快楽を貪り生きてきたアバズレ。

蛇のセイカツ

hebi no seikatsu

蛇のセイカツ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×26
  • 萌7
  • 中立4
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
6
得点
109
評価数
33件
平均
3.5 / 5
神率
36.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
ポーバックスTHE OMEGAVERSE PROJECT COMICS
発売日
価格
¥675(税抜)  
ISBN
9784865890945

あらすじ

自由奔放で自分勝手な人間が
ある日、恋をしてしまった


気持ちいいことが大好き、だけど、面倒ごとは大嫌い。
愛を知ろうとしない快楽主義者のるか。
彼はセックスが横行する秘密クラブの常連客。
月の三分の一をヤリ部屋で過ごし、複数の相手とまぐわい放題な日々を送っていた。
そんなある日、突き刺さるような鋭い視線を向けてくる男・せいとクラブで出会う。
せいは快感に耽るるかを〝狂ってる〟と吐き捨て毛嫌いする。
社会の掃き溜めのような場所に嫌悪感をあらわにしながらも来店したせい。
彼にはある目的があった。
自らを完全に否定する他人(せい)に、るかは初めて特別な興味を示す。
せいが、るかに近付いた理由とは――。

浅はかでクズな男が招いた業の結末。


他、双子の片割れと想い人を失い
苦悩を抱えて生きる男のセンシティブストーリー、
『春待ちの、』も同時収録。


社会を統べるα(アルファ)、
人口の7割を占める平凡なβ(ベータ)、
虐げられるΩ(オメガ)

不条理な世界で繰り広げられる人間ドラマ。
『オメガバースプロジェクト』ついにコミックス化!

表題作蛇のセイカツ

せい
るか オメガ

同時収録作品春待ちの、

ゆうま ・アルファ
せおの・オメガ、ひろの・アルファ 双子の兄弟

評価・レビューする

レビュー投稿数6

(長文注意)表紙とタイトルで損していますパターンだ…

オメガバースは何冊か読んでいますが、男女の違いは名前だけで誰もが妊娠出来る設定。
作者によって設定変更もOKなのでそれぞれのストーリーで楽しませて頂いてます。ありがとうございます!
あくまでもBLですから男×男(見た目)になるのが暗黙の了解ッスよね~。

ただ、色々作家様のを読んでいるとサブとかだけでも女性っていないのかなぁ。と思うようになってきた。そもそもオメガバースの世界に女型はいないんじゃね?って言うくらい出てこない。そーゆー世界でしたっけ?

説明書見ると全ての人にtnkあると考えて良いみたいだから、あとはおっぱいが有るか無いかの違い。
オメガバースでお目めキュルルン☆のふわふわショートヘアでおっぱい無しはBL読者に受け入れられるが、宝塚みたいなイケメン細マッチョでおっぱい有りだと駄目なんですね…。
両方tnkあって受け攻めどちらも出来るのに…。
あぁ、ややこしくなってきた…orz

◆春待ちの、
ひろの(α)とせおの(Ω)は二卵性双子で幼馴染みのゆうま(α)と子ども頃からの付き合いです。
ひろのとせおのの親は二人とも女型。これちょと嬉しかった!こんな続きカプが見れて良かった!

話はせおのの御葬式から始まります。
突然家を飛び出したひろのが女の子を連れたゆうまと会います。

高校卒業後、大学と同時に一人暮らしを考えていたゆうまとひろの。「どうせならルームシェアでよくない?」ひろのは「考えておく」と答えますが嬉しそう…////
そっか…こっちだったのね。

その後ゆうまは財布を忘れて教室に取りに戻る。そこに発情しているせおのに出くわしてしまいヒートを起こし襲います。

そーだよねー、オメガバースの設定を考えたら好き嫌い云々の前に全くの赤の他人でもタイミングが会えば襲われるし、妊娠率100%だから愛の無い結婚や堕胎なんてしょっちゅうあるんだろうな…。
そういう裏の裏の話はなかなか無かったから読んでて改めて考えさせられたね。
設定エグい…。

ふと思ったのだが、せおのは堕胎はしなかったんだなぁと…それってもしかしてゆうまの事好きだったんじゃね?…って思っていたら闘病中のベッドの上で「ひろのから欲しいものをすべて横からうばってしまいました。そして気付けばそんな略奪した環境に幸せを感じてしまう自分がいるのです。」
「ひろのも幸せになって下さい。本当にありがとう さようなら」

震える手で書いた手紙…泣いた…。

ずるいよなー。もう何も言えないじゃん!
けど、ひろのは机倒してまで教室中探したみたいだし、狙ってやった訳ではなさそう。偶然がチャンスだったのか?謎のまま最後はゆうまの家に来るひろのと迎える女の子。 …で終わります。
描き下ろしでは3人仲良く暮らしたみたいですね。

今気付いたが、エロが無かった!!!!( ̄□||||!!
襲われたシーンはあったけど、黒すぎて良く見えない…でもそれだけストーリーに引き込まれたって事なんです!(熱弁)

◆蛇のセイカツ
前半凄く良かったのにいきなり「それよりぶち込んでくんない?」に余韻が切れた…orz
ビッチは苦手なんだよねー。

火事で住むところを無くしたるか(受け)は前半に出てきたひろのの所に転がり込む。

仕事中、女型(α)にアルファ禁制のヤリ施設の事を聞く…が、るかはその施設に行っていてもう一人の女型(β)ミノリに待ち伏せされ「施設にいたでしょ 見てたの」
るかはミノリにヤられます。
女型攻めは初めて見た!!
るかの「オメガってさいこーーーーッ」って言う台詞も初めて聞いた。オメガに生まれた事を憎むのが当たり前だと思っていたから…やっぱ本人の考え方でどーとでもなるのかな?

後日ミノリが結婚したことを知ります。
なのでまた施設に行きそこでせい(男型)に会い乱暴にされながらもヤられてしまいます。

何度か会うようになり無口なせいは突然川に飛び込みるかも一緒に落ちてしまう。
笑い出すせい…すぐに悔しそうで泣きそうになり、場所を変えてるかと身体を重ねますがるかは幸せそうに笑う。

帰りの車の中でミノリの名前が出てきて「俺にとってあいつはたった一人の存在なんだよ」

まさか旦那だったとは!!
…だからって、夫婦揃って同じ相手とヤらなくても…。
何も知らないるか…とばっちりも良い所だ…orz

せいはミノリと夫婦なのに言いたい事が言えない自分、そのミノリはるかと関係を持つ…るかに当たっているだけだと分かっていながら許せなかった。

薬で眠らされていたるかは気がつ付けば連絡先も消去され、せいの姿はなかった。
るかは自分を大切にすること、相手を考えること、Ωであることを自覚して薬を飲み自分に責任を持つことを考えるようになった。

…ひろの登場に意味はあったのだろうか?
Ωは発情したら大変だから薬飲め!に説得力がある人材だが…その過去をるかが知ってるのかどーか?

◆応え合わせ(描き下ろし?)
これは描き方が賛否両論だねー。
内容が暗いからこのくらいフランクの方が救われるかも。
でも、死んだはずのせおのが生きているってことは作品中ではフィクション扱いか!?
と、思えば後はその後だったり過去話だったり…。
せいとミノリ夫婦はラブラブだし…。

描き下ろし有り難いけど…うん、違和感あるわ。

オメガバース作品の中では評価は低めな印象で、ふゅーじょんぷろだくとは表紙が素敵なものが多い中、何故コレにした感が否めない…。勿体ないなー。
春待ちの、なんて凄く良かったから…あぁ…作品の顔である表紙が…orz(まだ言う…)

オメガバースを置いといても俗に言う、「気が付けば回り全員ホモだらけ☆」ではないので中々の良作だと思います!

0

セリフに「w」多すぎ

オメガバース好きです。
このシリーズは何作か拝読してますが、二次創作上で設定として使われるオメガバース的エロさを内包してる話は少ない気がします。
本作も前述のとおり、Ωゆえのαゆえの苦悩や葛藤を盛り込んだ、切なめのお話に仕上がってます。
表紙からエロなのかな?ってエロを期待すると、エロさはないのでそっち方面を期待していると裏切られるかと。(私です)

絵柄は今流行の感じ。絵はうまいし画面はきれいで見やすい。
ただセリフに「w」が多様されてて、最後まで気になって気になって仕方がなかった。
作者さんは若い方なのか…。まんまツイッターやLINEのノリで吹き出しの会話に「w」を使ってほしくない。
というか、この会話は笑いや嘲笑をふくんだやりとりだ、というのを強制的にこちらがわに伝えてくる手法は、バカにされてるようで不快。
話がいくら良くても、キャラのセリフに「w」がでてくる違和感に耐えられない私のような人には本当にオススメできない。一度や二度ならまだしも、わりと大量にあって、驚いた。
編集者の人も注意しないのか?
それとも「w」が市民権を得る、そういう時代になったのか?受続きけ入れられない私が古いだけなのか…。
とにかく、ほんとこれだけが残念でならないので星は少なめ。

0

諸刃の剣

とりあえず、オメガバースプロジェクトってコミックより小説向きな気がします。
「オメガバース」世界の共通設定を最初に説明して、それを踏まえての「不条理な世界の人間ドラマ」を描いていこうっていうプロジェクトの趣旨そのもの別にいいんですが、そうはいっても、コミックで、「具体的な絵」としての普通の日常の中にオメガバースを合わせると、とても居心地がよろしくないというか、なんというか、
表題作の方は、愛だの恋だのとは別次元にΩのセックスは存在してっていうお話なので、これはこれで納得できたのですが、「春待ちの、」の方は、、、
双子と幼なじみの、ありがちな三角関係のお話ならば、それならそれで、いくらでも葛藤したり切なかったりとお話の掘り下げようはあっただろうに、オメガバース設定を持ち込んだがために、一切合切、全部にオメガのせいにして安直に終わらせちゃった感がどうにも居たたまれなくて。
この、取り返しのつかなさ感がオメガバースの醍醐味だとは思うのですが、やっぱり本編中にもうちょっとエピソードを詰めて欲しかったです。
一応「答え合わせ」として後書き的に多少補完されてはいますが。
作者さんの絵は続き充分おきれいだし、次回はオメガバース設定に縛られず、一から自分で作った世界でのお話で読んでみたいです。

カバー折り返しのトカゲちゃん写真は激カワイイ!

0

人間ドラマ

泣きました。
オメガバース設定がある世界だからこそ巻き起こってしまった悲劇。

読み終えた後に気付いたのですが
【不条理な世界で繰り広げられる人間ドラマ】
と帯裏に書いてありました。

血に振り回されて生活や人生が変わってしまった「春待ちの、」
血を受け入れ感情を捨て奔放に楽しんだ業の結末「蛇のセイカツ」

どちらも"切ないラブストーリー" じゃなく "人間ドラマ" です。
もちろんBLなので男同士の心の交わりはありますが、私の中の解釈だと2作品共にBがLする部分にハッキリとは焦点を当てていないという印象です。
「春待ちの、」は切ない恋心が中心にありますが純粋な兄弟愛も見受けられ
「蛇のセイカツ」は主人公の恋心をキッカケにした成長ドラマだなーと。

タイトルと表紙からアクの強い話を想像してたのですが
思ったほどではなかったです。(得体の知れない人は出てきますが)
女×女夫婦や、描写はゆるいですが女が男をバックから攻めてるというシーンはありました。

いろいろあったけど、みんな地に足をつけた生活になって良かったなぁ・・・とシミジミ読み終えることができ続きたのですが、あとがき4コマが残念だったのが何とも言えず(泣)

なんでギャグ転してオチ作ったのかなーとか。
なんでごっそりカット部分を本編に入れてくれなかったのかなーとか。
(コレあれば萌えたのに!!!と個人的な嗜好で。)

というわけで、メッキリ弱くなった涙腺で人間ドラマとしてはボロボロ泣きながら読んだのですが、BLとしてはううん?だったので萌えです。



3

オメガバースゆえの切なさ

オメガバース。
表題作『蛇のセイカツ』は、謎のベータ・「せい」と享楽的に生きているオメガ・「るか」の話。こちらのほうがあとに収録されていて、なんでかなと思いましたが、スピンオフの時系列に並べられているようです。

『蛇のセイカツ』
発情期のオメガを集め、そのオメガとの行為を目的に集まってくるベータを顧客にしているアルファ禁制のヤリ施設。そこに通うオメガ・るかは、自分だけを凝視していた客・せいを一夜の相手に選ぶ。せいは、るかを半ば苛むように抱くが、後日せいの忘れ物を届けるため2人は再会し、奇妙な付き合いが始まる。しかし2人にはある因縁があった…という話。

こちらの評価は萌でした。性別関係なく恋愛、結婚、出産ができるオメガバースの設定により、女性が絡んで来る可能性があるのもわかるのですが、ちょっとあまり萌えない…。それ以外はとてもいい雰囲気だったのですが、ああ、あのキャラが男性だったらよかったのに…! と惜しく思いました。

そして、表題作より前に載ってた同時収録作『春待ちの、』。
双子の弟、せおのの訃報に接し、ずっと連絡を絶っていた実家に戻ったひろの。そこで子供を連続きれた幼なじみのゆうまと再会する。
ゆうまとひろのはアルファ、せおのはオメガだった。ゆうまに淡い恋心を抱いていたひろの。しかしある日不幸な事故が起こり…。

カップリングが非常にややこしいのですが、核心的なネタバレになりますので説明はしないでおきます。
もう、これが、涙なしには読めませんでした。誰もが可哀想すぎて、鳥肌が立ちました。
子供の存在と、巻末のオマケ4コマが少しは救いになっているかもしれません。せめて今後は穏やかであるといいと思います。
こちらが神なので、間をとって萌×2にしようかと思いましたが、何だかもったいないので神評価にします。

3

初めて「オメガバース」を読みましたが

『オメガバース』って最近よく聞きますが何となく理解できなくて。そして「男性でも妊娠できる」というシチュに萌える性質ではないので全く興味がなかったのですが、ちるちるさんのBLニュースで取り上げられていて、ちょっと興味をそそられ手に取ってみました。

全くの偏見ですが「エロくて」「イロモノ」なイメージしかなかったのですが(ゴメンナサイ)、いい意味で裏切られました。すごく良かったです。

2つのお話が収録されています。
内容をざっくりと。スミマセン、ネタバレしてます。



前半『春待ちの、』
両親は二人ともα(アルファ)でありながら、一人だけがΩ(オメガ)として生まれてきた双子の兄弟の「ひろの」と「せおの」兄弟。この二人にはα属性の幼馴染・ゆうまがいて、三人仲がいいのですが。
一人だけΩのせおのを気遣い見守るひろのとゆうまですが、ある日投薬が間に合わず発情期の発作を起こしてしまったひろのに対し、αのゆうまがヒートを起こしてしまい…。

というお話でした。

「オメガバース」のバックボーンが存分に生かされ、その中でひろのとせおの、そしてゆうまの三人の感情の機微が続き細やかに描かれていて、三人それぞれの恋心に思わずウルッとしてしまいました。

後半 表題作『蛇のセイカツ』
Ωの「るか」は性に奔放で、その属性を存分に生かしかなりただれた生活をしています。そんな中出会った「せい」という男。
るかとセックスするでもなく、淡白で、無口で無表情で、何を考えているのか全く分からない。初めて出会う、自分を性の対象としてみない男にかえって興味を持ち頻繁に会うようになるのですが、実はせいは…。

というお話でした。

るかはビッチさんなのですが、でも彼がそうなったのにはきちんと理由がある。それも「オメガバース」という特殊な設定が生きていて、すごく良かった。
自分を全く大切にしなかったるかが、初めて恋をして、自分の身体を鑑みるようになっていく様にはほっとしてしまいました。せいの、るかに会いに来る理由も良かった。

最後に「答え合わせ」というタイトルで、4コマ漫画を含んだ小話が何話か収録されているのですがこれが面白い!『春待ちの、』と『蛇のセイカツ』、それぞれのその後や裏話的な話で思わず笑ってしまった。

「オメガバース」とは何ぞや?という解説も収録されていて、私のような「オメガバース」のビギナーさんでも分かりやすく書かれていて、すごく良く理解できました。

「男でも妊娠できる」という世界ではありますが、常に妊娠できるわけではないので抵抗なく読めたのと、α・β・Ωという階級が存在するので「カースト制」のような理不尽な差別が大っぴらにあるのかとも思っていたのですがそんなこともなく、すんなり読めました。

表紙も帯もエロエロで、どんだけエロエロしいのか…?と思いながら読みましたが、それらを裏切る純愛のお話でとても良かったです。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ