さよなら一顆

sayounara ikka

さよなら一顆
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×228
  • 萌14
  • 中立6
  • しゅみじゃない7

288

レビュー数
12
得点
215
評価数
66件
平均
3.5 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784403523908

あらすじ

中古金属買取店に勤める座波。心がないと同僚にも言われる座波だが、婚約指輪を売りにいた矢神という無表情の男のことが妙に気になって・・・?

表題作さよなら一顆

座波榛名,中古金属買取店「百顆」勤務,27歳
矢上比呂,大手飲料メーカー勤務,バツイチ,30歳

その他の収録作品

  • またきて一過
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数12

初めての恋に翻弄される

数詞の『顆』を初めて知り勉強になりました。

訳ありな矢神の背景が明かされず気になりました。
どんな育ちをしたら矢神のような男ができがあがるのか
対人スキル低すぎ、空気が読めない天然な純情さんです。
それでいて粘着質のところがあったり…。

突拍子もない出会いや事件や極悪人もいない話です。
ゲイでもないのに同性に惹かれていく段階が自然で
ほんとにあるかもと思わせる大人の恋の物語でした。

笑える座間語録がツボでした。
ホテルのベッドの上で、すぐ体許しちゃうのは嫌、とサッカーに例える不思議
「両思いになっちゃったと」という座間がかわいかった
電気つけたままするのが嫌なら、暗くしてもっと恥ずかしいことする

0

言葉の魔術師。

はぁ〜〜〜。すっごく素敵な表紙だと思いませんか?
私はまず表紙に一目惚れでした。
眼鏡の男性を愛しげに見つめる視線。二人のシルエットに重なって、
夜のネオンの街並に溶け込む宝石と夏みかん。
ただただ華やかなだけではない、銀座というより有楽町とか新橋寄りの、
大都会だけどほんの少しだけうらぶれた雰囲気。
そこへきて、このタイトルです。非常に想像力を掻き立てられました。
一穂さんと草間さんのタッグだし、もう間違いないだろうと。

結果。ナイス先見の明、私!でした。
私は作者買いの作品でも、主に収納場所による事情で、
基本的にレビューを吟味してからようやく購入に至るのですが、
こちらは上記のような理由で、書影が発表されてから発売日を心待ちに。
で、買ってすぐに読んで、中身にもはぁ〜♡♡♡となって、
今までもう10回以上再読しています。

そして。ふとレビューを見てみると。
ん?
自分評価と皆様の評価に乖離があるのに気付き、
一穂さんの作品の伝道師(イヤ。ほぼ伝導していませんが気持ちは…!)
としては黙っておられず、レビューさせていただいた次第です。
続き
ものすごく長い前置きで申し訳ありません。さて。
ストーリーは皆様が既に書いてくださっているので、
個人的なお気に入りシーンをご紹介させていただこうと思います。

<その1>
物語中盤までは分かりやすい色気はほぼ皆無です。
とは言え、座波が矢神を特別に感じていく様子は
かなり最初の方からちょいちょい伝わってくる。
例えば、『湿舌』という気象用語のエピソードで、
読者は座波の気持ちがほのかな性欲を孕むものだと気付かされます。
一穂さんはご存知の通り、引用やダブルミーニングを用い、
非常に印象的な言葉まわしをされる方ですが、
この作品では、台風を中心としたお天気用語ですね。
ふと気付くとその巧みさに感心してしまいます。

<その2>
矢神の部屋、妻の話をしている最中、
諍いの渦中にいる辛さを訴える矢神を落ち着かせる座波。
興奮する矢神をベッドに寝かせ、眼鏡を外してやる座波に、
矢神『…何でもじょうずなんだな』
じょうずなんだな、っておい!かわい過ぎでしょ…矢神サン。
『じょうず』がひらがなで尚かわい。

<その3>
最後の一番萌えたところと甲乙つけがたいのがここ!
112ページ、お互いのネクタイを、
ここではまだ、ただリラックスするためだけに(←重要)解き合うシーン。
解いて投げてうねって重なり合う2本のネクタイを見て
『蛇が戯れている』ようだと感じた座波。
そしてそう感じた後の彼の衝動について書かれているのですが、
あんあんしてたり、擬音でずぶ濡れな感じ(も勿論好きですが!)より
ずーっとエロい。

<その4>
そして最後。ここが秀逸でした…!!!!!
台風が原因の偏頭痛に悩まされて店に泊まっている座波。
前段のエピソードとは違い、漏れてくる電気もないのに、
そこには座波がいると確信を抱く、休日出勤帰りの矢神。
ここのエチも含めた一連の流れと表現が大好きです。特にこのくだり!
『榛名の手は温かかった。寝起きの、しっとりと高い体温のままで
 子どもみたいだとかわいくなる。でも携帯をズボンのポケットに
 突っ込んで比呂の腰を抱き寄せる強さは当たり前に大人の男で、
 ギャップにくらくらする。』
私も!くらくらする!!
最近気付いたのですが、BLの攻めに対する私の評価は、
自分の好みかどうかということのようですw。
八神さんに夢中の座波さん。かわいくて男っぽくて超タイプ。
ちなみにこのシーンには草間さんの挿絵もあって美味しさ倍増。

いや〜個人的な萠えを長々と、大変失礼いたしました//////。
こんな意見もあるということで、皆様も是非読んでみてください!

2

「萌え」という部分で評価するなら・・・

個人的に普通のサラリーマン同士の日常のお話に最近とにかく飢えていて、購入前にあらすじを読んで、やった!と思いました。
ですが、他の方がレビューで書いていらっしゃるように、名前の部分。二人のフルネームをまず頭にたたきこんでから読み進めないと、ちょっと戸惑います。これは間違いないですね。一穂さんが意図的にそうやって書かれていることはわかるんですが、読者としては少し入りづらい部分がありました。もうちょっと違う名前なら大丈夫だったかも・・・・。なので私は敢えて、矢神比呂→矢神(名字)、座波榛名→榛名(名前)で書いてみようと思います。
矢神の悩みの部分を共感できる人って世の中にたくさんいるんじゃないかな?どんな場面でも、そこで自分がどう行動したらいいのか、いちいち悩んで、考え過ぎるからうまくいかないし、決して人と接したくないわけではないのに自然にできなくて、それが「エレベーター問題」だったり「待ち合わせで相手の姿に気づいた時手を振るかどうか」だったり「何もなくても、ただ、また飲みたいな、とかいう理由でメールをしてもよかったんだろうかと悩む」ことだったりして。でも榛名はそれが自然にできる。
続き自分には難しくてうまくできないことが、相手にとっては「当たり前」で「簡単」なこと。お互いがお互いのニガテな部分を認めて、得意なところを尊敬して。
すこし、ん?と思ったのはやっぱり、エレベーターが壊れた→男同士でも入れるホテル→とても感謝しているから君が望むかたちで報いたい=憎からず思っている相手(同性)に簡単に身体を許す・・・・のところでしょうか。でもその後、「怒りには無頓着」なはずの矢神が「反射的にむっとした」り「6分の1はいやだ」と言ったあたりで、榛名に対する特別な感情も見えて、読んでいる自分自身納得していった感じがありました。
後半矢神目線のお話もあって、それも必要なお話だったと思うのだけど・・・・お店でヤっちゃうのはこの2人のイメージと違った気がして。終始やっぱりエッチシーンが全体的に好みじゃなかったので「萌え」という部分だけでいうとこういう評価なんだろうな~と思います。
キャラクターとか心理描写とかとってもよかったから個人的にはもったいなかった・・・。
一穂さんの紡ぐ言葉は、全て心に留めたいと思える言葉。なんかサラっとストーリーを追って読んでしまうのがもったいないと思ってしまいます。

0

あれ?

あれれ?
一穂さんはこれで多分三冊目ですが、前二作は好みなので、あらすじを読んで迷わず買いましたが、あれ?
ちょっと今回はハズレかも。
まあ、個人的に合わなかっただけなのですが、何が合わなかったのかよくわかりません。
淡々とした話は好きだし、挿絵は草間さんだし文句ない筈なんですが。
可笑しいなあ。
多分、矢上のずれ方の方向が駄目だったのかもしれません。
理解出来ない事が多々あるので。
理解出来ない人なりに理解出来ない方向がわかるものなのですが、何だか「え?どうして?」と納得できない事が多くて。
あと何より濡れ場が駄目だったのが大きいかも。
これはギャップ萌えになるんですかねえ。うーん。

タイトルはとても好きなのですが、この場合のさよならした「一顆」は何なのかわからなかったです。矢上の過去?

2

天然を越えて鈍すぎる

貴金属買取店に努める座波榛名のお店に、矢上比呂が結婚指輪を売りに来店。
帰りがけ突然の降ってきた雨がおさまるのを待つことにした二人でしたが、突然比呂が涙を流し・・・。
理由も聞くことなくもう会うこともないと思っていた榛名でしたが、町で再度比呂に再会し親しくなっていきます。

社交的で明るい榛名と、真面目で天然(鈍感)な比呂という全くタイプの違う二人ですが、違いすぎるからこそ相手に興味がわいてしまう感じでしょうか。
そして気付いたら榛名の頭の中は比呂でいっぱい。
部屋でお互いに慣れない手つきでネクタイをはずし合うシーンは可愛かったです。

ただ親しくはなったけど人付き合いが苦手で鈍感な比呂との距離が縮まりきらない二人だったはずが、榛名が告白したあとの展開はあっさりしすぎていてちょっと物足りなかったです。

2

台風の時って

頭痛くなったり、気持ち悪くなったりするの、本当にあるよね。
一穂さんの作品って、こういう気象現象とかをエピソードに絡めるのが上手いなぁっていつも思う。
確かにラブはなかなか捗らない。
坦々とした、すれ違っていることすら認識してもらえないようなすれ違いが続く前半は、この二人、本当にちゃんとラブに行き着くのか忍耐を試されるようではあるけれど、この、座波から矢神への、受け取ってもらえない感を描くのは、矢神を描く上の必然だと思えるので、私としては矢神がいつ目覚めるのか結構わくわくしながら楽しんだ。
草間さんの挿絵は、読んでいる最中はいつもほとんど印象に残らなくて、それはストーリーにとけ込みすぎていて、変に気分を途切れさせたりしないって意味で、逆に凄いんじゃないかな。
あと、私も、座波と榛名、矢神と比呂が混在するのはわかりにくかったです。

0

雀影

セルフツッコミ
これと同じ日に読んだのがまさお三月さんの新刊。
期せずして同じようなキャラの話が続いてしまった。

静かな緊張感

ノンケのイイ年したサラリーマン同士、ふとした出会いから始まるラブストーリーなんて、激しい一目惚れとか、監禁しちゃうとか、やたらセックスシーンが多いとか、記憶喪失とか、男を引き寄せるフェロモンとか、実は義兄弟とか宇宙人とか多重人格とか、そういう要素でもない限り退屈なものになるんだろうなーと思って手に取ったのに。いやぁ…悔しいほど面白かったです。

タイトルの印象の通り、静かに時間が流れていく物語です。一穂ミチ作品の魅力の一つですが、全く異なる場面なのに通じ合うような言葉がふと登場して、それが登場人物の行動や思考に繋がって行く、その面白さがこの作品では更に効果的に表現されているように思いました。また草間さかえさんのイラストの雰囲気がピッタリで、クライマックスの静かな緊張感が伝わってきました。

暗い雰囲気の表紙絵にページを開くのを躊躇っていたのですが、早いとこ読めば良かったです。

2

中盤までは我慢と忍耐が必要

7月3日が「涙の日」というのは初耳でした。
だからこそ、その日に見た涙は、
それだけ印象的だったのかもしれませんね。
えーとですね、この本、実は中盤まで読むのが結構骨が折れたんです。
なんつーか「物語に入っていけなかった」というのが要因。
淡々とそこにある事象を語っていくだけに感じたんです。
要するに「ラブ」が見つからなかったんです……!!

恋でも愛でもいい。
それを意識させるようなものがちょっとでも欲しかったんです。
断片的なものでも良かった。
それを探して、探して、探して……、、、。
もういいや、斜め読みしちゃおうかなぁとか思った時に
やっと恋らしき断片が見えてきました。
それが110ページ過ぎ辺り。

ここまでは、我慢…我慢…我慢…です!!
ちゃんと希望(楽しみ)は、見えてきますから(笑)

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

《CP》
女性関係にだらしない中古金属買取店勤務・座波 ×
バツイチで一見真面目なリーマン・矢神

中盤までは、やけにだらだらとしているような気がしました。

草間さかえさんの挿絵はとっても魅力的で、想続き像力をぐっと高めるのに
十分な威力でした。
しかし、やはり「ラブ」の要素が欲しくてたまらなかったです。
のめり込む要素が欲しかったんです。

前半から物事の羅列ばかりに見えて、どうにも読む気が削がれ、
段々と興味が薄弱になってきます。

しかし、中盤以降は一気に盛り返してきます…!
座波と矢神が2人でベッドに横になり、
座波が矢神のネクタイを外した途端、猛烈に襲ってきた「何か」。
寝起きの生理現象では言い訳の付かない興奮。
ベッドから転がり落ち、言い訳をして逃げるように走って帰る座波。

キタ! やっとキタ! これだよ、コレ。これを待っていた…!!と、
心躍らせたシーンでした。

それからは、座波が一方的に恋を意識し、嫉妬したりするラブストーリー。
「好きになっちゃった」という告白は、可愛かったです。
ラブホテルに入ってからの2人の遣り取りは見ものです。
とても告白シーンとは思えない軽妙さで、
今までが我慢の連続だったぶん、かじりついて読んでしまいました。

すぐにエッチに持ち込んでしまうのは、
座波じゃないけど「やだ!」と云いたくなりました(笑)
エッチするのに「断る理由がない」というだけで体を許してしまう矢神には
ちょっとハテナマーク。
確かに軽い男の思わざるをえないかもなぁ。
一穂ミチさんもそこら辺は十分理解して、
書いてらっしゃったとは思うけど、やっぱり引っ掛かりました。

エッチシーンで座波が切羽詰まって、
「ごめん、するね。やりたい。どうしても挿れたい」という台詞には
かなり萌えました。


座波と矢神が一線を越えた後、章が変わって「またきて一過」に
なります。
「さよなら一顆」が主に座波目線だったのが、
「またきて…」では、矢神目線に変わります。

BL作品に女性が出てくると、だいたいは好ましく思えないことが
多いのですが、南紘子の存在は、そんなに嫌ではなかったです。
どこか2人のキューピッドのような気もしたし、
引き際もあっさりしっかりしていました。
そこが良かったのかな、と思います。

その後、矢神がやっと告白して2人は両想いに。
その後すぐのエッチは性急な感じがしましたが、
やっぱりずっと矢神の返事を待っていた座波にとっては
嬉しかったからなのだと思いました。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

文章を読んでいて、ずっと気になっていたこと。
2人はそれぞれ、上の姓で呼び合っているのに、文章中では下の名前で
あれやこれやを説明。
いつか下の名前で呼び合う前にそうすることで
分かりやすくするための前段階かと思いましたが、違いました。
そこに関しては始終分かりにくく、
一瞬、頭のなかで「ん?」と考えるトコロがいくつかありました。
文章的には、あまり親切ではなかったかな…と。


中盤以降は萌えましたが、やはりそれまでの道のりが長過ぎました。

先の見えない物語の中で、やはりグイグイと引っ張ってくれる
要素の数々のちからは偉大です。

今回は引き込ませる力がなかったということで、この評価です。
ちょっと残念。
勿体無いな……(><)

5

あやちゅけ

snowblackさま

こんばんは。コメントありがとうございます。
登場人物の名前は重要なので、やっぱりいろいろ思うところが
ありますよね。
今回の1冊は特にそれを意識させられる作品となった気がします。
「座波太郎」には笑いました。
いや、悪くないのですが(笑)
コメント、ありがとうございました。

snowblack

あやちゅけ様、こんにちは。
やりとりにお邪魔させてくださいませ。

りん様のおっしゃるように、文中座波のフルネームが記されているところはなかったと私も思います。
(苗字のルビはありましたね。)
最初の場面で、お店の子が「座波さん」と呼びかけるのに榛名が応えている……というところで、読者はフルネームを理解する仕掛けでした。

地の文は名前で、お互いの呼びかけが苗字。
これは一穂先生は敢えてやっていらっしゃるのではないかな?と思います。
その人の存在を表現している時は「名前」、相手との関係の中で表面に出てくる呼び方は「苗字」だったり「名前」だったり。
(名前で呼ばれている場面もありますよね?)

ただ、矢神比呂はともかくとして、座波榛名はなんとも分かりにくい。
だって、ザハハルナですよ?舌噛みそう(笑)
榛名って苗字もあるし、わざと紛らわしい名前にしたのかな?と思うほどです。
せめて座波太郎とかだったら、こんなに分かりにくくなかったのにね……

あやちゅけ

りんさま

コメントありがとうございますo(^-^)o
私の他にも気になっていた方がいらっしゃったなんて…。
そうですよね、
フルネームで書かれることが無かったような気がします。
(私も見落としてるだけかもしれませんが…><)
座波さんは、沖縄地方のちょっと読みにくい苗字なので、
フルネームでルビがあったら嬉しかったかなーって思っちゃいました。
コメント、ありがとうございました(´∀`*)

りん

こんばんは。突然のコメント失礼いたします。
>2人はそれぞれ、上の姓で呼び合っているのに、文章中では下の名前
そこ、私もとても気になったんです!座波さんなんてフルネームで書かれているとこあったかな~って(見落としてるだけかも)

ゆっくりと育つ、大人の恋のお話でした

一穂ミチという作家さんは「日常」を描くのが非常にお上手な作家さんだと常々思っているのですが、この作品もまさに「普通の男」の「日常」を描いたお話でした。内容はすでに書いてくださっているので感想を。

人外が出てきたり、けた外れのお金持ちが出てきたり、そういう非日常のストーリーではありません。特にこれという出来事も無く、毎日が淡々と過ぎていく、それだけの話なのにこの作家さんが書くとグッと話に引き込まれてしまう。
まず出だしが上手なんだな、と。人物や背景の描写の描き方が非常に上手で手に取るように分かるのに、それでいてそこかしこに撒かれた謎が一体何なのか、気になってページを捲る手が止められない。

社交的で、女性とも軽く付き合える。それでいて酷い男かと言えばそうでもない、攻めの座波。
真面目で、それゆえに人付き合いが苦手で妻に出ていかれてしまった受けの矢神。

どこにでもいそうな、ごく普通の二人の男。婚約指輪を売りに来た客と、その店の店長というきっかけがなければ接点すらない二人。その二人が、お互い少しずつ相手を知り、距離を縮めていく。

何か事件があるでもなく、淡々とした続き日常を描いたストーリーなのでややもすれば退屈なストーリーと感じる方もいらっしゃるのかもしれない。
けれど、その普通感が非常にリアルで、個人的にはとても良かった。

飄々としていて誰とでもうまく付き合える座波が、矢神に対する恋心を自覚してからはどうしていいのかわからずオタオタしてしまうところも可愛らしかったし、「高性能だけれどちょっとポンコツなロボット」と言われてしまう矢神(またこれが言い得て妙)が、座波という存在を得て少しずつ「人の感情」という面が成長していく様は、まさに割れ鍋に綴じ蓋っていう感じで読んでいてホッコリしました。

あと挿絵の草間さん。
草間さんは作家買いするくらい好きな作家さんですが、草間さんの挿絵がこのストーリーにピッタリすぎてちょっとびっくりしました。小説の場合、挿し絵が好き、とか反対にちょっと苦手で、ということはよくありますが、読んでいて一穂さん作品というより草間さん作品として脳内で再生されてしまって、途中で「ん?一穂さん作品だよね?」と作家さんを確認する、という行為をしてしまった…。小説の挿絵って誰が決めるのかいつも常々不思議に思っているのですが、このストーリーに草間さんの挿絵と決めた方、天才!と思ってしまいました。

一穂さんはあとがきで番外のSSを書かれることが多い気がするのですが、個人的にこのSSがとても好き。本編を捕捉しつつ、余韻を残す。文章の書き方が本当にお上手な作家さんなんだな、といつも感心しつつ。

一穂さんらしい、ほっこりと温かく、可愛らしい作品でした。

7

大人可愛いラブストーリー

中古金属買取店で働く榛名(攻め・27歳)は、エンゲージリングを売りに来た男性客・比呂(受け・30歳)とひょんなことから飲み友達に。
バツイチで不器用な比呂の人となりを知れば知るほど、彼のことが気になり…

榛名は、既婚者含め不特定多数の女性と緩く関係を持つ、スマートで要領のいい若者。
ここ何年も泣いた記憶のないほどドライな榛名ですが、何気なく渡した夏みかんを手に涙を流す比呂に心を動かされ、少しずつ彼に惹かれていきます。
年上の恋人の天然な言動にドキマギしたり、焼き餅を焼いたり、どんどん可愛くなっていく様に萌がありました。

比呂は、仕事はできるが同僚との世間話一つまともに出来ない、真面目で不器用な人物。
天然ボケでもあり、比呂に告白されても全く動じていなかったり、唐突に松ぼっくりの「ぼっくり」の意味を尋ねたり等、大真面目にボケるシーンの数々が笑いを誘います。

こんな二人が飲み友達として親交を深め、比呂の離婚問題等プライベートな話も打ち明ける仲になり、些細な嫉妬をきっかけに榛名が告白…という流れ。

他作家さんで言うとかわい有美子さんあたりがよく書かれるような、続き分別ある大人同士のほのぼのラブといった趣の作品。草間さんの挿絵も素敵でした。

ただ、各エピソードをさらりと流す描写にセンスの良さは感じるものの、その分掘り下げは浅く、登場人物の言動に説得力を感じにくいという難点も。
特に比呂が子どものことを語り出すシーンには唐突さを感じてしまいました。

また、ラブシーン描写がやはり個人的にピンと来ず。落ち着いた大人が、濡れ場となると断続的にアンアン喘ぎ続けるのにはどうも違和感を感じてしまいました。

しかし、全体的には一穂さんらしいセンスの良さと誠実さを感じる素敵な作品でした。

11

大人の初恋

草間先生の挿絵が素敵な一冊だった。
座波榛名、27歳、中古宝石買取店勤務。
矢神比呂、30歳、眼鏡でバツイチ、大手飲料メーカーに勤める技術者。

7月3日の涙の日の夕方、座波の勤める店に
婚約指輪を売りに来た男、名前は矢神。
「間違えて失神って書いたりしねーのかな」などと思う座波だったが
なぜか彼が気になり、雨宿りを勧めて夏みかんをご馳走すると、
その男は涙を流す……


何事にも執着せず、最後に泣いたのはいつの日のことか……
如才ないはずの座波がラブホテルの前で女に叩かれてしまう事態に
偶然居合わせて再会した矢神と、友情のような奇妙な関係が始まる。

付き合う女に不自由したことのない男と、
結婚していたこともある男。
全く対照的なタイプだが、共に流れに任せて関係を生きて来た二人。
いい大人が、恋らしきものもしてきたはずなのに、
初めて本当に自分の心が動いて、抗い難く誰かに惹かれていき、
そして新しい自分を生き始める物語。


高性能ポンコツロボットと言われる矢神の
不器用でまっすぐな生き方も、
要領よく生きているような座波の純情も
続きどちらもとても好感が持てて愛おしかったが、
個人的には、ぐいぐい引き込まれるような萌え……ではない。

繊細な筆致で描かれるそれぞれのエピソードのうまさは相変わらずだが
大きくテンションの上がるようなものではなく、
一穂さんの軽妙なセンスも控えめ。
滲むような夜の風情を背景に描かれた
じっくりと炙り出されるような物語だった。

そんな草間先生の挿絵がよく似合う一冊だったが
草間先生の漫画にあるようなやるせなさが薄い分、
インパクトというか求心力には欠ける印象があるかな。

作者らしい細部の美しさは健在で、
個人的には気持ちよく読み終われる
まとまりのいい話だと感じてなかなか好きだが
退屈……と感じる人もいるかもしれない。


前半の『さよなら一顆』は座波目線、
その続きの『またきて一過』は代わって矢神目線。
あとがきは、矢神目線のホテル前で再会したシーン、
何かが始まる時……と心に伝わり情景が見える短いSSのうまさが流石。

深く想い入れたり魂鷲掴みとはならなかったが、
トータルには筆者らしい味わいのある一冊だったと、評価は「萌×2」です。

11

素敵なタイトルにうっとりしました。

本を手にする時に瞬時に分からないタイトルが好きです。どういった意味のあるものなのだろう、と馳せながら読むのがわくわくするからです。

こちらの一冊も同様に。
勉強不足で恥ずかしいですが「いっか」なんていう数え方を初めて知りました。(すみません。漢字が出てきませんでした……泣)

宝石をきっかけに進んでいくストーリーです。
わたしもどちらかといえば攻めの榛名さんに似た考え?のタイプなので受けの比呂さんが面白く感じました。

きっと表情は乏しいはずで淡々とした口調なんだろうけど言っていることがどうにも面白い。自分と違い、そんなこと気にもせず考えたこともないので惹かれる。十分に攻めに感情移入出来ました。


受けの過去の精算の部分には全くといっては?状態でしたが……重い話のような突拍子もない考えのような理解が出来ないような分かるような…その辺は女であるわたしにはちょっと分かりませんでしたが、そのわけの分からなさが男性であるということなのかな、と。

キュンと、した部分は大半攻めと同じポイントで、あれ?私もこういう人が好きになるのかな?と錯覚まで起こしてしまいました。続き

ネタバレはなしで書きました。
タイトルの意味をもう少し考えてみたかったのもありますが…(読解力が乏しくてすみません)

後半は受け目線で進み、正確な両思いにまで至りますが後半、ぐっと受けが変わったように感じ微笑ましかったです。

お互いが自然に引っ張られる素敵な恋愛模様を見せて頂けました。


追伸。草間さんのイラストはやはり絶品です。一穂さんが夜のイメージなので夜のシーンが多い、と仰っていますが確かに色気が語ってます。(可愛いところも多分にありますが)欲を言えばもう少しイラストが欲しかったです……(中5枚です)それは贅沢かな…

6

kays

こんばんは、snowblack様。
ペーパーにブログまであるんですね〜ペーパーは手に入れてないので可愛いタイトルに惹かれてやまないです!教えて下さりありがとうございます!

小説を一読すると一旦置き自分なりに解釈を整理したりしてまた手に取り確認、そして新たな発見→また置く→再読と繰り返す厄介な質ですので未ださ迷っていました……汗

snowblack 様のレビューを拝見しおぉ!なるほど、と思い参考になりました。貴重なレビューありがとうございます。


私もダイヤモンドになぞらえて過去とのお別れかな、と思っていましたがそれだけではないような…と腑に落ちないものがあって悶々としておりましたが、頂いたsnowblack 様のご意見にハッとさせられました!そして同時になんて洒落たオチなのだろうと目から鱗です。過去とのさよならと座波とのあやふやな未来とのさよならだったなんて…!

自分では気づけなかったであろうポイントをお教え下さりありがとうございます!

一穂さんは「世界のまんなか〜」しか知らなかったので益々過去作品にも興味が出てきました!

いつもレビュー拝見しております。勝手ながらに応援もしていましたので(何の?w )今回はコメント頂き嬉しかったです。

snowblack

Kays様、こんばんは。
『さよなら一顆』、なんだろう?と興味を唆られるタイトルですよね。
後半が『またきて一過』、ペーパーが『やきもち一匙』
作者のブログの小話が『こがらし一人』と、
言葉遊びみたいな統一性があるのも楽しくて好きです。

ところで、タイトルの意味ですが、
私は一粒のダイヤモンドに象徴された過去との別れという意味と
告白後の場面で(注:ネタバレしてます!)





いつかセックスしてみたいという座波に対して
「それは『いつか』じゃないといけないのか?」というやりとりの
『いつか』と、両方の意味があるのかなぁ、と思って読みました。
kays様はどのようなことを連想されましたか?

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ