この男、ヤクザの情夫につき。

ふらちな刑事さん

furachi na keijisan

ふらちな刑事さん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×210
  • 萌10
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
125
評価数
31件
平均
4 / 5
神率
35.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
茜新社
シリーズ
EDGE COMIX(エッジコミックス・茜新社)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784863495395

あらすじ

刑事の岳田逸生(たけだ いっせい)は、暴力団の組織を壊滅させるために、
ヤクザの伊志井卓(いしい すぐる)から身体と引き換えに内部情報を受け取っている。
「恋人や特別な人を作らない」というポリシーを持つ岳田が、伊志井の情夫になった理由はーー。
著者初のBLコミックス、満を持していよいよ登場! !

表題作ふらちな刑事さん

伊志井卓,チンピラヤクザ,27歳
岳田逸生,正義を愛するインモラル刑事,27歳

同時収録作品ふらちな刑事さん

西田昭,ヤクザの上役,伊志井の同級生,27歳
岳田逸生,刑事 / 伊志井卓,チンピラヤクザ

同時収録作品番外編 西田の恋

西田昭,ヤクザ
幹,ヤクザ,直参,高齢

その他の収録作品

  • inter mission 1
  • inter mission 2
  • 後日談 ふらちな巡査さん(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数4

刑事さんのきっちりセットされた前髪が乱れる

刑事さんはノンケなはずなのに、男同士のセックスにあまり動じずに、体の繋がりに関してはサクサク進んだのが面白かったです。
そういう描写から、サバサバしてるキャラクターなのかなと思ったのですけど、読み進めていくうちに刑事さんには信念があることがわかってゆきます。
が、体は男同士のセックスに堕ちてゆきます…。
ストーリーが面白いので是非読んでみてください。
ヤクザモノの重たい空気が出ているのがよかったです。チャラさがないところが

0

ヤクザと刑事のせめぎ合い

ヤクザの伊志井(攻め)は、ある日刑事の岳田(受け)から「自分の情報提供者にならないか」と持ちかけられた。ふざけて「あんたがケツを差し出すなら」と言ってみたらあっさりOKされ、なかば成り行きで身体と引き換えに情報を売る関係に。組を裏切る危うさと、徐々に芽生えてくる情にがんじがらめになる伊志井だったが…。


正義のためなら平気で身体も差し出す刑事受けと、ヤクザのくせにお人好しな面のある攻めの話です。
刑事受けが体格のいい細マッチョで、攻めのほうが小柄なカプです。受け攻めのあいだではリバはありませんが、それぞれ他の人とヤッたり、ヤられたりはしていますので、そういうのが苦手な方はご注意ください。

なかなか読み応えのある、ダークサイドな作品でした。1冊まるまる表題作です。
受けが、自分の身体を使うことを屁とも思っていないタイプなのが面白いです。正義のためなら、と書きましたが正義漢というのともまた違う感じで、どこか欠けたところのあるつかみどころのないキャラです。かといってクールなわけでもなく、攻めと寝てるときはデレデレだったり。
どちらかといえば、ヤクザである攻めのほうが真っ当続きな人間なのかなと思います。ヤクザを無自覚に振り回す受け…萌えます。

そのままハッピーに展開するわけもなく、途中痛い場面もあるのですが、最後は割とほのぼのな終わり方でした。神評価をつけようか迷ったのですが、ほのぼのな終わり方にちょっと「えっこれでいいの⁉︎」と思ってしまったので萌×2評価に。ダークな終わり方で、わずかに希望は見える、くらいのほうが作品としては完全だったのかなと思います。まあほのぼのはほのぼので、胸も痛くないし安心して読み終われたんですが。

3

たしかにふらちだけど…

だいぶ前にpixivに掲載してあるのを読んだことがあり、まさか連載していたとは知りませんでした。
たしかpixivのはけっこうギャグテイストだったような記憶が…
コミックスのほうはけっこうシリアスでどぎつい内容アリで、好みが分かれそうな気がします。
pixivのは面白くて一気読みした覚えがありますが、コミックスはう〜ん、キャラに感情移入できなかったのもあり個人的には萌えなかった。
エロがいっぱいだったので、萌評価にしましたが。

チンピラヤクザ×インモラル刑事
受の岳田が“S”として選んだのが、潰そうとしている組の構成員である攻の伊志井。
胡散臭い笑顔で近づいてきた岳田に、伊志井は「ヤらせるなら」と勢いで言ったら、岳田はアッサリOK。
そこからふたりのギブアンドテイクの関係は始まります。
身体の相性が最高に良く、快楽に溺れるふたり。
当然セフレ以上の感情も湧いてきます。

ふたりの関係に気づくのが、組の幹部で伊志井の同級生でもある西田。
この西田が登場したころからふたりの関係が危ういものになってきます。
そこからは暴力、強姦、輪姦ナドえげつない行為がありま続きすが、最後はいちおうハッピーエンド。

しかしこの受の刑事さん、ヤクザに言われて簡単に処女を差し出すし、すぐ男に掘られるのにハマるし、隙あらばムラムラしてるし、
かと思えばクールで現実的で少し残酷なところもある。
攻に好意があるかと思いきや、攻のことを面倒に思いつれなくしたり。
西田達ヤクザにクスリ打たれて輪姦されてもへっちゃらだし。
身内の警察に裏切られても冷静。
んで、最後に攻と離れ離れになり涙を流したところでやっと少し人間らしさが見えます。
攻曰く『強靭』なのですが、強靭通り越してちょっと理解不能。
もうちょっと攻のことを好きでしょうがないってところを見せてくれたり、理性と欲望の狭間で葛藤とかあったらBLとして萌えたしキャラに感情移入できたかな。
つかみどころのない刑事さんでしたね。

逆に攻の伊志井は、それでヤクザやってけんの?ってくらい脆いところがありました。
ヤクザらしいことをやることはやるんですけど、惚れた弱みでしょうか刑事さんのために危ないことをして、振り回されて最後まで右往左往してましたね。
ただ見た目が若すぎて…刑事さんとタメなのに高校生のヤンキーに見えた…。

いちばん好きなキャラは西田です。
こいつは一貫して残酷で暴力的でイかれたキャラだったので、いちばん魅力を感じました。
攻も受もレイプするし、あげくには番外編で幹部のジジイを犯すまでに!しかもジジイに恋してたのか…⁉︎
この西田で長いお話見てみたいなぁ。

あとがきで、言動と感情がちぐはぐしてる感じが書きたかったとありますが、それはちゃんと描かれていたと思います。
でも、ちぐはぐすぎて個人的にはちょっとはいりこめなかったかなぁ…

4

エロ多めでエグさあり

なかなか激しい内容のデビューコミックでした。
チンピラヤクザ × 刑事 のお話です。
BL界では、ヤクザ攻め=痺れる格好良さ!ってことが多いですが、
これはそういう感じでは全然ないのが新鮮でした。


出会いは、刑事の受け(表紙の人)が、
アナタの組を潰したいから、ボクの情報屋になってほしい、と、
ヤクザの攻めにバーで声を掛けて…というもの。
あまりに突然でイラッときて、
「オレのチ○ポしゃぶって、ケツにぶち込ませてくれんならいいぜ!」
そう攻めが答えたら、そんなことでいいのなら…と、
受けはゲイでもないのにあっさりOK、そしてホテルへ…

男相手は初めで、鍛えててしっかり筋肉のついた受けが、
攻めに言われた通りに「気持ちよくなる…」と思いながら抱かれて、
頬を染めて感じてる姿はなかなか色っぽいです。
だけど、事が終わるとケロッとして、「正義のためですから」と。
そんな受けを見て、
関わらない方がいいと思いつつ、ハマっていく攻めのヤクザ。
組の情報を流しては、体を繋げて…を繰り返して……


駆け引きのように、本心を知られまいとしているせい続きで、
快楽は共有しつつも、なかなか心の距離は縮まらないところとか、
時々コミカルさを挟んで和むところが、いいな~と思いました。

でも、チンピラヤクザの攻めが、
家出少女を連れて行って、売春をさせてたり、
借金のカタに女をソープに落として、監視がてら自分も通ったり、
受けが朝までヤらせてくれないからと、
店で働き始めた未成年の女の子にプレイとしてウ○コを食わすとか、
実際に描写があるわけではないんだけど、
そういうことをする人…っていうのが、どうにも嫌悪感が…

そして、攻めがヤクザの上役に突っ込まれて、
泣きながら受け役になったり、
受けが薬を使われてヤクザたちに輪姦されて、
沢山の攻めとヤってるという幻覚を見ながら楽しそうにセックスして、
その姿を攻めが見てしまったりと、なかなか激しい展開があります。
もちろん、暴力シーンもあり。
受けがへこたれないので、そんなに悲壮感はないんですが、
その後のハッピーエンドとあまりに温度差がありすぎて、
ちょっと尻の座りが悪い感じがしてしまったな…

刑事だった受けが、体を使ってヤクザから情報を得ようとしていた、
その本当の理由にも、ちょっと肩すかしな感じが…

でも、キレイ事でまとめないで、
キャラの人間味とか弱い部分を描こうとしているところとか、
エロシーンから感じられる熱とか、全体的な勢いとかは、好きです。

短い番外編では、
脇役のヤクザが、高齢の枯れ木のようなおじいちゃんを、
首を絞めたりして、手酷くヤる(同意あり)シーンもあったりして、
相変わらず激しいんだけど、その後の切ない余韻は素敵でした。

次はどんな作品を描いてくれるのか、楽しみです。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ