【書き下ろし】犬猿の虎と淫らなマタタビ

kenen no tora to midara na matatabi

【書き下ろし】犬猿の虎と淫らなマタタビ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
茜新社
シリーズ
ステラノベル(小説・茜新社)
発売日
価格
ISBN

あらすじ

人間界に隣接する魔界の住人黒嶺は、人間界で四神と崇められる玄武一族の黒虎だ。魔界でも高位種族の子弟が通う学園の生徒会長で、同級生に、同じく四神の白虎一族、八代がいる。黒虎と白虎は昔から張り合う一族で、事あるたびに黒嶺をからかう八代とは衝突ばかり。
そんなある日、黒嶺は女生徒からプレゼントされた菓子を食べ、なぜか激しく欲情してしまう。堪えきれず一人になって自慰にふけるが、絶頂の瞬間、目の前に八代が?

表題作【書き下ろし】犬猿の虎と淫らなマタタビ

八代(白虎)
黒嶺(黒虎)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

男前受がマタタビでメロメロのとろとろ!

文章が読みやすい。
そしてとにかくドエロいです。

山あり谷ありのストーリー重視の方にはおすすめできませんが、夜のオカズ的な意味合いでサクサクっと読めるものをお探しの方には最高なお話です。
ライバル関係の二人が思わぬアクシデントでくんずほぐれつという内容ですね。
男前な黒虎、黒嶺君がマタタビの力によってメロメロのとろとろになってしまうのが臨場感あります。白虎、八代君が動悸息切れしてる様子が浮かぶようでした。
メインはドロッドロの濡れ場なんでここら辺は何を求めているか、好き嫌いといった感じでしょうか。
あと彼ら黒虎白虎といった獣の化身なんでナニが猫科のナニになってる描写あるので苦手な方はご注意を。

とにかく私はど真ん中だったので著者様の他のお話を読み漁ったほどです。
美形な攻めに男前の受けがあれこれされちゃって、でもなんだかんだ余裕のない攻めに萌える!という方にぜひおすすめです。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ