとしてさほど違和感はありません。
鳩村さんにもこんな甘酸っぱい青春ものを書かれていた時代があったんだなぁと興味深く読みました。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ