よみきりCitron 2015Autumn

yomikiri Citron

よみきりCitron 2015Autumn
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
シトロンコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥1,000(税抜)  ¥1,080(税込)
ISBN
9784799727140

あらすじ

オール新作長編よみきり!

松本ノダ「世界の終わりも悪くない」
木村ヒデサト「ラヴ」
ヤマヲミ「プライベートメランコリー」
ためこう「旧繁華街袋小路」
やまねむさし「カフェモンステラ」
吹屋フロ「仇椿ゆがみて歯車」
つゆきゆるこ「やわらかな日へ」
原作 犬時 漫画 笑平「また明日7時半に」
プルガリア「Jの葬式」
佐藤千鳥「月に星 花に蜜」
明本 由「素髪」
川「遠景」
阪本あき「裏目のこい」
東郷 錦「ばんか」

その他の収録作品

  • 松本ノダ「世界の終わりも悪くない」
  • 木村ヒデサト「ラヴ」
  • ヤマヲミ「プライベートメランコリー」
  • ためこう「旧繁華街袋小路」
  • やまねむさし「カフェモンステラ」
  • 吹屋フロ「仇椿ゆがみて歯車」
  • つゆきゆるこ「やわらかな日へ」
  • 原作 犬時 漫画 笑平「また明日7時半に」
  • プルガリア「Jの葬式」
  • 佐藤千鳥「月に星 花に蜜」
  • 明本由「素髪」
  • 川「遠景」
  • 阪本あき「裏目のこい」
  • 東郷錦「ばんか」

評価・レビューする

レビュー投稿数2

松本ノダ先生が凄い

松本ノダ「世界の終わりも悪くない」
今回も個人的にはあまり好みの絵柄ではないですが(各作品の雰囲気に沿って絵柄を変える等しているので、画力自体は非常に高い方だと思われます)
普通のBLとは一線を画す作風で、とにかくお話作り、余韻作りが上手いです。
出来事の渦中とは一歩離れた場所に存在しながら、逃げ切れるわけでもなく終わっていく。そういう、主人公でありながらモブのようでもある二人の時間が美しくもあり哀しくもありました。。
もっともっと評価されるべき作家さんだと思っています。

プルガリア「Jの葬式」
置いていかれる側はつらいよねーというだけの話なのですが、それはそうなんですが、淡々した叙事的な描写というか、作中に思わせぶりなヒントだとか回答が用意されていないあたりがなんだかとてもリアルに感じられて、一読者としてちょっと胸に染みいる作品でした。

阪本あき「裏目のこい」
無力感というか石ころ感というか、そんな中に詰まった不安倦怠憧れ、そういう感情を描写するのが得意な方なのだなと思います。

3

優しいお話が多かったです。

前号(2015spring)が面白かったので、今回も購入しました。
”オール新作長編読み切り!”とのことですが、相変わらず連載物もあります。
冒頭にあらすじが書かれている作品もあるので最初から最後までなんとか読めました。
連載物を追うのは大変そうですけど(continuedだった蛇龍どくろさんのお話がなかった)、それ以上にいろんな作家さんとの出会いがあるのは”オール新作読み切り”の良い所だなと思います。

今回は松本ノダさん、東郷錦さんが初登場です。
松本ノダさんは巻頭からいきなりゾンビ物で驚きました。w
しかしゾンビ云々というよりも、終末の世界でたった2人だけの幸福というとても甘やかなお話でした。
それぞれが元々持っている孤独、そして世界の終わり。
それらの圧倒的孤独感がなんとも言えない甘さを引き立てているようで素敵なお話でした。

ビターエンドのお話もいくつかありましたが、日常系の優しめのお話が多く、前回のはらださんのようにガツンと来るものはなかったです。
個人的に、松本ノダさん、つゆきゆるこさん、笑平・犬時さん、東郷錦さん、やまねむさしさん、川さん、木村ヒ続きデサトさんの作品が好きでした。
そしてやっぱり川さんが良かった!
今回は明治時代の画家のお話で前回と全く様相が違いましたが、BLな部分以外でも読ませるお話でした。
むしろこれBLになるの?と思ったほどですが、絵画と背徳的なエロティシズムを絡めていて大変萌えました。
絵柄的に色気はあまりないと思うのですが、登場人物の表情が力強いので凄く引き込まれます。
東郷錦さん、つゆきゆるこさんも良かったです。
まだ単行本は出ていないみたいなのでこれから楽しみです。

14作品が収録されていますが、続き物でよく話が分からない作品以外は良かったです。
単にCitronが私の好みにハマっているだけかもしれませんが。
「これは無理…」という作品がなく、毎回素敵な作家さんを知ることができるのでこれからも買い続けてしまいそうな気がします。
全体的にエッチ度は低めです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ