俺がいなきゃダメだろ?

ore ga inakay damedaro

俺がいなきゃダメだろ?
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
茜新社
シリーズ
オヴィスノベルズ(小説・茜新社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784871824675

あらすじ

「校則違反だぞ!」のんきでだるい高校生活を満喫するキクの前に新米教師が立ちふさがった!?熱血指導はヒラリとかわしたものの、新入生にも見えるその先生・ナオちゃんのカレーうどんをいたずらで食べたことでますます目をつけられてしまう。
だが熱血教師かに見えたその実態は、トロくてどんくさい子犬のようなヒトで…。
キクは危うくて放っておけず、ナオちゃんの面倒を見ることを宣言する!どこまでも甘い、キュートなスクールライフ。

表題作俺がいなきゃダメだろ?

菊池怜 田舎の高校生 
池永那央哉(ナオちゃん) 東京から来た新任教師

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

煌く青春ストーリー。

他作品のレビューでも書いてますが、谷崎泉はずっと避けていた作家でした。←言うまでもないですが、単に私の苦手系統の作風だからというだけですので、念のため。

とにかく『無理矢理から始まるラブ』ってのが個人的にものすごく苦手なんですが『無理矢理から~』が標準装備というくらいに多い(らしい)のが第一、もうひとつはやっぱり苦手な『お仕事もの』が多い作家だということなので。さらには(これもお得意らしい)ヤクザものも好みじゃないんですよね。

それが、初読みのファンタジー(『華蜜の斎王』)が意外とよかったので、思い切っていくつか読んでみた中の1冊です。

結果・・・それほど悪くはなかったんですよ。

失礼ながら、決して『よくできた』『素晴らしい』作品というのではないと思うんですが、攻一人称のコメディはそれだけで楽しいね~。

とにかく可愛いお話なんです。

いまどきありえないような田舎ののどかな高校を舞台に、一見やんちゃな金髪の高校生・キク(攻)と、生真面目で熱血で融通利かなさそうだけど実は天然でトロい新任教師のナオちゃん(受)。

しかし、ホントに終盤が近づくまで続き『BL(ラブストーリー)』というより『青春学園もの(ドラマ)』のようでした。→というより、そのほうがよかったからかもしれんが。

ラブなしの方がいいと思ってしまったくらい、と言うより個人的好みで『生徒×先生』が生理的にどうしても受け付けないくらいにダメなので、ラブストーリーとしてはまったく好みじゃないんですが、コメディとしては楽しめました。
ラブ無関係なら面白かった。


ごくありふれた日常(都会から来たナオちゃんには非日常?)を描いた青春群像劇のようなストーリー。もう、なんとも爽やかキラキラ~って感じでした。
そこにさりげなくゆったりとラブが絡んでくるわけですね。

ストーリー展開はどうってことないんです。ラストもまあご都合主義で綺麗に纏めたハッピーエンド。
でも、それはもうそれでいい。


これと他数冊谷崎作品読んだ後、なるべく大丈夫そう(個人的苦手要素が薄そう)な作品を選んで読んでみたんですが・・・まあハッキリ言って『やめとけばよかった』です。
これはもう作家との相性の問題ですね。

あとはイラスト。
いくら10年以上前でもこれはないだろう・・・いっそイラストいらないくらい残念です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ