デンパ男とオトメ野郎 書き下ろしペーパー

denpaotoko to otomeyarou

デンパ男とオトメ野郎 書き下ろしペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
22
評価数
5件
平均
4.4 / 5
神率
40%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
デンパ男とオトメ野郎(但フェア店購入時のみ)

商品説明

文庫発売記念
フェア店限定配布書き下ろしペーパー
本編後、多忙な日々を過ごした西村がやっと柏木との時間をもてたある夜の出来事です。

評価・レビューする

レビュー投稿数2

デンパ、受信しました

「日常」で一ヶ月半ぶりに濃密にエッチした後、柏木のマンションでのお話です。
シャワーを浴びたデンパ、こと西村は事後で汚れたシーツを洗濯機に入れている柏木に「クリーニングに出せばいいんじゃないか」と、のたまいます。
どうやら西村は下着まで全部クリーニングに出している模様。チラチラそんな感じを匂わせていましたが、超セレブな育ちであることは、もう確定です。
「家事もできないと呆れたのか」
と言う西村に、
「そういうアンタが好きなわけだし」と柏木。
いーいですねー。そしてもう一回戦に突入、力が入った西村はタオルハンガーをぶっ壊してしまいます。
どうすんだ、これ!と青くなる柏木に「公安の蛇」の考えで、同居への策略を巡らせる。そういう感じでありました。

2

護りたい

西村が、本編の最後「日常」で触れられた、西村の上司・理事官の遠藤の柏木を庁内協力者にできないかという目論みから、何が何でも柏木を護り抜くという決意を改めて自分の胸に刻みつけるお話が、
濃厚なエロエロな行為の、ひとしきり終わったインターバルに一瞬挟まれて、いい話になって終わるかと思いきや、
結局また、第何ラウンドかに突入するという、
本編と同じく、いや、それ以上に、エロばっかりのおまけストーリーでした。
いくらたまにしか会えないからといって、こんなにいっぱいやっても、まだまだ足りないって、お互いに体力がありすぎるのがいけないのか。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ