ばらのアーチをくぐってきてね

bara no archwo kuguttekitene

ばらのアーチをくぐってきてね
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神15
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

32

レビュー数
4
得点
75
評価数
15件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
Origami<サークル>
ジャンル
発売日
価格
ISBN
ページ数
52ページ
版型
A5

あらすじ

商業コミックス「山田と少年」番外編

付き合う二人の日々を一年にわたって、季節ごとにアルバムのように並べたイメージの本。

表題作ばらのアーチをくぐってきてね

山田,社会人(工事屋さん),27~28歳
鈴木千尋,高校3年生~大学生,18~19歳

その他の収録作品

  • 18と27の秋
  • 18と27の冬
  • 18と27の春
  • Canna vol.42より再録 少年と山田~少年じゃなくなっても~
  • 19と28の秋
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

もう在庫がないらしいので♡

大好きな「山田と少年」の同人誌
「ばらのアーチをくぐってきてね」のあらすじを書きます♡
ばっちりネタバレです!ご注意くださいね

●18と27の秋
公園を散歩する2人
千尋が山田さんに「受験終わるまで会うのを控えたい」と言います
「山田さんといると山田さんのことで頭がいっぱいになるから」って♡
山田があっさり「分かった。勉強がんばれ」って言うと
千尋は「山田さんあっさりしてる。オレと会えなくても平気ですか?」
って自分から言いだしたのにションボリ。。
山田は千尋を落ち葉の山に押し倒して
「本当はずっと一緒にいられるように押入れに閉じ込めておきたい」
「けど、大人なりにそーいうのガマンして言わないようにしてるだけなんですけど」
「全然平気じゃないよ」
見つめ合い千尋からちゅっ♡
●18と27の冬
クリスマスイブ。受験勉強をしている千尋に山田からラインが来る
「今何してる?」「数学の勉強。山田さんは?」
「友達とクリスマスパーティー」「こんなの」→山田と友達の仮装してる写真
「んでパーティーしながらずっと千尋のこと考えてた」
うあ~会いたいなぁって続きなってる千尋の部屋の窓に
小石がカツンカツンってあたる。外を見ると山田が手を振ってる
慌てて外に出る千尋に山田はどーしても千尋に会いたくなったから
パーティーを抜け出してきたと言う
山田に「クリスマスプレゼントちょーだい」って言われて
「今日はオレ何も。。」ってあせる千尋に山田がちゅっ♡
2人抱き合う♡部屋に戻った山田。千尋を充電完了して
肌ツヤよくなっててみんなビックリ♡
●18と27の春
卒業式の後山田の部屋に寄った千尋
外は雪が降り出す。ぴったりくっつく2人
山田が「卒業と合格のお祝い何が欲しい?」と聞くと
千尋は「山田さんがいれば何もいらない」「待っててくれてありがとう」って( *´艸`)
甘く盛り上がるかと思ったら謝恩会に戻る千尋にガッカリ山田(笑)
●少年じゃなくなったとしても
山田と付き合い始めて1年の千尋
幼馴染に合コンに誘われてもいつも断るけど
山田とのことは言えない
千尋が山田の部屋に行くと山田は部屋の物件情報を見ていて
この部屋はせまいしする時に背中も痛いから引っ越そうかと言う
エチする流れでシャワーを浴びに行く山田
待っている千尋は幼馴染にも言えない関係を思い
山田もこんな居心地の悪さを感じているのかと悩む
シャワーから戻った山田のスマホに友達から電話が来る
山田は「週末は千尋が来るからかけるなって言ってるだろ」と言う
山田はあっさり友達に千尋の事を話していました♡
千尋は山田の事を本当に好きだと改めて思う(*´▽`*)
翌日千尋は
「引っ越しの話ですけど、オレも就職して稼ぐからそしたらいつか2人で。。」
って言う。山田ニッコリ♡
●19と28の秋
先輩の結婚式でブーケトスの花が当たった山田
部屋に戻ると千尋が料理をしている
山田のスーツ姿に激萌えする千尋♡
山田はブーケを千尋に渡し「幸せになれるらしいよ」って
言いながらこめかみにちゅっ♡喜ぶ千尋
千尋は「今日お母さんに話した」って言う
「お母さんなんて?」「話してくれてありがとうって」
「それと山田さんにどうぞよろしくお願いしますって」
「じゃあ俺からもお母さんに伝言」耳に口を寄せ
「一生大切にするんで安心してください」
千尋感動して「はい」って涙ぐむ
そこからエチシーン突入♡
後日不動産屋の張り紙の物件情報を見る2人
山田が気に入ったのは入口にバラのアーチがあるマンション♡
「今のところよりロマンチック♡」
すてきやんとはしゃぐ山田と
ノリノリな山田にビックリな千尋でした( *´艸`)
♡終わり♡長文失礼しました

5

あまりにも愛おしい2人*´Д`*

三田織さん自身が前書きで❛描けてHAPPYデス❜と書かれていますが、私自身も❛読むことができてとってもHAPPYデス❜と声を大にして言いたい☆
『山田と少年』は本当に大好きな作品で、私の心を癒してくれる大切な1冊です。
そんな大切な愛しい2人にまた会えるなんて本当に幸せ*^^*

相変わらず千尋は山田のことが大好きだし、山田は千尋のことをとっても大切にしてる。
しかも、千尋だけじゃなく、千尋の小さな妹や弟のことも山田は大切にしてるんですね。
そういう小さな幸せがこの作品にはたくさん散りばめられています。

山田に抱きしめられて、心底幸せそうな笑顔を浮かべる千尋の表情を見られただけでも、この作品に出会えてよかったと思いました。
腹をくくった山田もカッコいい!!

この先も、これからも、ずーっと2人の温かく幸せな日々が続きますように。
そして、山田と千尋に出会えたことに感謝したい気持ちでいっぱいです☆

3

めぐる季節の中で

コミックス『山田と少年』の番外編。
BLに限ったことではなく、
本を読んでいて、こんな恋がしたい!とは滅多に思わないのですが、
山田さんと千尋くんを見ていたら
こんな恋がしたいなあ、恋って良いなあと思えるから不思議。
わたしにとって”やまちひ”は、特別大好きなCPなのです。

この同人誌に描かれている小さな物語たちには
取り立てて大きな事件は存在しません。
めぐる季節の中で、
自分がすべきことをきちんとこなしながらも
お互いを尊重し、大切に愛情を育んでいるふたりの姿が、
やさしく、抱きしめたくなる程やさしく描かれています。

山田さんって千尋くんを溺愛してるなあ、とか
さすが年上、覚悟を決めていてカッコいい!(でも意外と乙女☆)とか、
千尋くん、大学に行って髪を染めたんだ!とか
大好きな山田さんに甘えていて可愛い♡等々
季節と共に描かれた何気ないふたりの光景が新鮮で心地良くて、
何より、一コマ一コマがひどく愛おしくて...
読み終わって、ふと気が付くと、目頭が熱くなっていました。

わたしは今まで書いてきたレビューの中で、
自分がした評価に続き対し、一度だけ後悔をしたことがあります。
それが『山田と少年』の評価でした(萌×2としました)。
今まで...今もなのですが
神評価にしなかったことがずっと引っ掛かっていて。
そんな想いを引きずった中で、三田さんがもういちど
山田さんと千尋くんに会える機会を作ってくださったことが
本当に嬉しいし、感謝してもしきれません。

めぐる季節の中で、これからも
ふたりはやさしい物語を紡いでいくのだろうと思います。
そんな心地良い幸せな読後に包まれた今作。
今度こそ迷いはありません。声を大にして言います。
評価は”神評価”、です!!

6

「山田と少年」その後の幸せアルバム

ふたりのアルバムを こそっとめくるように 楽しんで頂けたら…
ページをめくるとまず、三田織さんのそんなコメントがあります。

コミック後のふたりの、日常の日々やイベント日や節目の日の、
短いエピソードやイラストが綴られていて、
本当にアルバムを見ている気分になれる、とても素敵な1冊でした。


■18と27の秋(18歳の千尋くんと27歳の山田さんの秋の話)
受験が終るまで、しばらく会うのを控えたいんです…
秋の公園を歩きながら千尋くんがそう伝えると、山田さんは…

落ち葉の降り積もった公園での、触れるようなキスに…キュン♡

■18と27の冬
クリスマスイブの夜、受験勉強を頑張っている千尋の元に、
友達とのクリスマスパーティーを抜けてきた山田さんが、
サンタの帽子を被って会いに来てくれて…

■18と27の春
卒業式の後に山田さんのお家に行った時のエピソード。
受験中に会えなかった分、くっつくこうとする山田さんだけど…

■少年と山田~少年じゃなくなっても(Canna vol.42より再録)
大学生になった千尋は、山田さんと付き合ってもう続き1年。
知れば知るほど山田さんの全部を好きになっていって、
本当は皆に自慢したいくらいなのに、
現実では幼なじみにも打ち明けられず居心地の悪さを感じていて…

山田さんが実はあっさり友人に千尋のことを話していて、
それを千尋に自然体で伝える様子がすごくいい。
Hする前に布団の上でギュッとした時の、千尋の顔が、
ほんとに幸せに満ちていて、あぁ…なんて愛おしい表情だろう。

■19と28の秋
友人の結婚式に出席した山田さんが、ブーケをもらって帰ってきて…
山田のスーツ姿にトキメク、乙女な千尋が可愛すぎます♪
そして夕食後、
千尋がお母さんに山田さんのことを話した、と打ち明けてきて…

その後に体を繋げながら嬉し涙を流すふたりが、もうもう……!!


最後に、
本のタイトルの意味も分かって、さらにキュンときてほっこり。
ばらのアーチを毎日くぐって、ふたりはずっとずっと幸せだろうな♡

早く通販が始まって、
沢山の皆さんの手元にもこのふたりの幸せが届きますように…

12

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ