ひとりぼっちの可愛い大人に恋をした――。

ワールズエンドの庭

world's end no niwa

ワールズエンドの庭
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×29
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
75
評価数
20件
平均
3.9 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784861348280

あらすじ

春から一人暮らしを始めた大学生の司は、隣のお化け屋敷のような古民家に住む翻訳家のおじさん・上松と知り合う。
四季折々の花が咲き乱れ、瑞々しい野菜がなるおじさんの庭に惹かれ、一緒に縁側で過ごす時間に幸せを感じ始める司。
そんな時、上松には忘れられない大事な存在がいることを聞いてしまい…。

表題作ワールズエンドの庭

武藤司(テクノ) はじめて独り暮らしをする大学生
上松葵(おじさん) 翻訳家 

評価・レビューする

レビュー投稿数6

おっさん?

初読みの作家さんです。
あらすじを読んで購入。おっさん受け(うほうほ)
しかし読んでもおっさんが出てこない。
まさか!?この表紙の人がおっさん!?ばかな!
ヒゲ生えてますけど、まったくおっさんに見えないので、おっさん受けが好きな方には合わないかもしれません。
お話は読みやすく、ほんわかしてました。
ただ、おっさんである意味があったのか?
攻めの子よりもかなりきゃるんとした顔なので、重要なところなのにここは間違えてしまったとしか。
普通のお兄さんでよかったですよね。

読みやすい分色々使い古されてる感じで、正直残らないのが残念。

1

もっと読まれるべき!

初読みの作家さんだったのでドキドキで読みました。
結果とても良かったです。レビューも評価も少なすぎると思います!!もっと読まれるべき作品だと思います。

まず、このお話のほわわんとした雰囲気がとても魅力的です。キャラクターも可愛いし、絵も可愛い。受けの葵さんのお家のお庭も素敵です。作品が持つそうゆう和やかな雰囲気が、先生の絵柄にとても合っていて、いいなぁと感じました。

お話は、大学生の純粋まっすぐな男の子と、ピュアな心を持つ可愛いおじさんの恋物語です。攻めのテクノ音楽好きのテクノ(あだな)は、若々しくて、でも飾り気が無く、本当にどこにでもいそうな若い青年という感じでした。決して健気なわけではないのですが、素直でバカっぽい魅力的な男の子です。一方、受けの葵さんは見た目とても幼いですが、30歳のおじさんです。昔同棲していた彼氏が亡くなってから、元気の出ないおじさんです。そんな彼に、猛烈にアタックしていくテクノ。葵さんは、昔の彼に大切にされていたようで、罪悪感を持ちつつテクノに惹かれていきます。葵さんが年上の彼氏に本当に箱入りのように大事に大事にされていたことが、彼の純粋で愛され続きたがりのところに伺えました。そこに、若さだけで突っ込んでいくテクノが清々しいです。

とても優しい気持ちになれるお話でした。この作家さん、注目して今後も応援したいです。

2

30歳、おじさんか

あまーいお話で、私は好きです。
マンション暮らしの今時の若者が庭に惹かれ、畑仕事をして、猫に触れ…と言う流れが、なんかわかると言いますか。
もちろん、庭には、そこに住む人の性格が出てきますから、テクノがそこに通いだしたのは単に自然に魅せられたわけではなく、そこに住むおじさん込みでの空間が居心地がよかったのでしょうね。でも、お互いに居心地がいいなという関係から、お互いの知らない世界や友達関係に嫉妬したり、笑顔がみたいなと思い始めることによって少しずつ自分の気持ちに気づいていく感じとかが丁寧に描かれていて分かりやすかったです。
初めて同士じゃないなんて、よくあることですが、主人公カップル以前のそれぞれの恋愛とかはあまり聞きたくないので、私的にはこのくらいのさわりだけの説明で十分でした。

くっついた途端に3年間の遠距離になってしまいましたが、それぞれがやるべきことをやって信頼して待っていられる関係というのも好きですね。

1

自然に囲まれた二人のお話。

初めて読む作者さんでしたが、とても読みやすく可愛らしくて心温まる作品でした。
お金持ちの家に生まれ、超人工的な暮らしをしてきた司(テクノ)が初めて一人暮らしを始め、広い庭を持った隣人の”おじさん”と出会い、二人の関係も始まっていくお話。
”おじさん”は過去に恋人を亡くしており、テクノと出会ったことで過去と向き合い前を向く姿に心打たれました。めげずに何度も”おじさん”に想いを伝えるテクノも男らしくてカッコ良かったです。

ただ、”おじさん”があまりに可愛らしく幼い印象を持ちました。正直、”おじさん”には見えないです。30過ぎ?の設定のようですが、どう見てもテクノと同年代…無理矢理”おじさん”もしくは”年下攻め”設定にしなくても良かったのでは?と思います。

また、3年間離ればなれだった時の様子や、3年後再会してからのエピソードももっと読みたいなぁと思います。
先生の次回作にも期待させていただきます!

3

微妙な糖衣錠

非常に申し訳ない物言いですが、本作は
版元を間違えてしまっている気が致します。
可能な限り作風とレーベルの気風を
寄り添わせようとはなさったのでしょうが、
その努力を他の所に向ければまた違う
選択肢を見出せたのではないかと。
帯とタイトルが内容の殆どを言い表している
状態と言うのは、正直よろしくない感じですね。

作品としてはあっさりと読めます。
実に癖なくあっさりと読めます。
だから多分油断してしまうかも知れません。
この作品が普通に甘い作品なのだと。

5

前作のほうが好きです。

前作DEAR クレイジーモンスターを読み、どこか矛盾や非現実さ粗削りさを感じながらも、この作者さんは伸びるかも!と期待していました。(何様)

結論。この作品ではそれがみられず逆に前作より粗を感じて残念です。

まず、攻めのテクノくんですが、テクノというあだ名は語呂もいいし可愛いのですが由来となった音楽が全く活かされず小道具にもなっていません。ただ可愛いあだ名をつけるがためのこじつけとしか見れずガッカリ。

受けのお隣に住む翻訳家の先生。まだ30というのもありますが、全くそうは見えない…むしろテクノくんより幼く見えて折角の年上設定が全く……性格も行動も幼い……年上にする意味があったのかさえ疑問に思えてしまいます。

受けのおじさん(あだ名)は年下が苦手→こちらも取って付けたような印象。もっと掘り下げたエピソードが欲しかったです。

受けの過去の彼氏について→うーん。BLだと何度目の理由だろう。

受けの編集者→結構絡んできますけど、受けの説明係?都合よく進めるための進行役?もう少しこの女性も設定が欲しかったです。


背景の歪みや粗さなども気になってしまい続き、そちらに目がいきもったいないな、と感じてしまいました。折角、庭をテーマにされてるのに…


展開はふわふわしていて好きではなかったのですが最後、テクノくんのプロポーズが可愛かったので中立に。


絵柄は好きです。

次作は期待も込めて様子見にさせていただきます。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ