ファインダー越しに君に触れる時――

消失ハレーション

shoushitsu halation

消失ハレーション
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
25
評価数
8件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
シリーズ
B's‐LOVEY COMICS(コミック・エンターブレイン)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784047307209

あらすじ

カメラマンの直樹は、東京での仕事がうまくいかず、数年ぶりに実家に帰る。
すると実家には、両親の農業を手伝う南という男が居候していた。
両親からそのことを聞かされていなかった直樹は、見知らぬ南を警戒していたが、彼と話したり彼の笑顔を見ているうちに、少しずつ気持ちが動きだし……。

表題作消失ハレーション

松田直樹,実家に帰省したカメラマン
南誠人,攻の実家の農家の住み込み手伝い

同時収録作品おいてけぼり / おいてけぼりはもうきえた(描き下ろし)

永瀬大輔,喫茶店のオーナー兼パティシエ
森屋健太郎,スイーツ男子のリーマン

その他の収録作品

  • 愛する資格
  • きみからの愛を(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

作りは丁寧なんですが

カメラマン×脱サラして攻めの実家の農家で働く青年。

仕事に行き詰まり、息抜きに農業を営む実家に帰った攻め。しかし自宅には、2年前から農場で働いているという青年が住んでいた。
怪しいと思い警戒していた攻めだが、徐々に打ち解け、その存在に癒されるように。そんなとき、受けがゲイだということが判明して…という話です。

丁寧に描かれた話ではあると思うのですが、丁寧な割にたどたどしい感がありました。話を進めるために毎回なんらかのエピソードをつけられているので(攻めがカメラへの情熱を取り戻すために少年が登場するとか、想いを自覚するために当て馬登場とか、ゲイバレさせるためにお風呂が壊れて銭湯行くだとか)、こういうことがあったからこうなりました、こういう出来事のせいでこうなりました、というかんじで、いちいち説明くさい割には感情の動きが見えないというか。もうちょっと会話主体で話を進めてもよかったかなという気はします。

その点で言えば、同時収録のパティシエ×サラリーマンの話のほうが自然でした。
まあ、こっちはこっちで、攻めが受けの気持ちを決めつけて強引に事に及ぼうとするところとか、あん続きまり好感が持てなかったんですが…。でもくっついたあとは可愛かった。

2

いいことはいいのですが

なんだろう。たぶん、マンガの作り方に関わってくるのかもしれないんですが、なぜか読みにくいと感じてしまいました。難しいとかじゃなくて、なぜか読むのがめんどくさくなってくるというか。台詞が説明的なのかなぁ。会話が都合よく進むというか、うーん。現実の会話では言わないような感じで喋っているというか。

表題作の方はゲイでもないのにそんなにすぐに受け入れられるものかな、という疑問もありました。

「おいてけぼり」の方は好みの話でした。

お話はいいと思うので、テンポ?とかもうちょっと違ったら、もっと好みだったかもと思いました。

2

想われて、一歩前へ…

地味めな絵柄ながらデビューコミックはなかなか印象的で、
野萩さんの2冊目が出るのを楽しみにしていました。

この本には2つのお話が入っています。
どちらも消極的な気持ちを抱えているノンケが、
ゲイに好意を寄せられ、その想いに触れていくうちに、
前向きに一歩を踏み出していけるようになる…というお話でした。

■表題作「消失ハレーション」3話+描き下ろし
カメラマンの仕事が上手くいかず、攻めが故郷の田舎に帰ると、
農家をしている実家には住み込みで働いている若者(表紙の受け)が。
最初は鬱陶しく感じていたものの、
次第に受けの朗らかな性格や屈託のない笑顔に癒されて、
攻めは不安を素直に吐き出し、カメラへの情熱も取り戻していく。
でも、攻めが東京に戻る日が近づくと、
受けは表情を曇らせるようになり、
カメラを通して攻めが好きだという受けの想いも明らかになって……

落ち着いた絵柄と、田舎の雰囲気(特におばあちゃん達がいい!)、
ゆっくり進んでいく恋の進展が、心地よかったです。
現実でもこういうことが起きそうな感じ。

ただ、続く「愛する資格」では、受続きけの元カレが登場。
元カレに恋人には戻れない理由をすぐに言わないところと、
その理由自体に、ちょっと「う~~ん?」と思っちゃったな。

でも最後の描き下ろし「きみからの愛を」は、
何気ない会話や、お風呂場エッチで余裕のない顔になってる2人から、
相手を大切に想っているのがすごく伝わって、よかったです。

■「おいてけぼり」1話+描き下ろし
忘れられない昔の彼女と同じ雰囲気を感じて、
行きつけの喫茶店のパティシエ(攻め)に元彼女を重ねて見ていると、
「誘ってんの」とキスされてしまって…

昔の彼女のことはサラッと語られるだけなので、
顎ヒゲが似合う大人で男前な攻めと雰囲気が似てるっていうのが、
しっくりこなかったな……でも、キャラの外見はとても好みでした。


いい話だし、よかったね~と思うのですが、
ちょっと印象に残りにくくて勿体ない気がします。
もっと、切ない要素の多い長い話をじっくり読ませてほしいなぁ。

あと、表題作の攻めの名前が、今は亡きサッカー選手と全く同じで、
すごく気になったのだけど、知らずに偶然で…の事なのかなぁ。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ