デンパ男とオトメ野郎 コミコミスタジオオリジナル書き下ろ小冊子

denpaotoko to otomeyarou

デンパ男とオトメ野郎 コミコミスタジオオリジナル書き下ろ小冊子
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

84

レビュー数
1
得点
13
評価数
3件
平均
4.3 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
KADOKAWA
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
デンパ男とオトメ野郎(但コミコミスタジオ購入時のみ )

あらすじ

文庫売記念・コミコミスタジオ購入限定特典書き下ろし小冊子
本編終了後のラブラブ後日談♪
西村に呼び出されて向かった一時の逢瀬を柏木視点で。

表題作デンパ男とオトメ野郎 コミコミスタジオオリジナル書き下ろ小冊子

西村和巳,警視庁公安総務課の管理官
柏木聡,警視庁刑事部鑑識課の警部補

評価・レビューする

レビュー投稿数1

エロエロ・甘々な二人

コミコミスタジオさんで購入すると特典でいただける書き下ろし小冊子です。読んだのはだいぶ前なのですが、『デンパ男とオトメ野郎』の続編にあたる『溺愛オトコと純愛ヤロウ』が発売になるとのことで再読してみました。

A4の紙3枚を真ん中で折ってつくられているA5サイズの大きさの小冊子で、表紙・裏表紙合わせて12Pで、小説部分のページは7P。

さて内容をざっくりと。すみません、ネタバレしてます。


時系列としては本編の後。聡視点で書かれています。

今までは過去の恋愛のトラウマから恋人は作らず好みの男とその日限りのセックスを楽しんできた聡ですが、和巳と恋人同士になってからは貞操を守っている彼。
その日も行きつけのゲイバーで一人飲んでいた聡ですが、彼のもとに1通のメールが届きます。

『三〇二五』とだけ書かれたメール。
いつも、和巳から届くメールにはホテルの部屋番号か、彼の名前だけが記されていて。けれど、そのそっけないメールには和巳なりの気遣いが溢れていることに気づいた聡は…。

というお話でした。

小説部分は7Pですが、濡れ場は正味4Pほど。エロエロ・甘々続きな空気満載な小冊子でした。

久しぶりに会った和巳に『10回イカせろ』と煽った聡と、恋人をメタメタに甘やかしたい和巳の思惑が一致して何とも甘い空気が流れています。

本編でもそうでしたが、非常にエロエロしい濡れ場を描かれる作家さんなんですよね。
そして、エロいだけではなくて、聡の、ツンデレの陰に隠された恋人への一途な想いを秘めた乙女心だったり。
和巳の、天然ちゃんでありながら内に秘めた聡への深い愛情があったり。

そういうところもきちんと描き込まれているので、二人の相手を想う気持ちと、エロさが相まって、非常に甘々な内容でした。

この甘々な二人に、続編の『溺愛オトコと純愛ヤロウ』では何やら不穏な空気が流れるようなので、そちらもすんごく楽しみです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ