よるの教室

yoru no kyoushitsu

よるの教室
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
29
評価数
8件
平均
3.6 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥639(税抜)  ¥690(税込)
ISBN
9784864368131

あらすじ

塾講師の曽根は、塾頭・堂島に想いを寄せていた。しかし堂島は亡き妻を今でも想い、指輪を外す事はなかった。決して報われる事のない恋・・・、それでも構わないと決めたある日、放課後の教室で何者かに襲われて——!?

表題作よるの教室

堂島寛人,塾長
曽根裕,塾講師

同時収録作品雪月花きらきら 前後編

ユキ,受に飼われていた梟?
美月,屋敷で一人暮らしする浪人生

その他の収録作品

  • よるの教室 前後編
  • 午後のお茶会(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

バイオレンス的で不思議系

よるの教室で繰り広げられる凶行の中。
想いを寄せる堂島の左手の指輪に切なさを募らせる日々、何気ないやり取りに心浮き立思い出。
前後するようにそれらがよぎるたび、曽根のいじらしい恋心が踏みにじられる無情さを感じてしまいます。
そのせいかどうか、堂島の本心も素直に受け止めることが出来ず、疑心暗鬼な気持ちでラストを迎えてしまいました。

同時収録「雪月花きらきら」
昔飼っていた梟の生まれ変わりと言うちょっと危ない男との出会い。
警戒しているようでどこか無防備で、一人がいいと言いながらも触れてしまった温もりを手放せない弱さも見られます。
その不安定さが落ち着く事なくラストまで続いてしまったせいかアンバランスなハッピーエンドにこちらも2人の真意が測れないまま。
どちらもらしいと言えばらしい作品ですが、話の流れが唐突に割愛されてしまったような気がして情緒的なものがあまり感じられませんでした。

1

よるの教室には危険がいっぱい!?

コアマガジンの深井作品は、ライトで甘めのお話が多い印象ですが、今回もそんな感じでした☆
表題作と同時収録作が半々くらいの構成です。

■「よるの教室」前後編
塾講師の曽根(受け・表紙右)は、塾長の堂島(攻め・表紙左)に学生時代から片想いしている。
ある日、元教え子に夜の教室で押し倒され…。

あらすじから切ない片想いモノを想像していましたが、実際には曽根に付きまとう元教え子との絡み(未遂)の方に多くのページ数が割かれていました。
堂島が妻を亡くした既婚者で~という設定は、二人が結ばれたあとで種明かしがされるので、ストーリー上それほど大きな意味はなく。

元教え子との攻防戦は前編で終わらせて、曽根が堂島を好きになったきっかけ等、メインカプの話をもう少し掘り下げてほしかった気がします。

■「雪月花きらきら」前後編
両親の死後、大きな屋敷に一人で暮らす美月(受け)。
ある日、昔飼っていた梟の生まれ変わりだという青年・ユキ(攻め)と出会い…。

親戚に親の財産を狙われ、誰も信用できない美月。
寂しさを癒してくれる優しいユキに少しずつ惹かれていきます。

続きほのぼのあったかい系の良い話でしたが、
美月はラストで全部気づいてました的な態度だけど、それまでのモノローグではそんな素振り見せていなかったような??
そこだけ少しモヤモヤが残りました。

■「午後のお茶会」描き下ろし(7ページ)
美月の家のお茶会に、表題作カプが招待されて~というお話(浪人生の美月は、表題作の予備校に通っているんだとか)。
この4人、全員恋人に隠し事があり…?
秘密を知る攻同士・受同士で、他言しないよう目と目で語り合うw
デ○ノ並みの濃密な心理戦(?)が楽しめます。
この描き下ろしが一番面白かったかもw

全体として話やH描写に物足りなさはありましたが、切なさとラストの甘さのバランスは良く、なんだかんだ楽しく読むことができました♪

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ