Medianoche Gate

medianoche gate

Medianoche Gate
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
        
イラスト
    
媒体
小説(同人)
サークル
Medianoche Gate制作委員会
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
92ページ
版型
B5

あらすじ

BLホラー。同名DVDと同時発売の同人誌。遊園地を舞台にしたオムニバスストーリーのSSと漫画、佐々木禎子氏の動画作成日記など。

表題作Medianoche Gate

評価・レビューする

レビュー投稿数1

DVDの後に読んで欲しい

内容は、
・動画ができあがるまで(佐々木禎子)
・DVDでも使用されたテキスト(小説)と描き下ろしの漫画
・書き下ろし小説「EXIT -CAUTION YOUR HEAD-」(榎田尤利)
・動画製作番外編(佐々木禎子)
・あとがき(全員)
でした。

・動画ができあがるまで(佐々木禎子)
Medianoche Gate制作委員会の代表者である佐々木禎子様が、発起人として完成までの奮闘の経緯を9ページで簡単に語られています。
第三話「観覧車」のSSを書かれたSAKODA様は加倉井ミサイル様のアシスタントさんだったとか、キスシーンは入れるように指示したとか、イラストを頼むのに難航したとか、裏話が興味深かったです。

・DVDでも使用されたテキスト(小説)と描き下ろしの漫画
順番はDVDと違えてました。DVDと同じ内容は省きます。

「horror house」ことき(漫画)
2ページ。待ち合わせして、ホラーハウスに入る前の場面。次の小説へ続く感じが良かったです。

「ホラーハウス」 秋津京子、ことき(イラスト)
イラストはポストの前でたたずむコウヘイで続きした。

「ミラーハウス」佐々木禎子
「どこにいても君を」渡空燕丸(漫画)
4ページ。アサトが「ミラーハウス」のマヒロとの待ち合わせ前に見た夢の話。ギャグテイストながら、小説の不気味さも残してます。

「ジェットコースター」榎田尤利
「fall(in love)」深井結己(漫画)
8ページ。「ジェットコースター」のトキからの話です。小説の後に描かれたと思うのですが、アサトの飴玉が小道具として見事に使われてます。このお二人の作品だけで「神」になる出来栄えだと思いました。

「観覧車」SAKODA
加倉井ミサイル様のイラストはなし。ゾンビだから?(笑)

「コーヒーカップ」
高久尚子様のイラストはDVDと同じものでした。

「メリーゴーラウンド」神奈木智
「約束」加倉井ミサイル(漫画)
5ページ。入院中のアサトに、ユキヒサが遊園地に連れて行くと約束をする話。

・書き下ろし小説「EXIT -CAUTION YOUR HEAD-」榎田尤利
「メリーゴーラウンド」の序盤に登場するピエロの目線です。ユキヒサやタカシが入るのを横目に、ピエロは道に迷った40代の男の相手をします。話している途中で、男は大学時代の友人で、自分の最初で最後の恋の相手だと気がつきます。男を助けるために、ピエロは「ミラーハウス」で登場した双子に教えてもらった出口へと走ります。双子に首が飛ぶよと予告されましたが、ピエロは男を出口へと突き飛ばします。そして自分の首は空へ飛び、鳩が高く運んでいきます。さようなら、皆様ごきげんよう…

・動画製作番外編(佐々木禎子)
2ページ。ニコニコ生動画の話。

・あとがき(全員)
全員のコメント。お三人はイラストいり。

DVDではラストである「ホラーハウス」を、冊子では冒頭に持ってきた理由は、最後の「EXIT」があるからなのだと思いました。読み終えて、DVDの1つ(ラスト)はハッピーエンドにして、後日談でバッドエンドに落とすと言われていた佐々木様の当初の案と反対の印象を受けました。ピエロは幸せなのだから、バッドじゃないって信じてます。見事なエンドでした。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ