イケメン弁護士そろい踏み!大人気シリーズ最新刊

一生続けられない仕事 3

isshou tsudukerarenai shigoto

一生続けられない仕事 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神31
  • 萌×211
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
205
評価数
44件
平均
4.7 / 5
神率
70.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784801954076

あらすじ

新米弁護士の早坂は、憧れの弁護士・三上の事務所に就職し、三上と、その友人で共同経営者の片山と共に忙しい日々を送っていた。そんなある日。数年前に亡くなった同期・小野田の父親の葬儀に参列した三上は、愛人であった小野田の母親から遺言状をたくされ、代理人を務めることになり…!?

表題作一生続けられない仕事 3

片山柾,ヤメ検の弁護士,34歳
早坂義人,新人弁護士,25歳

同時収録作品一生続けられない仕事 3

島崎一真,亡くなった弁護士・小野田の異母兄
三上陽彦,弁護士,33歳

同時収録作品夏のかおり/一生続けられない仕事・描き下ろし

小野田一明,司法修習生,24歳
三上陽彦,司法修習生,23歳

その他の収録作品

  • おまけまんが
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数7

早坂がいたから三上と片山が解放されたんだと思う

1〜3巻まで一気に読みましたので、満足度の大変高い読後感でした。
1巻のゲイ隠しの不倫慰謝料のお話は、ちょっと詰めが甘いかなあとも感じましたが、2・3巻で繰り広げられる三上の恋人小野田の死、それに絡む遺産相続の話は読み応えあり!
三上と片山は、二人とも小野田の死に傷つき、二人ともお互いその死に責任がある、と罪悪感に苦しんで。でもその時の当事者ではない早坂を間に挟むことによって、特に片山は今まで誰にも言えなかったであろう心情を言葉にできた。そして心に冷たく沈んだままだったこの事件に対しての二人の向き合い方が変わっていく…。
それにもちろん片山の大人の色気x早坂の恋愛未満イチャシーンと、片想い森x三上の妖しい色気のエロシーンもgoodです。
「夏のかおり」での小野田x三上の幸せシーンは、後の悲劇と三上の哀しみを知っているからよりキラキラと青春で、もう戻れない優しい日々で、だからより愛おしい想い出の拠り所になっている。
夢から覚めても小野田の面影を視る三上。吹っ切れた、とはまだ言い切れないだろうけど、貴方にも幸せになってほしい。(個人的には、お相手は森じゃない人がイイです…)

続き
さて一段落しましたが、お次は片山x早坂の甘々系、期待しております!

1

片山先生の罪悪感

三巻が出て、「え?終わってなかったっけ?」と慌てて読み直したら、滅茶苦茶良いところで終わっていて気になっていたのを思い出しました。
そして、この巻。
片山先生の罪悪感の意味がそういうことだったとは!!確かに一巻の最初の方で意味ありげに三上先生の頭を撫でていたのに、途中からよっしーとイチャイチャし始めるからなんか誤魔化されてました。

小野田さんの遺産相続の件で、三上先生も片山先生もようやく前を向くことができて、本当によかった!
森くんやよっしーとのその後は、どうなるんだろう?とモヤモヤしますが内容自体がものすごくよく出来ていた作品だったのでこれでもう大満足でした。

1

切なかった

前巻から4年越し。首を長くして待ってました。すごいストーリー展開に思わず一気読みしてしまった…。内容はすでに書いてくださっているので感想を。

小野田の父親の遺言状。
片山の、後悔してもしきれない、懺悔の気持ち。
三上の、数年たっても色あせることのない小野田への想い。
そこへ小野田の異母兄・島崎のお金や異母弟に対する執着心が絡み、もうどうなっちゃうのかハラハラしながら読みました。

小野田や島崎の両親すら含めたすべてのキャラの心情がわかり、すごく切なくなりました。悪い人がいないからこそ、恨みようもない気持ち。
そして、3年たってやっと気持ちにけじめをつけることができた不器用な男たちが非常に愛おしくなりました。

そして早坂くんや森くんもナイスアシスト。早坂くんの素直さにほっこり。

この巻で、やっと過去の因縁に決着をつけることができたので、これからBL的な展開になるのかな、と期待しつつ。

個人的に番外編『夏のかおり』と過去の回想を描いた番外編がすごく良かった。
まだ小野田が生きていて、3人でバカを言い合いながら弁護士(検事)をめざし司法修習生だった頃。将続き来への希望を胸に輝いていた彼らと、小野田がもういないのだと認める三上の切なさと強さに思わずウルッときました。

表紙をめくってすぐのカラーの扉絵も良い…!3人の絆や想いが読み取れる、とても素敵な絵でした。

相変わらず美しい絵柄に緻密なストーリー。文句なく、神評価です。

1

がんばれ、早坂

多分、1~3まで通して読み直したら「神」です。
1,2巻、どこにあるだろう?
多分発掘したら出てくるはずだけど、2が出てから4年…、探すより買い直した方が、、、
ともあれ、いろいろ片づいて、それぞれが前へと進み出す大団円。
2巻目までの展開の記憶がおぼろでも、早坂のがんばりで充分盛り上がり。
そして、片山、早坂、そして三上達の新しいお話は、これからも続けて頂けるようなので(三上とモブ男の関係とか、気になる)、ひとまず来年発売のドラマCDの予約でもしておこうっと。

1

残された者たちの人生ドラマ

4年ぶりですか!!ちょっと内容とか忘れていたのでまとめて3巻読み直してみました。

ある弁護士殺人事件が残された者の人生を深く揺さぶる、訳ありな小さい弁護士事務所が舞台のヒューマンドラマでした。 ミステリー小説っぽいお話。

伏線も回収し(三上がモーニングコールを頼む夜のお相手以外は)月山爺さんの温泉好きなどの設定も全て活かされており、最初から障害物競走のゴールをしっかり決めて書かれたお話だなぁ、と思いました。
事件など外的要因の動きが多かったため、人の心の動きなどは過去の作品に比べるとそこまで書き込まれていないかな、という印象です。ストーリーは小野田事件の当事者ではない早坂の目線で進んでいくので、二人を何とか救いたいという気持ちが読者の共感を得やすいと思いました。

そしてなんとその事件の検察官が片山だった!
三上のことが好きなのかな、とは思っていたのですが
事件に大きく関わっていたことによって点と点で繋がっていた人々の関係が太い一本線に繋がって、これでもか!というぐらい少しづつ重なり合う事件の側面を見せてくれます。
全員が行き場のない思いや罪の意識をずっとひきづ続きりながら生きていて、
人ひとりの死はこんなにも多くの人の人生に影響を与えるんだ、と改めて思いました。

早坂と片山がお互いを労わり合いながら少しづつ近づいていくのも萌える〜
キスしかしてないんだけど、キスがとーってもエロいんですよー!=3

あと序盤で「小野田の代わりは誰にもできません」と言い放った三上の顔が最高にカッコよかった・・・!!


そして一番印象に残っているのは、書き下ろしの同棲していた頃の三上と小野田のショートストーリー。
はー、つらすぎる。なんとも言えない気持ちで涙流れました。
朝夢で泣きながら目が覚めるって、、ツライなぁ。。。。
後追い自殺したいほど好きだったんだな、という三上の気持ちが詰めこまれたお話。 小野田の写真に「行ってきます」と話しかける三上が、やっと心の中で折り合いをつけれて、前を向いて歩いていくという象徴なのですが、「一生分愛してくれた」と言っているので三上の一生分の愛はもうこれで終わった、、とも読み取れます。 この先も写真に話しかけながら生きていくのかな、と切なくなりました。 このショートストーリーが3巻分のお話にぐっと深みを与えてくれています。 森くん、頑張って三上さんの支えになってあげて。。

そしてピーチパイのママ、今回もたくさん笑いを提供してくれます。
あの夏祭りの早坂の妄想 ナス咥えてる?! サイコーです 笑
電子限定の書き下ろしでも歴代カップルにいちゃモンつけています w

そしてついに主人公の早坂がお色気担当となる4巻へと続くようです!やったーー! 
でもご病気で長期お休みされていたとのこと、ファンとしては読みたいけど、スローペースで良いので無理しないでくださいね。何年でも待っています〜^^

5

三上先生、片山先生の区切りはついたかな

今年の4月からBLにはまりまして。
3巻を読めたことは幸せだと思います。

三上先生、片山先生に囲まれいまいち影が薄いような
早坂先生ですが。
今回存在感ありますよ!!!
片山先生の痛みによりそい、キスしちゃったり…

三上先生が悪い奴に襲われちゃって、助けようと駆け付けて
キスされちゃったり。

三上先生は後追い自殺してしまいぐらい昔の彼氏小野寺先生が殺されて
それをひたすら片山先生は守っていたのですね。渋いです。

早坂先生は片山先生が好きなんです。
これで完結でなかったら次回は是非
二人が結ばれたらいいのになあと思いました!

3

待望のシリーズ新刊

シリーズ4年ぶりの続刊。
この表紙だけで否応なしに神をつけたくなりますが、内容も充実。
本編は麗人最新話まで収録され、遺言書の件が解決。
急接近する片山と早坂に萌えが止まりません♪
描き下ろしでは三上と小野田のイチャイチャが見られ、萌と切なさと感動とを同時に味わえる一冊となっています。

★本編★
小野田の異母兄・一真に薬を盛られ、ホテルに連れこまれる三上。
亡き恋人と同じ顔の男に「淫乱」と罵られ、後ろを指で嬲られ……
抵抗しつつも快楽に抗えない三上、相変わらずエロエロです。
隙を突いて逃げ出し、早坂&森と合流。
心機一転し、弁護士として戦う覚悟を決めた三上は美しく男前でした。

一方の片山と早坂。
2巻ラストの続きからの濃厚なキスも良いけど、その後片山の過去を知った早坂の対応が泣かせます。
小野田の死に対する罪悪感から三上への想いを封じ込めた片山。
そんな片山のため涙し、片山の心の傷を少しでも癒やそうと彼を抱きしめる早坂が大変健気。
そして、吹っ切れた片山は早坂にキスして「俺を本気にさせたからには覚悟しとけよ♡」と……
今後の展開にワクワクが止まら続きないラストでした♪

早坂がいい感じに大人組の心の支えになっていて、さすが主人公という感じ。
三上については、薬で身体が疼き早坂を誘うシーン。
それで先生が楽になるなら…と身体を差し出そうとする早坂のまっすぐさに、三上が我に返るところが良かったです。
ちなみに森の見せ場は今回少なめ。ワンコの頑張りは次回に期待しますw

★「夏のかおり」
司法修習生時代の小野田と三上。
つき合っているけどHはまだの二人が、小野田のアパートで……
本番は、差し入れを持ってきた片山(若い頃イケメン!)のせいでお預けでしたが、汗だくで抱き合う二人のシーンは色気たっぷりでした。

★「おまけまんが」
ピーチパイのママが三上法律事務所へ突撃!
ママの妄想の中の早坂(テーマ:夏祭り)が破壊力大でした。泣き顔も、脱がされた浴衣も、ずらさられた下着も、口に突っこまれたチョコバナナも、全てがエロすぎますw
その後、兄貴こと片山を見てのリアクションも面白いし、やっぱりママは最高だなぁと再認識。三上や森との絡みも見てみたかったです☆

★「描き下ろし」
恋人同士で、同棲していた頃の小野田と三上。
情熱的に求め合う二人にうっとりしていたら
小野田は「幸せだったよ ありがとう」
と三上に優しくキスして消えてしまい、
目覚めた現在の三上には今日も仕事が待っていて……

切ないけど、遺影に「…いってきます」と声をかける三上の顔は穏やかで、出掛けていく後ろ姿に彼の新しい人生が見えるようでした。
三上と森の今後に期待です。

全体としてHは少なめですが、萌と感動と仕事に向き合う男たちのカッコよさに満ちた素敵な一冊でした。
今後の連載も、ドラマCDも、「うちの神様にはがっかりだ!」との連動企画も楽しみです☆

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ