俺より長生きするんだろ、琥珀……。

狐の婿取り-神様、危機一髪の巻-

kitsune no mukotori

狐の婿取り-神様、危機一髪の巻-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×26
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
64
評価数
14件
平均
4.6 / 5
神率
57.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥890(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784773088038

あらすじ

「こはくさま、げんきになるよね」
狐神の琥珀は医師・涼聖と結ばれ、チビ狐の陽と三人で仲睦まじく暮らしていた。
村に雨が降らない日が続くことを不思議に思っていたが、それはやがて集落の人々にまで影響を与えるように。
そして、意を決した琥珀が雨乞いの舞いを踊った時、一撃の雷によって琥珀の魂は引き裂かれてしまう。
肉体はかろうじて留められたものの、訪れない目覚めの時。
涼聖は琥珀を救うため、災いの元凶がいると思われる沢に向かうが――。

表題作狐の婿取り-神様、危機一髪の巻-

香坂涼聖,診療所の医師
琥珀,幼い妖狐・陽と暮らす狐神

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

やっと事件が!?

シリーズ第4弾。
今までまったりほのぼのハートフルな日常話のシリーズでしたが、ここにきて漸く事件らしい事件が起こりました(笑)
とはいえ、間に絶妙なギャグが入るので、そこまで重々しくならずに楽しめます。

今回の新しい登場人物は涼聖のご先祖にあたる座敷童のなりかけシロちゃんと、龍神さまという名のタツノオトシゴです。
日照りが続いて村の住人が次々に体調を崩したり、陽ちゃんの大事なおかしが度々消えたりする怪奇現象が起こったり。
あまりに雨が降らないので雨乞いをしてみたら、琥珀が雷に打たれて尻尾を沢山失い、魂がバラバラにされて狐の姿に戻っちゃったり。

犯人の龍神さまにもの申すため、伽羅、橡、涼聖、陽ちゃん、シロでパーティ組んで、ちゃんちゃ、ちゃん、ちゃん、ちゃん、ちゃん、ちゃんちゃ~ん、ちゃんちゃちゃ~ら……とドラ○エよろしく山奥の沢に冒険に出掛けたりと、まぁ忙しいこと!
陽ちゃんの初期装備の鍋の蓋とすりこぎは全然役に立ってないけど、何かもう可愛いから何でも許せちゃうよねというお決まり展開。
今回も陽ちゃんの可愛さ大爆発で、このシリーズの主役は陽ちゃんだと勝手に思ってま続きす。

最終的にはめでたしめでたしなので、安心して読んで頂いて大丈夫です。
涼聖と琥珀のラブイチャも楽しめますし、モフ成分も補給、橡んところのアルビノちゃんも淡雪という素敵な名前が与えられ、非常に楽しめました。

0

攻めが頑張ってくれました!

番外編である『狐の婿取り2.5』未読です。微妙に分からない所はありましたが、ほぼ問題なく読めました。

シリーズ第四弾であるこちら。前作ではちみっこの存在感が強すぎて、主役二人の影が薄いと感じましたが、今作では頑張ってくれました! 特に攻めの涼聖さんです! 脇役に至るまで大変個性的なメンバーなので、まともで常識派である彼は、なんだかかわいそうなくらい影が薄かったのですが、今回は大活躍でした。やっぱり攻めは受けの危機に颯爽と立ち上がってくれないとね!!


今までは多少の波乱はあれど、ほのぼの&イチャイチャが基本でした。しかし今回は後半から結構なシリアス展開です。きっかけは村に雨が降らなかったり、食べ物が無くなるという不穏な展開です。

主役二人がイチャイチャしたり、橡が弟の赤ちゃん健診に訪れたりと、前半はほのぼのと進みます。相変わらず陽ちゃんも可愛らしく、タロイモの葉っぱと河童のぬいぐるみをふりふりしながらの雨乞いは悶絶ものです。この陽ちゃんの雨乞いでほんの少し雨が降った事から、琥珀が本格的な雨乞いの儀式を行います。すると雷が落ちてきて、琥珀の魂がバラバラになってしまうん続きですね。今までに無いシリアス展開で、「どうなっちゃうの!?」と手に汗握ります。

そこでいつもは影の薄い涼聖の出番です。災いの元凶は沢に居る龍神だと分かり、琥珀を助けるために立ち向かうのです。ここが非常にカッコイイんです!! 烏天狗である橡や、妖狐である伽羅が行くと言うのに「琥珀をあんな目に遭わされて、黙って待ってるなんて出来ない!」と一緒に向かう所に男気を感じます。ちょっと無謀かもとかチラッと思いもしますが…。しかし人間である事を差し引いても妖気に鈍い特性を生かして、知恵と勇気で龍神を捕獲します。さんざん存在感が無いとけなして来ましたが、ここでのかっこよさに一発でノックダウンでした(//∇//)

その後はいつものほのぼの展開で、龍神がただ癇癪を起こして拗ねてるだけの、割とカワイイ神様だったり…。この作品のいい所は、みんないい人(神様?)ばかりで悪い奴が出て来ない所なんですね。
そして、これまた割とあっさり琥珀が目を覚ましたりと平和展開です。都合良すぎだと思われる方もおられるでしょうが、この作品はこれでいいのです!!

エッチで妖力を回復するという設定のため、目を覚ましてからの甘々も楽しめました。二人の絡みは、ツンデレ気味の琥珀が、エッチの時に非常に恥ずかしがるのが破壊力抜群です。そして涼聖が「可愛い」を連呼するという胸焼けする甘さです。毎度ワンパターンではありますが、安定した甘さでした( ´艸`)

続編も楽しみです!

2

ほのぼの甘め

狐の婿取り3巻です。

涼聖たちがいつものように自宅で団欒していると、突然地震が起こる。その後どういうわけか雨が降らなくなった村では、お年寄りが次々と体調を崩してしまう。ただの熱中症ではない雰囲気に、不審に思った琥珀たちだが、一先ず雨が降らないことには問題が解決しないと判断。琥珀が雨乞いの儀式を執り行うことに。
だが、その途中で妖力を何者かに奪われ、琥珀は意識を失う。

今回の萌えポイントは、陽の雨乞いでした!この場面の挿絵は是非ともカラーで見たかったです。あと、立烏帽子に水干姿の琥珀も凛として、美しい…。琥珀は涼聖とのセックスによって妖力を得られるという、とてもBLらしい設定です。意識が戻ってすぐHしてたけど、尻尾はすぐ三本にはならなかったのかなー。

5月には新刊が出るみたいなので、今から楽しみです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ