幸せを呼ぶ鳥が見守る運命の恋♥

王の愛した無垢な花

ou no aishita muku na hana

王の愛した無垢な花
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
26
評価数
8件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA(アスキー・メディアワークス)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784048653275

あらすじ

十年に一度の大祭を前に、国が栄える生きた証とされる国鳥の世話係に任命されたリオ。この大祭は、国鳥が番を見つけ次期国鳥を産むとされている大切な行事だ。しかし突然、国王から中止が宣言される。事情がわからないまま国鳥の世話を続けるリオは、ルドーと名乗る騎士と出会う。しかし、ルドーはリオに「お前がどこまで私を許すのか、それがどんなに罪な行為でも試したくなる」と言い、リオの純潔を激しく奪って!?

表題作王の愛した無垢な花

オズワルド・レイナ―、イザリア国の王、29歳
リオ、国鳥の世話係、18歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

幸せの赤い鳥♪

あらすじに惹かれて、手に取りました。
『ファンタジー』『溺愛』『健気』…と好きな設定と、題名通り(?)の甘々なストーリーで、最後まで楽しく読めました。

人間不信な王様・オズワルドが受けのリオだけを溺愛するのに萌えるし、健気過ぎる無垢なリオにキュンとなります。おまけに、国鳥のシルフィーが賢くて可愛くて、2人の恋のキューピッドをしてるのが素晴らしかったです。

お話は、国鳥の世話係を任命された庶民のリオと身分を偽った王様のオズワルドが、だんだん仲良くなって、無表情で無感動なオズワルドが人間らしく変わっていく…という感じです。

そのオズワルドが人間不信になったのは、父を殺され自分も殺されかけ、その後妃になった女性と臣下にまで毒殺されかける…という過去があったからです。
そんなオズワルドに、リオはいつでも真っ直ぐで。自分よりも他人を思いやる優しいリオの心は、オズワルドの凍えた心を溶かしていきます。
だけど、なかなか信じ切ることができないために、リオに無体を働いちゃうこともあって…。オズワルドのヘタレさから、2人は何度か離れそうになるんだけど、いつでもオズワルドが大好きだっ続きたリオの一途さに救われます。オズワルドがヘタレなりに、必ずリオを追いかけたのも良かったです。
最後は、もうリオしかいないと覚悟を決めたオズワルドの、男らしいリオへのプロポーズやリオの両親への挨拶にキュンときました。
そんなに悪い人も登場しないし、2人の真っ直ぐな気持ちは萌えるし、シルフィーはキュートだしで、読後は素敵な童話を読んだようにホッコリとしました。

10

鳥!!!

chi-co先生買いです(*´ω`*)

国王×平民の少年のお話です
身分差と言う事もあり、受け様はやっぱり苦しみます(;^ω^)

攻め様である国王は、受け様には身分を隠し
二人の逢瀬を重ねていきます

受け様は心やさしい少年で、
突然舞い込んできた国鳥の世話係として頑張っている最中
攻め様と偶然会い、2人の時間が楽しくなっていきます

今回、身分差そして溺愛となんだか
苦しさを乗り越えてからの溺愛が待っていると思うと
ワクワクしながら読ませていただきました!

で、主人公たちを差し置いての今回のいい味出している国鳥のシルフィー!
本当に鳥なんですが、賢い子で片言でおしゃべりもできます
そのおしゃべりもいい感じだし、タイミングもいい具合なんですw

2人の波乱の展開をさらに楽しいものにしてくれる国鳥シルフィー!
必見です!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ