また俺でイキそうになってる…?いじめっ子×オタクのエッチな再会ラブ

オタクと幼なじみ。

otaku to osananajimi

オタクと幼なじみ。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌7
  • 中立8
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
47
評価数
19件
平均
2.9 / 5
神率
10.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
シリーズ
B's‐LOVEY COMICS(コミック・エンターブレイン)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784047306776

あらすじ

オタクで引きこもり気味の実優。
その引きこもりの原因となった幼なじみ・ヒロトが数年ぶりに実優の前に現れた!
かつて実優に恥ずかしいことをさせて面白がっていたヒロトに、再びをおもちゃにされそうな予感……?
だらしない生活を送りつつも、見た目はきれいに成長した実優が処女かどうかを
しつこく聞いてくるヒロトに苛立ち、勢いのままエッチしてしまうが――!?

表題作オタクと幼なじみ。

石井ヒロト,金持ちでリア充な大学生,いじめっ子
木瀬実優,大学生,引きこもり気味なオタク

同時収録作品腐男子と俺。

神流陽一郎,オタクで腐男子の大学生
木瀬優希,オタク嫌いの大学生,実優の双子の兄

その他の収録作品

  • コスプレは男のロマン!(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数4

双子兄弟共に受け!

レビュー参考にハードルを下げて読みました。
ちょっと厳しめに感想書きましたがカバーイラストも原色で目を引くし、中の絵も綺麗で結構読みやすかったです。

◆腐男子とオレ。
読み始めは腐男子くん(攻)がオレ。(受)にいきなり話し掛けてあまりの突然感に違和感がありました。
後半からちょっと持ち直して面白くなってきたけど、キャラの行動や発言にちょいちょい「ん?」ってなる。
受けがツンデレで攻めが不器用ながらに優しいところは良かったが、初めてが69って…なかなかレベル高いね。
私が戸惑ったわ…(*_*;

◆オタクと幼なじみ。
男の子は幼いながらに好きな子に構って欲しくていじめるのは分かる。
しかし、女性下着を着せてクラスの皆の前でばらすのはどうかと…。
前提にオタク資金の為に攻めからお金貰って女装したり踊ったり(?)させられていたとはいえ、回りを巻き込んでの公開処刑は如何なものか。
受けを追い込んで孤立させて自分(攻め)だけは構ってやるよ!って思わせたかったのかなぁ(..)
この時中学生…。相手の気持ちやこれからの事なんてまだ考えられないかぁー。
結果、受けの人生続き狂わせてるし。
それを切っ掛けに引きこもりになったみたいだけど受け、大学生なっているんだけど…?
高校行ってたの?なんで大学受験したの?そんな息子に母親の発言ぬるすぎねぇ?
うーん、まぁ攻めが受けの事一途に好きなのは可愛いと思えた。
あとはオタクゆえの自分の時間は確保しつつ、淡々とした態度でのお付き合いって感じ。
最後はカップル同士コスプレ…楽しくやってください(  ̄▽ ̄)

1

キャラがね

表題作は、好きだからいじめちゃう系いじめっ子と、いじめられた事がトラウマになって引きこもっていた子の再会ラブ。
二人の過去のあれこれは、実はいじめとかじゃなくて、幼さ故に気づかなかった恋と性の暴走。
結局最初から両想いだったんじゃん。
っていう、まあ、幼なじみ物としては王道だよね。
冒頭の「腐男子と俺。」は巻き込まれ体質のお兄ちゃんがオタクで腐男子の子とうっかり友達になったら、いつの間にやら恋愛関係に発展しちゃって、あれ?なお話。
ツンデレ上等、天然オタク上等って感じ。
全体に絵は上手だしストーリー展開もこなれているし、あとはただ、キャラクターが個人的に好きか嫌いかっていうだけで、
好きか嫌いかで言ったら、、、、で、中立

1

楽しめない

双子の兄弟のそれぞれの恋愛です。大学のオタク腐男子×リア充な双子の兄、いじめっ子の幼なじみ×引きこもりオタクの双子弟。

どちらのカプにも共通して言いたいのは、ノンケがそうそう男に惚れないよ、ということ。おまけに最初は悪感情を抱いてる相手に惚れるってよっぽどですよ。この程度で惚れるんなら、もはや相手は誰でもいいレベルですよ。
特に幼なじみと引きこもりオタクの弟カプ。弟が引きこもりになったのは、中学時代に攻めにとあることを強要され、それをクラスのみんなの前であばかれたからというのが理由で、受けは攻めを刺したいと思うくらい憎んでいました。それが、実はお前のこと憎からず思っていたんだよ、程度のことでオールOKに許せるのが理解できない。設定に無理がありすぎるし、展開が早すぎる。

作者さんが切なさを狙って描いているであろうシーンにも何ら切なさを見出せず、読んでてつまらなかったです。あと攻めの親が反対している設定どこいっちゃったの?

1

オタクが恋をすると…

渦井さん、バスケものなどの二次で活躍されている方なんですね、
商業での紙本はこちらが初めてのようです。
2CPのお話がちょうど半分くらいずつ入っていますが、
どちらも片方がオタクで、お話が繋がっていました。

掲載順に内容を紹介します☆
■「腐男子と俺。」2話+描き下ろし
弟がオタクで引きこもりなせいで、オタク嫌いの強気な受けが、
同じ大学のオタクでしかも腐男子の攻めに、
なぜか気にいられてプチストーカーまでされて…

イヤイヤと言いつつ、意外と受けはその気になるのが早くて、
公園でさわりっこまで始めちゃって、えええ!?
木陰とかじゃないのに、そこまでいいの!?(本気で心配になったw)

でも、オタクなんて嫌いと言っていた受けが、
オタク用語を勉強して、ツンデレを気取るところとか、
攻めがプチストーカーしていた理由を知って、結局アニメかよ!と、
ショックを受けるところは、なかなか可愛かったな。

■表題作「オタクと幼なじみ。」3話
先の話の受けの双子の弟、
オタクで引きこもりの大学生がこちらの受け(表紙左)。
ある日、中学まで一緒でお金にも続きのをいわせて、
受けに恥ずかしいことをしていた幼なじみ(攻め・表紙右)に再会し、
実は同じ大学だということが判明。
その翌日、攻めはお金をチラつかせて昔のように…と誘ってきて…

単に受けがイジメられていたのではなくて、
金持ちの攻めにお金を貰い、深く考えずに言いなりになっていたよう。
昔は女装を見せたり触らせたりくらいだったようだけど、
この度はアナルセックスまで。
そんなことをする理由を攻めは、
「おまえ都合いーから」なんて言うけど、実は受けへの好意があって…

攻めは本当は、
昔から受けの気を引くのに精一杯だった!ってのよかったな。
それが分かってからの攻めは、表情もずいぶんと可愛らしく変化。
受けは、その違いに戸惑いつつも、強気に出て…


どちらのお話も、実はそうだったんだ!
という事実が途中で分かるのが、なかなか面白かったです。
ただ、
両方とも受けが、最初は攻めに嫌悪感を持ってたはずなのに、
あっけなく簡単に攻めに惹かれて、しかもその理由がぼんやりで、
設定はいいのに勿体ない…
読者が置いてきぼりだよ~~と思ってしまいました。
次作に期待です☆

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ