乱れし花陰 ~僧侶散華~

midareshi kain

乱れし花陰 ~僧侶散華~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
24
評価数
8件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784801905122

あらすじ

「長い間、禁欲しているせいで、逆に淫らな身体に仕上がっていくな…」。小さなお寺の僧侶・樫森皐は、清い心で仏に仕えるため、恋愛をしないと決め、日々、慎ましく暮らしていた。そんなある時、十歳年下の幼馴染みの晃陽から、恋愛相談を持ちかけられる。しかしそれが、皐の人生を変える大きな出来事の引きがねとなった。晃陽の男の恋人・都議の三重野から、浮気相手と誤解された皐は、その怒りを買い、ある権力者の貢ぎものとして『躾け』られることになってしまう…!!「ごめんね。ホントはずっと皐さんに触りたかった」。「慎ましやかなふりをして、淫乱な坊主だな」。正反対の男ふたりに、抑圧していた淫靡な性を暴かれ、皐は…。

表題作乱れし花陰 ~僧侶散華~

三重野一浩・都議・30歳/斉藤晃陽・大学生・18歳
樫森皐・僧侶・28歳/斉藤晃陽・大学生・18歳

評価・レビューする

レビュー投稿数4

この3Pカップル、調教色強し

いや~、買った後から気が付いたが、カバー帯を取ると真ん中のお坊さんの股下にいかがわしいブツが突っ込まれている…
何も表紙に出てきた時まで熱心だなぁ…、
なんて斜め向こうのぼやきが出る位、本編のエッチシーンは道具を使ってお尻と乳首を慣らす調教シーンがねっとりと書かれておりました…。

この小説のエロは年上攻め(三重野)、年下攻め兼受け(晃陽)、攻め・受けどちらも初体験のお坊さん(皐)の三人組エッチ。
しかし誰にも可愛げを感じずに読み進めるのに結構苦戦した。
とにかくお坊さんの調教計画に力を入れ過ぎで、肝心の三人がどんなキャラクターなのかが掴み辛かった。

まず、調教される側の皐自身の元々の性格が始終流されやすい人で頼りない。

調教役の攻め二人も、三重野のほうは出番が少ない上に高校時代の後輩にあたる皐をどう思っているのかが解らないし、年下の幼馴染み・晃陽のほうは悪い意味でちゃっかりしているのが引っ掛かった。

たとえ己が不器用でも三重野と別れられなくて困っている晃陽を助けたい、とか間男になってしまった罪滅ぼしに、とか考えている皐の気持ちを利用しているのが透けて見え続きた。
実は晃陽からの別れ話が拗れてって相談事も裏で三重野と示し合わせての嘘じゃないか?と想像していたら案の状…だったし。

しかし、これらの不満が土壇場では上手くまとまっていたので最後ひと安心はできた。
皐の事が愛しい、守りたいって攻め二人の主張もきちんと盛り込まれていたけれど、身体から入った関係に話を割いていて、いざ、心の交流は?って部分が圧倒的に不足している気がした。

1

⚠少しだけネタバレありです

「僧侶受けか…。ふーん」と思いながらなんとなく手にした『乱れし花陰』。
挿絵をチラッと見て、僧侶受け最高なのではと即買いしましたね(笑)

内容的にはほぼエロ!!プレイ内容も豊富なエロ!!僧侶淫乱エロ!!って感じでした。
バーバラ片桐さんの文と奈良千春さんの挿絵とで僧侶がエロの背徳感というか、こんな淫靡な僧侶いいんですかと初めから最後まで興奮状態でした←

私は、リバが苦手なのですが、リバっていうことをあまり感じさせない表現だったので気になりませんでした。


エロを求める自分は大満足だったのですが、やはりエロが多い分内容が薄く感じました。
もう少しストーリー性に深みがあればなと;

しかし!僧侶受けという新しい扉が開けました。
僧侶という禁欲的なイメージがあっての、主人公のエロさ…。ギャップ萌えといいますか//
とてもよかったです!!

最後の攻めと攻めの関係性もよかったと思います。
共有終わりではないのが自分の中では新しいかなと

1

エロかった…

ラヴァーズ文庫にバーバラさん、そして奈良さんの挿絵ときたらさぞかしエロいんだろうなあ…、と思っていましたが、想像をはるかにしのぐエロさでした。ストーリーの半分以上は服を着てないんじゃないでしょうか。

内容は書いてくださっているので感想を。スミマセン、ネタバレを含んでいます。




主人公の一人・皐は父亡きあと、若干28歳という若さで住職を引き継ぐのですが、実は彼はお寺の前に捨てられていた捨て子でした。そんな自分を引き取り育ててくれた養父と檀家さんたちへの恩返しの気持ちから、皐は住職として心血を注いでいます。
また彼には子どものころの性的なトラウマから自分に自信が持てず、「聖職者」として禁欲的な生活を送っているのですが、これがまた彼の儚い美しさを引き立てています。

そんな皐ですが、幼馴染の晃陽から彼の恋人について相談を受けているうちに、彼の皐へ向ける恋慕の情に引きずられるようにして関係を持ってしまうところも良かった。背徳心を感じつつ、でも、っていうところがすごく良い。

晃陽と関係を持ったところを、晃陽の恋人であり、かつ皐の高校時代の先輩である三重野に見られ続きてしまい、激昂した彼に「男を受け入れる身体」になるよう調教されるのですが。

この調教の理由について、初めは、皐に恋い焦がれた三重野が、策略を講じて皐を手に入れようとしているのかなと思いつつ読み進めたのですが、実は…。というストーリー展開はさすが。ページを捲る手が止められませんでした。
さすがバーバラさんといった感じで調教シーンも多いですしエロはかなり激しい。また攻め・受けが固定しているCPではないので地雷の方は注意された方がいいと思いますが、三人でつながるシーンには圧倒されました。

調教シーンは多いですしちょっと激しいのですが、皐が晃陽・三重野の二人の男たちに対し愛情を持っているためさほど悲壮感はありません。また痛いことはされないので、激しい調教がお好きな方にはちょっと物足りないかもしれませんが、反対に私のように痛い調教は苦手、という方でも安心して読めるかなと思います。

最後は甘々。皐には「どちらか」を選ぶことはできないと思うので、彼らには自分を選んでもらうべく頑張ってほしいですwww

5

お坊さんはエロかった!

若き僧侶・皐は、幼い頃から知っている10歳年下の晃陽に、恋人(男)と別れたい、と相談を受けます。
晃陽がゲイだったこと、皐の高校剣道部時代の先輩である三重野がその恋人だということに皐は驚きます。
皐は自分を慕ってくれている晃陽の為に力になりたい・・・と考えるのですが、恋愛経験皆無の皐に良案が思いつくはずも無く。結局皐は、自分も立ち会うから、晃陽と三重野できちんと話合うしかないと、三重野が来ると連絡があった日に晃陽の部屋へ向かいます。
三重野を待つうちに、晃陽に好きだと迫られ、皐は晃陽とやってしまいます。(皐×晃陽)
その現場を三重野に取り押さえられ、恋人を寝取った償いをしろと迫られます。
その償いというのが、議員の三重野が懐柔したい大物政治家に皐の体を差し出して接待しろ、というもの。皐はその日の為に、男を受け入れられるように後ろを開発されていき・・・・・・

・・・というお話なのですが、お坊さんエロい!(笑)
表紙絵のちょうど帯下で隠れる部分に描かれている道具類が気になってしまい購入しました(爆)が、相変わらずエロシーンに気合の入っている作家様だと思いました。エロ目当て続きで読んでて楽しい楽しい!!
ローター等の道具は使われてますが、それ以外の特殊なものは挿入されてません。密かに仏具的なものとか数珠とか期待していたので・・・(汗)
あと、(誘い受けですが)皐×晃陽、晃陽×皐、三重野×皐、三重野×皐×晃陽、ともう皐さんを挟んでの3Pです。サンドです。真ん中です。
あとがきで書かれていますが、受よりの真ん中、です。
・・・受は受けてるだけがいい!!って方は避けたほうが無難かな?積極的じゃないけど、嵌められながら嵌めますので。

複数ものって最終的に、誰か一人を選ぶか、皆まとめて大好きだよv、のどちらかで終わることが、今まで読んできた大部分だったのですが、今回のお話は皐がまだ快楽に流されちゃってて選べない状態のままで終わっているので・・・・・・ちょっと、どうしましょう(笑)
私としては、三重野に頑張ってもらいたいんですけど。いやでも晃陽も悪くないし・・・三人で幸せになる?そうする?いや、どうしよう・・・・・・

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ