「明日はきみと笑うシャラララ」書き下ろしペーパー

asu wa kimi to warau shalalala

「明日はきみと笑うシャラララ」書き下ろしペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
明日はきみと笑うシャラララ

商品説明

A4両面印刷、一般書店特典SSペーパー
配布状況は各店舗に問い合わせ要
ホーリンラブブックス、コミコミスタジオでも貰えます
なくなり次第終了

タイトル:サマーコンプレックス
広川視点の後日談。
一ヶ月後に誕生日を迎える片山だが、祝われることに乗り気でない様子で…‥

評価・レビューする

レビュー投稿数1

幸せの形

A4サイズの紙に裏表印刷のペーパー。
広川視点のエピソードです。

七月二十五日。
片山の誕生日の一ヶ月前ということで、
「おめでとうございます」
と、律儀に片山を祝う広川。
「月命日か!」
とノリよくツッコむ片山ですが、あまり誕生日を祝われたくない様子。
「失くすものの方が多いねんから、誕生日なんろくなもんちゃうわ」と。
命の尊さをよく知る片山がなぜ、と不思議に思いつつも、お互い仕事で忙しく過ごすうち七月が過ぎ、八月も半ばに。

ある日の早朝、
仕事終わりの片山から電話がかかってきて、
細い声で『……会いたい』と。
「十五分で行きます!」
と自転車を走らせながら、ふと見たガソリンスタンドの電光掲示板で、広川は今日が何の日か思い出します。
八月二十日。片山の相方の命日だと……

ろくに言葉も交わさず抱き合って、寝ている片山に朝食を作り出勤して。
その夜、帰宅した広川は、広川の部屋で一日中ネタを書いていた片山に、書店で買ってきた大量のガイドブックを見せます。
広川からの誕生日プレゼント。
旅行がプレゼントということではなく、冬は一緒に雪を見て、続き次の夏は海へ行こうという、ずっと続く"約束"をプレゼントしたいのだと……。

広川の優しさに、それを笑顔で受け入れ
「メッチャ嬉しい。完璧。好き」
と抱きつく片山に、
とても温かい気持ちになれるお話でした。
大切な人を失った悲しい思い出は、ふとした瞬間何度でも蘇ってしまうものですが、広川がいればきっと片山は大丈夫。

二人の穏やかな未来を暗示するような、素敵な後日談でした。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ