花霞の夜は明ける

hanagasumi no yoru wa akeru

花霞の夜は明ける
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
17
評価数
6件
平均
3 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHY文庫(小説・大洋図書)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784813041443

あらすじ

冬の気配残る、春の初め。夜の公園。篠宮景は、まだ花びらも纏っていない桜の木をただ静かに眺める同じ営業部の後輩・柏木秋斗を見かけた。会社では、周りと馴染まず笑った顔なんて見たことがないのに、こちらを振り向いた柏木は別人のように穏やかに微笑んでいた。──あなたと話せる日がくるなんて、思っていなかった。この日から、同じだけど違うふたりの柏木に翻弄される篠宮。興味が好意になりお互いを意識するなか、二十年前に起こったある事件の秘密が明かされて……

表題作花霞の夜は明ける

柏木秋斗,同じ課の後輩,27歳
篠宮,営業一課の会社員,28歳

その他の収録作品

  • 桜咲く季節は巡る
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ロッキー先生の表紙に一目惚れしました。

表紙買いしたいBL 2015年12月の記事で見たロッキー先生の表紙に惹かれて購入。
記事では「ストール巻いてる方の男性、縛られてる♪ 縄がチラっと見えちゃってます。しれっとスゴいことしてる二人の物語、早く読みたいです」とあったので、サラリーマンカップルの陵辱モノ??と思っていましたが、全然違いましたね(笑)最初は表紙詐欺なのかと思いましたが、篠宮の腕が後手にまわって縄が見えているのは、幼い頃のトラウマを表していたのですね…。

0

心の古傷を癒やす物語

あらすじ:
会社員の篠宮(受け)はある夜、一つ年下の無愛想な後輩・柏木(攻め)と偶然出会う。
プライベートでは別人のように親しみやすい彼と打ち解け、度々会うようになるが……

普通の社会人ものかと思いきや、過去の事件やそのトラウマといったサスペンス要素が二人の恋に絡んでくる展開。
事件自体より、事件被害者の心の傷や再生をメインに描かれた優しい物語でした。

篠宮はどこにでもいるような会社員ですが、実は20年前連続殺人犯に誘拐された過去あり。
当時の記憶は曖昧ですが、暗くて狭いところを怖がる等のトラウマを抱えています。

柏木は、「秋斗」と「アキ」という二つの顔を持つ二重人格者。
無愛想な本体「秋斗」は、篠宮が「アキ」と会っていることを知りません。
しかし篠宮がアキと仲良くなるにつれ、会社での秋斗との距離も不思議と縮まっていき…
柏木が二重人格者となった理由が本書の核心部分の一つであり、その過去が明らかになるクライマックスのシーンはなかなか衝撃的です。
直接の被害者でなくとも、事件に関わったことで一生残るトラウマを負ってしまった柏木。
そのトラウマを、事件被続き害者でいまや立派な大人になった篠宮が癒やしていくという展開が感動的でした。

ただ、ラブ部分の展開がやや弱い気も。
二人が互いの正体を知らないうちから惹かれ合う部分にもっと説得力があれば、更に読み応えある作品になったのではないかと思います。

それ以外は文章も読みやすく、霞がかった桜が徐々に姿を現していくような幻想的なストーリー展開にも引き込まれました。
作家さんの次回作も楽しみです。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ