口止め料、フェラ一回。

純情娼年

junjo shounen

純情娼年
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×29
  • 萌10
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
104
評価数
29件
平均
3.7 / 5
神率
24.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
ポーバックスTHE OMEGAVERSE PROJECT COMICS
発売日
価格
¥675(税抜)  
ISBN
9784865890938

あらすじ

BL業界、話題騒然! 『オメガバースプロジェクト』から、コミックス化第2弾

ウリ専ボーイの淫らな誘惑に
純朴な高校生が振り回される


良家に生まれ世間知らずな高校生・日下 太晴。彼は慎ましやかで静謐な美しさを持った転校生・水谷 葵の事が気になっている。
とある休日、たまたま水谷を見かけた日下は魔がさしたように彼の跡を尾ける。辿り着いた先はなんと風俗店だった。そこで水谷と遭遇した日下は個室に誘われ、口止め料代わりにフェラをされる。
呆然とする日下に婀娜っぽく豹変した水谷は「社会見学」と称し、客とのセックスを見せつけてきて…。

愛憎入り混じった復讐劇の幕が上がる。
数奇な運命に翻弄される2人の恋の行く末はーー?

表題作純情娼年

日下太晴 高校生 政治家の息子 α
水谷葵 高校生 風俗店でバイトしているΩ

評価・レビューする

レビュー投稿数9

首輪を見るとSMに見えてしまうのは私だけでしょうか。

私事ですが実は違う作者さんと勘違いして購入。
なので読み始めるまでオメガバースだとは思ってもみませんでした。
そして初めて「オメガバース」と分類されるものを読みました。
こちらの作品はライトな方なのでしょうか?!
勝手に思っていたオメガバースのイメージとは少し違って、とても読みやすかったです。
勘違いでまさかのオメガバースを購入してしまったものの、食わず嫌い(嫌いというわけではなく設定が萌えなくて読まない)はやっぱりダメだなと思いました。

Ωってどこの階級だっけ・・・一番人数がいる階級ってどこだっけ・・・などなど
どうしてもオメガバースの設定が頭に入ってこず、読みながら最初に書いてある設定を何度も確認してしまいました(笑)

一番印象に残っているところが水谷の親(水谷椿)が出てくるシーンです。
男性なのか女性なのかパッと見では区別がつかず(胸はなさそうだけど・・・)どっちなんだろうと。
葵が普通に「お母さん」って呼んでいることで、もっとわからなくなったんですが、男性だったんですね。
ここで「これがオメガバースなのか」と気付きました。
産むのが男性なら産んだ続き男性がお母さんになる。
「お母さん(男)」が普通という世界観が理屈ではなくストンと理解出来たような気がします。

表紙絵がとてもキレイで、表紙を取った後もカラーでとてもキレイでした。

0

純情

切なくて甘いオメガバース作品でした。
攻めでαの日下が真っ直ぐで、一途に水谷を想っている様子がとてもよかったです。
受けでΩな水谷の、母親との話が切なくて…。
復讐のために日下に近付いたけれど、本当に好きになってしまい涙を流すシーンもぐっときました。
嫌な奴だと思っていた日下の父親にも事情があって、切なかったです。
最後はハッピーエンドで、書き下ろしも甘くて幸せな気持ちになりました~。
本編ラストの水谷の笑顔がとっても素敵です。

0

ストーリーが面白い!

オメガバースという特殊設定を生かした作品で、とても好みでした。
ただ絵が綺麗だとは言い難く、発展途上かなぁ、という印象でした。

ストーリーとしてはΩとαの関係性や世間での扱われ方などがよく描かれていてとても良かったです。
母の復讐をするために嘘をつく受け(Ω)や、健気で純情な攻め(α)がストーリーが進んでいく上でとても好みでした。
オメガバースですが、感動できる作品でした。
最後に誤解が解けて本当に良かった……!

0

どらまちっく?

発売直前にアマゾンのランキングを見て衝動買いしました。
父親が政治家で忙しくおばあちゃんと暮らしている高校生の日下太晴(α) × 風俗でバイトをしている高校生の水谷葵(Ω)
水谷が中学生の時、働いている風俗のプレイ中に死んだ水谷のシングルマザーの母…誰かをうらまないと納得できなかった水谷は(母の恋人だった)日下の父親に復讐するために日下に近づいたが…
色々あってハッピーエンド!早く番になっちゃえばいいのに^^
気になったのは…
水谷の母はたぶん男性ですが"母さん"と水谷に呼ばれていました。女性も男性も全ての人間が妊娠できる?オメガバースの世界では男も女も関係ないのかな…男女平等だけどαβΩ不平等な世界なのかな?
すなこ先生のオメガバースではないBL作品も読んでみたいと思いました!
乱文失礼いたしました!

0

高校生オメガバースカップル

オメガバース。
良家の息子である攻めは、美少年な転校生(受け)の世話を頼まれ、勉強を教えている。ある日街中で受けを見かけ、出来心で後をつけると、受けが入って行ったのは受けのバイト先である風俗店だった。清純そうな受けがそんなところでバイトをしていたことに驚く攻めは、口止めと称してフェラをされる。それ以来受けが気になって仕方ない攻めだが、実は受けが攻めに近づいてきたのには訳があり…。


あんまりオメガバース関係ないような気がしましたが、いい話でした。良家の息子でアルファ、というエリートなのに、非常にいい子な攻めのキャラクターのみで話が決まったかんじです。
受けは、たった1人の肉親を亡くしたオメガで、風俗でバイトをしています。このバイトと、担任の教師の設定がよくわかんなかったな。生活のためのバイトで、担任の教師は偶然そこの客だったのかな? 受けに執着しているキモい教師なのですが、客だというだけの割には受けと仲よさげだったし、いまいち立ち位置がよくわからない。
綺麗に話はまとまっていたし、今後も仲良く人生を送りそうな受け攻めで、ラストにはほんわかしました。帯が「口止め料、フェラ一続き回」という衝撃的なものなのに、内容はすごくしっとりでした。でもやっぱり、あんまりオメガバース関係ないようなかんじです。(笑)

0

表紙に惹かれ

表紙の男の子に惹かれて。
絵もとても好みでした。

内容は予想以上にドロドロした内容で、えっ、こういう話なの!?と読んでいてちょっと展開についていけませんでした。展開が早いので二人の感情の変化などに目がいかず、くっついたときの感動が薄いといいますか…。でも、この二人はこれから先幸せに暮らすんだろうなあと想像できるような綺麗な終わり方だったので良かったです。
表紙や帯はエロエロな雰囲気を漂わせていますが、二人の恋愛は純情です。攻めの男の子がいい子すぎて…。
他の方もおっしゃっていましたがこれはオメガバースの要素がなくてもいいんじゃないかなと思いました。

1

表紙も帯もエロいけれど

とらのあなさんで開催された『オメガバース作品3タイトル発売記念フェア』に乗っかって、「蛇のセイカツ」と一緒に購入してみました。

さて内容をざっくりと。スミマセン、ネタバレしてます。


良家の子息である日下くんの通う高校に、ある日水谷くんが転校してきます。儚げな雰囲気を持つ彼のことが気になり、出来心でバイトに行くという彼の後をつけていくと、そこは風俗店で。
風俗店で働いていることを内緒にしてほしいと口止め料としてフェラしてくるのですが、そういうところで働く水谷くんのことが気になり始め…。

というお話でした。

二人の通う高校の先生(こいつがクズ)や、友達たちも惑わす小悪魔的な魅力を持ち、自分のことは語ろうとせず身寄りもいない水谷くんに、良家のお坊ちゃんで世間知らずな日下くんがどんどん溺れていく様はすごくリアリティに溢れていました。

水谷くんの過去に大きく関わっている日下くんのお父さんの件ですが、いまどきこんな時代錯誤な話はないよな…、と思いつつ、α・β・Ωといった階級が存在する「オメガバース」ならではのバックボーンが生きています。
一目見ただけで惹かれあ続きう、都市伝説とも言われている「魂の番」。彼ら(誰の事なのかは読んでからのお楽しみということで)の間にはあったんだな、とちょっと萌えた。

表紙も帯もエロエロで、でもそれらを裏切る二人の純愛が非常に良かった。だがしかし、この帯はリアル書店ではレジに持って行きづらいよ…、と老婆心ながら思ったりもしました。

あと表紙をめくってすぐのカラーの扉絵。これ、すごく良いですよねえ…。二人の表情も、首輪のカギを外そうとしている姿も。これから幸せになってね、と願ってやみません。

5

絵が最高に好み

とにかく純情でまっすぐな攻めと
打算的で、でも計算通りにはいかない、純情な受け
受けがとにかく美少年で、性的な魅力の強い少年ですが、
最後はもどかしいくらい綺麗な関係に終わるのがすごくよかった。

あとお母さん?が個人的には好きです。
美人薄命ってこういうことなんだなと・・・

0

矢張りオメガバースの魅力がよくわからないのです。

女体化は本当苦手だし、オメガバースは地雷臭しかしないので避けていましたが、何となく好みそうな話なので購入。
ああ、こういうお話、好きですー。
濁を描いて、清を表現するような。
しかし、矢張りオメガバースの魅力がよくわからないのです。
喫煙室に自ら入って、煙い!タバコ嫌い!って叫んでる行為と同じなのは承知してますが、この話にオメガバースの設定がなくても良かったんじゃないかしら?
そうすると水谷ママは女性になりますが、別にそれは問題ないような。
特殊設定抜くと、結構王道なお話ですよね。王道、好きです。
そういう意味では、日常ものにオメガバースってなんかとってつけたようになるから合わないような気がします。
活かせる話なら、面白いのかもしれないですね。
私は日常BLが好きなので、オメガバースはもういいかなあ。
もう一冊別の作家さんの漫画を一緒に買ったので、そっちも読んでみます。

そして今気付きましたが、あらすじがかなりのネタバレなんですが(汗)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ