月刊ディアプラス2015年9月号ふろくミニドラマCD「恋愛ルビの正しいふりかた」

renai ruby no tadashii furikata

月刊ディアプラス2015年9月号ふろくミニドラマCD「恋愛ルビの正しいふりかた」
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神16
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
4
得点
104
評価数
25件
平均
4.2 / 5
神率
64%
著者
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
グランビー
脚本
佐々美沙
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
新書館〈CD〉
収録時間
11 分
枚数
1 枚
ふろく
このCDが「Dear+ 2015年9月号」の付録
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

コミックス「恋愛ルビの正しいふりかた」に収録のヒロ×夏生のラブラブ♡えっちぃ♡描き下ろし「恋愛ルビのやらしいふりかた」の音声化

表題作 月刊ディアプラス2015年9月号ふろくミニドラマCD「恋愛ルビの正しいふりかた」

鈴木弘(ヒロ) → 新垣樽助

鷲沢夏生 → 増田俊樹

評価・レビューする

レビュー投稿数4

危うく買い忘れるとこだった(どうでもいい情報w)

夏生は体毛も薄ければ性欲も薄いから始まってヒロが悶々とするドラマです

原作のあの数ページがドラマになりました♪

1ヶ月ぶりのHがしたくてしたくて仕方のないヒロ

一緒にお風呂入るもぴよ吉に夢中の夏生
そんな夏生の桜色の美乳首にムラw

キュッ♪と美乳首つまめばぴよ吉噴射w

このシーンが聴きたかったのだよ(///∇///)

その後何度もHを試みるも夏生に反撃されて四の地固め決められて

夏生「ヒロ‼ロープしろ‼」

ヒロ「してるしてる‼」

ヒロには申し訳ないがイチャついてるとしか聴こえないw

んでまた休日がかぶって今日こそはする‼
ヒロが夏生を押し倒して…

いつもより激しいHなのは分かるよ分かるけど増田さんあのラストの「あ゛あ゛ぁ゛あ゛!!」はないわ

初め聴いた時「え゛…」ってなった
でも何回も聴いてる内にそこだけが妙にツボになってしまいましたよね私(笑)

リアリティーあると言うかなんと言うか‥
息つぐ暇もないぐらいの激しいHってこういう物なのかってふと思った

このCDが欲しいが為の810円
買えて良続きかったー‼



1

本編より、ずっとヤラシイCD

コミックに収められていた描き下ろし
「恋愛ルビのやらしいふりかた」のCDです。
付録とは思えないぐらい、充実したCDになっているので、
是非とも本編ファンのかたには、聴いて欲しい!CDですねー。

単体でも楽しめますが、
コミック、及び本編CDを聴いてからのほうが
ずっとエロエロに聴こえると思います★
収録時間は10分強と短いのですが、濃ゆーーいエッチ内容と
なっているので、十分満足できると思います!

エッチが始まる前は、コミカルタッチで笑えます。
特にヒロ(攻め)がエッチがしたくてしたくて堪らない!!という
空回りな言動が見どころです♪
ヘタレ故に、なかなかそういう色っぽいシーンに持っていけない
歯がゆさが、面白可笑しく伝わってきます。


エッチの中で一番聞いて欲しいのは、
夏生(受け)役の増田俊樹さんの喘ぎ声。
コミックではガテン系とは思えない繊細な線の持ち主の夏生。
でも、増田さんは「ガテン系」というところを意識してか、
喘ぎ声は、かなり男前。
受けなのに、こんなにも「がぎぐげご」系の喘ぎ声が
入ってていいのかなぁと心配になった続きほどです。
うーん、でも私の好みとしては、もうちょっと息が混じった
喘ぎ声が良かったな~…とか思いました。
ここは、賛否両論分れるかもです。
わたしは、なんつーか、
「夏生、苦しそう……」とか思っちゃいました。
もうちょい気持ちよさそうな色っぽい喘ぎ声の方が好みかなー…?

対して、ヒロ(攻め)役の新垣樽助さん。
エッチに持ち込むまでのコミカルなモノローグがとても良かったです。
エッチ最後の「ポッカリだ…」がすごく聴きたかったので(笑)
それが聴けただけでも満足です。
ラストの「ツルツルー」も聴けてよかった♪
エッチの最中の声は、夏生(受け)のガテン系声に気を取られて、
あまり印象がない感じでした。
スンマセン(><)


ヒロと夏生は、最後にホントに5回もエッチしたんでしょうかね?
ヒロってそこまで絶倫っぽく見えないですけど、案外……??
うう、妄想するとニヤニヤしちゃいます。
夏生は5回できそう!
きっと性欲薄くないと思うし!!


いやー、良いエロエロ付録です。

3

絵(原作コミック)が側にあった方がいいです

最近、記憶力の減退が激しくて、本編CDのっていうか、原作の記憶が…で(他の作品と、どうもゴチャゴチャになってる)キャラクターの設定を思い出すのにちょっと手間取ってしまった。
おげれつたなかさんって、やっぱり絵の人なのかなぁ、
絵があると、このお話もイキイキと動き出すんだけど。

休日前の夜、時間はたっぷりあるし、雰囲気盛り上げて、今夜は!
と勢い込んでみたものの、気がつけば、また空振りで、やりたいのは自分だけ?
こいつは、体毛が薄いように、性欲も薄いのか?
そして、ようやく、キメてやったら、、、

お話自体は可愛いし、声優さんの演技もいいんだけど、やっぱり、おげれつたなかさんの作品は絵があってこそなのかな。
二人のかわいさが今ひとつ伝わってこない感じがちょっと残念。

1

恋愛ルビのやらしいふりかたです

コミックス「恋愛ルビの正しいふりかた」の描き下ろし、
「恋愛ルビのやらしいふりかた」の音声化です♪

この描き下ろしすごく好きだったので、嬉しい!
すごく原作に忠実に作られていると感じましたよ。

本編のCDはまだ聴けていなくて、
みなさんのレビューを読んで、どんなかな~とワクワクしていたので、
新垣さんと増田さんの演技にも、おお~~♪ってなりました。

新垣さん、色んな役を器用にピッタリと演じられる役者さん、
という印象だったのですが、
これはちょっと…ずいぶんと老け…いや、大人な感じですね(;^ω^)

ヒロが、ちょっと前まで童貞だったとは思えなくて、
経験ありまくりの大人が、珍しく手こずっている様に聞こえる?
あと、テンポがちょっと…あんまりよくない、かも??
増田さんは、とても夏生と合っていたと思うのですが、
う~ん、ちょっと空気が緩まない時があるのは、
リアル感の演出なのかなぁ。

でも、とても楽しいシーンもあって、
一緒にお風呂に入って、アヒルのオモチャに夢中な夏生と、
そんなことよりエッチなことしたくて乳首に注意がいってるヒロ続きとか、
ヤリたいっヤリたいっと思いながらヒロがボディータッチして誘っても、
夏生に関節技をきめられて~~とかコミカルでいい♪

そして、いざ!エロいことへ~~
(タイトルも「やらしい」ですから!w)
この度は69も~☆
でも、あんまりエロさは…
いや、漫画の方が特別すごいだけかな?

やっぱり新垣さん、大人すぎるよーーとか、
増田さん、もうちょっと色っぽい喘ぎができるようになるといいね~
って思ってしまうのは…少数派…だろうか?(汗)

だけど、最後の、
夏生の「もっかいしよ…」「あと5回はできんぞ♥」とか、
ヒロの「ツルツル~!」は可笑しかった~~~
なんだかんだ言っても、雑誌も楽しかったし、
買って損はないおまけCDだと思います。
……の割に、色々言いまくってごめんなさいm(__)m

※ 後日、ヘッドホンを付けて聴き直しましたら、
  細かい音までちゃんと拾ってくれて、音に広がりがでて、
  前よりいい♡と思いました、ヘッドホン使用をお勧めします。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ