この街に住んでる彼らのこと

konomachi ni sundeu karera no koto

この街に住んでる彼らのこと
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
刺傷<サークル>
ジャンル
ハイキュー!!(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
36ページ
版型
B5

あらすじ

前作『あの街に住んでる彼らのこと』の続編。
山岳カメラマンとして活躍する岩泉と、PTの会社人として日々を過ごす及川の同棲生活を綴った一冊

11の小ネタと+αの岩及日常本。

収録されているのは以下11編+α。
#1_序章      #2_ゴリラ1
#3_ゴリラ2     #4_ゴリラ腹パン
#5_おでかけ      #6_カフェ
#7_電車      #8_本屋
#9_プチ有名人    #10_写真集反応
#11_突然ですが明日山に行きます 

行為の描写があるのでR-15表記ですが、直接描写がないフワッとした感じの程度

表題作この街に住んでる彼らのこと

岩泉一,山岳写真家
及川徹,理学療法士リハビリテーション科

その他の収録作品

  • #1_序章
  • #2_ゴリラ1
  • #3_ゴリラ2
  • #4_ゴリラ腹パン
  • #5_おでかけ
  • #6_カフェ
  • #7_電車
  • #8_本屋
  • #9_プチ有名人
  • #10_写真集反応
  • #11_突然ですが明日山に行きます 
  • +α

評価・レビューする

レビュー投稿数1

素晴らしきストーリーテラー

ぐさりさんは元々文章書きだった、
ということを耳にしたことがあります。
今作を読んで、ああ、なるほど、と改めて思いました。

ぐさりさんの阿吽本9冊目は
前々作『あの街に住んでる彼らのこと』の設定を受け継いだ続編。
ショート漫画(1~2Pものを含む)と、4コマ漫画で構成されていて
どれも物語つづきの話なのだけど、それにしても短いページ数の中で
こんなに満足感のある、読み応えのある同人誌は本当に久しぶり。
今までの中で、わたしはこの作品が一番好きです。

山岳写真家の岩ちゃんが一か月ぶりに帰ってきた。
岩ちゃんが帰って来てすぐすることは、及川さんに触れて堪能すること
その後泥のように眠ることー
前々作同様に同棲日常本なので、
阿吽ならではの空気感がゆったりと漂う中
筋トレしたり、イチャラブしたり、おでかけしたり、
そして今回は、まっつん(咥え煙草とか...本格的にカッコイイ)と
マッキーと一緒に山登りにも行っています。(牛若くんも友情出演!)

どのパートもそれぞれ楽しむことができますが、
一番のみどころは、最終章のふたりの山登り。
この最終章続きは及川さんのモノローグから成っていて、
冒頭に描かれた岩ちゃんのモノローグとも繋がっています(阿吽のモノローグリレーのようでため息がでた)。

一歩一歩、地に足を着けて語られる及川さんのモノローグは
その言葉を辿っていく読み手の心をグッと掴んだまま
物語のラストへとじわじわ導いてくれるのですが
それがまるで、地上から頂上へ、
そして頂上から下っていく際の案内人のようで
ぐさりさんのストーリーテラーっぷりに触れ伏すばかり。

個人的に一番心魅かれたのは、『電車』と題されたショート漫画、
電車の中で、ふたりが結婚や子供について話すシーン。
『俺たちってば 永遠にふたりきり』という
及川さんの、岩ちゃんとずっと一緒にいるんだという揺るぎなさが
切なさと幸福感で溢れていて、胸を鷲掴みにされました。
そしてそれを象徴するかのように
電車に揺られて立っているふたりの後姿がひどく印象的で...
今もまだ、心から離れてくれません。

”阿吽”という言葉だけで萌えることのできるわたしは
かなりおめでたい人間ですが、
この作品は萌えだけじゃない”何か”が詰まっている。
今はまだ、言葉で明確に表すことはできないけど
それは読んで肌で感じるものなのだと思います。

評価は、阿吽本としては、はじめての”神”評価。
作品を重ねる度に素晴らしさが増していくぐさりさんの阿吽本、
次回作も期待し、心待ちにしております!

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ