ふつつか者の神ですが

futsutsukamono no kami desuga

ふつつか者の神ですが
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784344835245

あらすじ

道で貧乏神の瞳を拾った会社員の響也は、次々起こる受難に頭を抱えていたが、ある日瞳を洗ってやると実は絶世の美形で! ?

表題作ふつつか者の神ですが

城戸響也、サラリーマン
瞳、貧乏神

同時収録作品金色草子

同時収録作品ネコ好き男子にご用心

同時収録作品博士の憂鬱

その他の収録作品

  • 瞳のひみつ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

サラリーマンと貧乏神

昔から霊感が強く、人ならざるものを見ることができるサラリーマンの攻め。ある日貧乏神と名乗る神様と遭遇し、まとわりつかれるように。おかげで攻めにはいろんな不幸が襲いかかってくるが、汚いので無理やり風呂場で洗ったところ、貧乏神はかなりの美形だった上に、小綺麗にしたためか不幸祭りも治まってきて…という話。

宝井サキさんは、絵師さんとしては好きなのですが、マンガはかなり展開が早かったり無理があったり感情描写が一辺倒だったりで、これまであまり当たりに出会ったことがないです。
今回も、設定が割と好みだったので買ってみたのですが、うーん…?
攻めと同じように神や霊を見ることができる同僚に貧乏神・受けを奪われそうになる展開があったのですが、「少年愛趣味で受けを狙うおまえに受けは渡さない」的なことを偉そうに言う割には、自分も愛のないまま受けを丸め込んで犯したり、やってることは同じだという…。
もうちょっと、設定を萌え方面に凝ってくれるといいな。

1

天然最強な貧乏神様

…が登場する表題作と、短編が3作品収録されています。どのお話も可愛くてキュンとなるし、最後の短編はちょっと切なくて、ティストがそれぞれ違って面白かったです。

◎表題作
霊感が強いサラリーマンの響也が拾ったのは小汚い貧乏神。その日から、会社でもプライベートでも、運の悪いことばかりで。
空き巣に入られた自宅では、汚い足で歩きまわる貧乏神に腹を立てて綺麗に洗えば、貧乏神は綺麗な容姿をしていたのでした。
その容姿も、素直でちょっとおバカな性格も気に入った響也は、「瞳」と名前を付けて同居生活を受け入れます。
ちょっとの不運に見舞われながらも楽しい同居生活に、響也の同僚も瞳に興味を持つようになって…。

瞳を綺麗にすると幸運が舞い込んで、エッチをすると不運がやって来るのが面白いです。
100年間一人だったのに響也がいないと寂しがるし、甘い物が大好きだし、響也の浮気を疑った時にはエプロン姿で悩殺しようとするし、瞳が可愛くてキュンとなります。
一方の響也の、瞳を大事にする様子も萌えるしで、お似合いの2人に、楽しくサクッと読めました。

『金色草子』
髪の色が鬼と同じ金色なこ続きとを気にしている青年と、祖母以外の人間に会ったことのなかった黒髪の青年の、不器用さにキュンとなるラブストーリーです。
髪の毛が黒くなるまでの期間限定で同居を始めた2人だったけど、お互いにどんどん好きになっていく様子が可愛いです。
でも、そんな2人よりも、「夜中に目が光る」という祖母の存在がとても気になりました。

『ネコ好き男子にご用心』
サラリーマン同士の話です。
いつも自分にだけガミガミとうるさくて、嫌われてると思っていた相手が実は…な展開です。
受けを手に入れるのに利用(?)された子猫が、可愛過ぎて癒されました。

『博士の憂鬱』
天才博士と、アンドロイドの切ない三角関係の話です。
人嫌いで、自分が作ったアンドロイドでも気に入らなければ廃棄してきた博士。いつも傍にいるのは、一体のアンドロイドだけで。
そのアンドロイドは、昔博士の世話係をしてくれた、博士が唯一慕って今は意識不明になっている人にソックリなのでした。
アンドロイドの博士への想いや、博士の複雑な想いが交差して切なかったです。

12

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ