色恋蟲

irokoimushi

色恋蟲
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×25
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
7
得点
98
評価数
28件
平均
3.7 / 5
神率
39.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537133684

あらすじ

生きるのが面倒、思考が少しアレ、見た目は悪くない今どきの高校生篁は、とある事情で“ヤクザの愛人”と噂の、バーのマスターであるレンゲに近づくのだが、毎回取り合ってもらえない。自分に「落せない人間はいない」と思っている篁、だけど思ったようにならず、いつも苦戦の連続。ある日、レンゲに自宅スペースに招待され、カラダの関係を持つのだが、落としたはずが、逆に罠にはめられてしまい…。今まで被ってた猫までバレ、イライラが隠せないのだが、カラダを繋げるうちにレンゲのことが気になっていき。ヤクザの愛人を相手に、腹黒高校生が抱く恋心とは? そして、篁の裏の顔とは?読めば読むほど気になる、主人公は高校生だけど…少しオトナのBLコミック!!

表題作色恋蟲

藤上篁,高校3年生
壬生恋夏,バーのマスター,32歳

評価・レビューする

レビュー投稿数7

3年後の篁がかっこいい笑

893ものということですが、全然肩の力を抜いて読めるものだと思います。組織の怖さとか特有のホモホモ感も薄く、ファッション893の集団みたいでした笑
攻めの篁君はとても可愛らしかったです。年上のレンゲさんを堕とすために頑張るんですが、結局は全部レンゲ、さらには周囲の人にもバレてるっていう笑 でも、若いだけあって絶倫なようでしたので、おじさん受けは大変そうでした。
個人的には死んだ5代目とレンゲの過去のせつない恋愛ももっと織り交ぜてこれば、全然内容の濃さが変わったと思います。尺が足りなかったのではないかと思いました。これが残念なポイントです。
書き下ろしで3年後のお話が少しありましたが、篁が成人してより男らしくなっていて、それがとてもかっこよかったです。 背もだいぶ大きくなって、やっとまともな攻めっぽくなっていました。笑
なんにせよ、楽しくは読めました。が、内容が少し薄かったのが残念かな!

0

高校生工作員×32歳のヤクザの情婦

ヤクザ組織で働く高校生の篁(攻め)は、敵対組織の組長の情婦であるバーのマスター、レンゲ(受け)を落とし、情報を得るよう命令される。ワンコでレンゲに片想いしているキャラクターを装ってレンゲに近づくが、なかなか一筋縄ではいかない。やっと落とせたと思った時、正体がバレていることが判明して…。


高校生なのにヤクザの構成員というのが引っかかりました。設定として嘘くさく思えてしまう。せめて大学生くらいならよかったな。
全体的には面白かったのですが、篁の上司である組長の正体がわかったとき、なんで篁にこういう仕事をさせていたのかやや納得いかないものを感じました。高校生の部下を危険にさらしてまで情報を取って来いって、簡単に自分で情報集められるじゃん、と思ってしまった。

でも、自分ではどんな相手でも落とせる工作員として自信を持っていた攻めの青さとか、仕事で近づいた相手に本気になってしまいそうでうろたえているのとか、年下攻めの可愛げがなかなか萌えました。

0

色々薄っぺらい

初読みの作家さまでしたが、ちるちるさんの作家インタビューを拝見して面白そうだなと思って手に取ってみました。表紙の恋夏(向かって右側の彼)の足に付けられた足枷も、その足枷の鎖が途中で切れているのも、何とも意味深で素敵だったのも良かった。

が、内容は今一つ、というか…。いや、失礼。辛口の評価です。またネタバレを含んでいますので、おいやな方はスルーしてください。




篁が、現役の、しかもまじめな高校生ながらヤクザの一員、というのは設定としてはとても良い。が、ふたをかけてみれば何のことはない、借金を返すために働いてた、というのが何とも浅い、というか。

恋夏も、手のひらの上で篁を転がしてるのかと思ったら、ミイラ取りがミイラ取りになってしまうという…。そもそも、篁が敵対している組の人間だということを知っていたというのは別にいい。別にいいのだけれど、そこでなぜ「抱かせてやれば納得するだろう」という発想になるのか全くもって理解できなかった。

5代目とのつながりもいまいち分からないのに、肩に入っているコガネムシの入れ墨もとても不思議。表紙の恋夏の足枷は、5代目への想いにケ続きリをつけて、篁からの愛情を受けて新しい恋に気持ちを切りあえる、という意味なのかと思ったけれど、そこまで描きこまれてもいない。

ヤクザであることの必要性も感じないし、何だかいろいろ薄っぺらいな、という感想です。

設定は非常にツボでしたし、恋夏の気怠い色っぽさもよかった。もっさんも何とも不思議な魅力のある男でしたし。もう少し掘り下げて描きこんでくれていたらよかったのにな、と思ったりしました。

1

薄い内容

最近の高校生は簡単にヤクザになれちゃうもんなの?
しかも敵対組織の人間をハメる役とかけっこう重要ポジションとかなれるもんなの?
という疑問を解決するために購入してみましたが…、
先のキリヱさまのレビューにもあったとおり何故に攻の高校生があえてのヤクザ設定?というくらいヤクザヤクザしてなかったので、読んでて早々に気持ちが萎えていきました。

攻の篁が、他の組の組長の情人であるというレンゲを落とすために猫かぶって近付くというお話ですが、
当のレンゲにも、レンゲのバーの常連客である敵対組の幹部にも身バレしちゃってるというお粗末感。
粋がってる高校生は、実は微笑ましく見守られてたというあっけなさ。

レンゲは実は今は亡き五代目の愛人で、その五代目の息子、モッさんと呼ばれている男なのですが、モッさんはレンゲと同級生?で、篁の上司。
レンゲと元恋人である五代目とのエピソードは説明ほとんどナシ、という物足りなさ。
レンゲはつまり親友の父親とデキてたってことで…、その父親は死んでしまってて、レンゲはそれをひきずってて…
そっちのカプのほーがおもしろそうじゃないか!!

モッ続きさんはつかみどころのないタイプですが、唯一少しだけ魅力を感じるキャラでしたのでもっと出番が欲しかったな。
父親と恋仲にあった親友を実はずっと想っていて…という設定もなく、やたら理解力のあるいいヤツキャラで終わってった。
モッさんみたいなタイプは、部下あたりのポジションの男と、受としてカップリングしてくれたら萌えたのになぁ…
モッさんは親の組を抜けて自分の組をつくるのですが、実家の組のヤクザにも「若〜」と慕われてて、ヤクザなのになんか仲良しこよしでついていけなかったです。
自分の部下である篁にもなんだかんだいって甘いし。
ふつーだったら篁は指3〜4本くらい落としてても当然のヘマしてますよね。

このお話では攻だけでなく、攻の同級生も敵対ヤクザに所属してるんですけど、DKがヤクザになるの流行ってんの?ってくらいのノリ。

エロは毎回のようにあるけど、内容の薄さにエロにエロスを感じなくなる始末。

いくらなんでも軽すぎやろ…ってくらいヤクザなのにヤクザ臭がしないヤクザBLでした。
これなら篁はフツーのDKで、高値の華であるヤクザの情人を口説こうと四苦八苦するワンコ攻とかのほうがまだ萌えたかな。

1

別にヤクザでなくて良かったような。

年下×ヤクザの愛人で、ちるちるさんの紹介で見て面白そうだったので購入。
ん?ヤクザ?
全くヤクザっぽくないのですが、その上、腹黒高校生が構成員で敵対する組の愛人落として情報を得る?
でも、その有能っぽい説明だった高校生の秘密は、全ての人にバレバレで………全てに関して色々「え?」な話でした。浅いというか、なんというか。
だったら、ヤクザじゃなくて別のもっと平和な話にすれば良かったのにと、色々おかしな点が気になって終わってしまいました。
肩にカナブン(違)の刺青ってどうなんだろう。
う、うーん。

ヤクザっぽくもなく暗い話でもないので、そういうのが苦手な方は読めるのではないでしょうか。

1

ヤクザ物を期待しない方が

ヤクザ物、あまり好きではないのですが、作家さんが好きで読みました。
たいして暴力シーンもなく、途中で関係性もハラハラさせられるようなものではないとわかり、普通の恋愛ものとしてそれほど障害もないので楽しめました。
むしろ、ヤクザ物が好きな人には、物足りないのじゃないかな。
組長の女と言っても、現在進行形じゃないし、敵対関係も殺されるほどじゃないし。
肩の刺青がカブトムシなのも、ありなのかな?
とは言え、いさか先生の描く、受けの色っぽいこと。おっさんで長髪で、痩せていて、現実にはお目にかかったことはないけど、篁が填まってしまうのは仕方ないです。ま、こんなやせていて喧嘩の強い高校生も見たことないけど。

1

ヤクザ社会のライトなダークトーンに萌え

表紙の黒さから「うっ、暗そう…」というイメージを抱いたのですが、
読んでみると、そうでもないです。
ライトな感覚でするっとダークなヤクザ社会を読ませてくれます。
しかしビックリしたのが、高校生で、もうヤクザの下っ端って
どういうことですか!? 若い! 若すぎる!!
こういうことってありうるの???
てか、これって結構常識?ヤクザにしてはあまりに若すぎないですかっ?
最初に、それを思ってしまった私でした…。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

《CP》
草持組の出世頭・高校3年生 × 古敷組の先代組長の愛人

主人公の攻めは、親の莫大な借金の代わりに草持組の下っ端ヤクザと
なります。
今度のターゲットは、
古敷組の先代組長の愛人でバーのマスター(受け)。
惚れたふりをして、近づいた攻め。
色気のある受けと躰の関係を持ちますが、実は攻めの思惑は
受けには全てお見通しで、素性もバレていました。

と、いうのが序盤です。
とにかく受けと攻めについて、お話したいです!
まず受け! 色っぽいっ!
ゆるパーマ(天パ?)のちょっと長髪。肩の刺青が、カッ続きコいいです。
32歳というだけ合って、所作は大人。
大人の色気ってヤツですかね。 とても良いです。

そして攻め。
ベビーフェイスです。
高校3年生の上にベビーフェイスで伊達メガネ。
とてもヤクザの出世頭には見えませんっっ!
でも喧嘩も強く、セックスも数をこなしているという高校生。
親の残した4500万円という借金の肩代わりに
草持組というヤクザに拾われて3年も経つという、辛い立場の少年です。



最初のセックスの後、薬をもられてしまう攻め。
殺されることを覚悟しますが、五体満足で自宅に帰されます。
しかし、陰毛だけツルリと剃られてしまうところが
なんともダークなワールドの中にあって、笑いを誘います。

受けの監視はもういいと、ヤクザの幹部に言われてしまう攻め。
しかし、それでも受けに惹かれ、魅了され、自らの意志で
受けを抱きに、バーに通いだします。
ここの流れは嬉しくなると同時に、
攻めの若い一直線な想いを感じました。
攻めと受けには相思相愛になって欲しい……計算や命令とかではなく…
お互いの意志で惹かれ合って欲しい…そう思いました。


一番びっくりしたのは、古敷組の現組長の息子が、
草持組の幹部だったということ!!
なんっっじゃ、そりゃあああああ!!
全員、現組長の掌で踊らされてたってこと!?
つーか、息子って何!?
えーーーーーー!!
組を統合でも、なんでもすればいいじゃんかー!
ヤクザの世界って、こんなに簡単でいいのか……??
肩の力が抜けてしまった事実でした(笑)
ここはちょっと残念な設定かなぁ…


エッチシーンは多いです。
いさか十五郎さんにしては、かなりエロいシーンはふんだんにあると
思います。
エロエロ……とまでは言いませんが、かなり期待はしていいと
思います。

紆余曲折を経て、ふたりはついに両想いに…!
バーで組のみんなに祝福されながら、攻めが受けに
「あなたを俺に下さい」
と、告白してハッピーエンド!
良かった、良かった。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

ヤクザ社会を描いたものではありますが、
ある程度ライトなノリで読めると思います。

ダークな表紙にめげす、手にとって貰いたい1冊です☆

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ