孤独な鷹は人恋しくて

kodoku na taka wa hitokoishikute

孤独な鷹は人恋しくて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神27
  • 萌×212
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

155

レビュー数
5
得点
194
評価数
44件
平均
4.5 / 5
神率
61.4%
著者
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
デルファイサウンド
脚本
エジマ
原画・イラスト
黒岩チハヤ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
67 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー通販特典:出演キャストによるトークCD
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

学生時代、男の後輩・穂鷹から突然告白され、
恥ずかしさのあまり酷い振り方をしてしまった勇誠。
無愛想だけど一番懐いていた可愛い後輩だけに、
傷つけてしまったことを今でも後悔していた。
しかし、数年ぶりに偶然の再会を果たした穂鷹は、
酔っ払った勇誠を誘惑してくるような魔性の男になっていて――!?

表題作 孤独な鷹は人恋しくて

西成勇誠 → 興津和幸

大月穂鷹 → 田丸篤志

その他キャラ
上田[中澤まさとも]/ 副部長[白井悠介]/ 店員[青野菜月]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

満足度◎

まず「ちんしゃぶ逆襲セット」という商品名は猛省してほしい。買う気が失せる(買ったけど)

「いいエロを描きたい」という意気込みを感じる原作。

きれいなピアノのBGMから始まるのが意外でしたが、原作の絵もきれいでしたね。

田丸さんは線の細い美人声、これがBL2作目。
1作目(男子高校生~)からお上手でしたが、今回もとってもアンニュイな誘い受け❤
原作のちょっと口をとがらせて拗ねたような表情も再現してあったと思います。
可愛かったりいじらしかったり。穂鷹の魅力がよく伝わってきました。

なんだろう…軽率なエロのはずが、ピアノ曲、興津さんのコミカルと誠実のメリハリのきいた演技、田丸さんの美人声…
きれいな話…?いつからきれいな話だと錯覚していた?

ここかられいの(このCDで推されている)フェ○ですね。かなり長くフェ○していますが、興津さんのコミカルなモノローグが被っているのでエロくない。もったいない。
電車のシーンもエロくない。

トイレのシーンの後半は持ち直した。
その流れで、帰宅後おせっせ。
やっと!色っぽい雰囲気!
BGMも無く、ゆっくりと続きした濡れ場。
過激なことは何もなく、長いシーンでもないが、田丸さんの細い声が切れ切れに上がるのがきれい。

田丸さんのモノローグを挟んで~先輩から告白~氷解~。
長台詞を堪能できる。

上田役の中澤さんが本当にいい仕事をしている!

居酒屋のトイレ~帰宅後2回目の濡れ場は甘~い❤
田丸さんの耐える声や小声で話すところは超絶可愛かったけど、激しくされているときはもっと声を出すとイイと思います!

田丸さんのことばかり言及しているけど、興津さんは通常シーンも絡みの演技も大安定すぎるよ!
ベテラン!

そして初回版ミニドラマ。
なぜ「ちんしゃぶ」「逆襲」なのかは作中に意味があるんだけど…にしても酷い。
商品名にすることはないと思う…。

後日談1も2も絡み。1が原作の描き下ろし部分。
2が逆襲。

ここまでは受けちゃんを引き立たせるorフォローに回っていた興津さんだけど、このトラックは「攻め」でした。
チラッとだけど、興津さんの攻めが聴けてうれしかった。

フリトは和気藹々◎
初回版は2人、特典フリトは3人。
田丸さんは自分の役について愛着を持って語っていて好感度↑!

印象に残った台詞は、やっぱりワードとして気になるのはちんしゃぶだと盛り上がっていたから、じゃあまあ…よかった??
〆の挨拶で「ラジオの相方が喘いでいるところが新鮮で…」とブッ込んできた中澤さんwwまじかww

1

「ちんしゃぶ」の意味を知らなくて、連呼してた・・////

初回限定盤ということで、「ちんしゃぶ逆襲セット」というのが
サブタイトル。
よく意味がわからず、「しゃぶしゃぶの仲間かな…」とか莫迦なことを
考えていました。
しかし!
「ちんこをしゃぶる」の略だったんですね!
ひゃああああ、連呼してましたよ…恥ずかしい><
主人公は果たして、ちんこをしゃぶる(フェラ)という逆襲は
出来たのでしょうか…?
コミックス未収録ということで、ニヤニヤしました。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆
《CP》
主人公・高校時代の弓道部の先輩 × 先輩に恋している後輩

話はそっくりそのままと言っていいほど、原作に忠実です。
コミックスを片手に聴き始めたのですが、違和感がない流れだったと
思います。
まずは、キャストについて……


高校時代の先輩・勇誠に興津和幸さん。
どちらかと言うと、受け役の方が多い興津さん。
今回は攻め役なので、どうかなぁ…と心配しながら、
開始ボタンをポチしたのですが、杞憂でしたね。
やっぱり声優さんは凄いですね♪
柔らかい声音でありつつ、決めるときはワントーン低い声で
ビシッと決める。続き
全体的に良かったです。
ただ、柔らかい声音の時は、ちょっとチャラい男みたいに
聞こえてしまったのが残念……。

高校時代の後輩・穂鷹役に田丸篤志さん。
うおお、好みドンピシャ!
これが絡み2作目となる田丸さん。
怯えた声がウサギのようで、もうたまらーーん!って感じです。
このままファンになってしまいそうな程、ドッキュンきました。
ヤバイです、これは!
もっと怯えてー! もっと泣いてー!って感じで、
完全にSと化してイジメ倒してしまいたいくらい、カワイイです!
なんだこれは!
この魅力、すごく惹きつけられます。
未熟なところはあれど、好みとしては完璧!


ただSEは、ちょっと不満足…。
エッチシーンの効果音はもっと大きく、目立つようにして欲しかった…。
声優さんの声の方を優先した結果かもしれないですが、
アレをこする「すりすり」の音や、
後孔の「くちゅり」「ぐちゅ」という音は、大事ですからね!
エッチシーンを盛り上げるには、必須!><


コミックス未収録の勇誠の「ちんしゃぶ逆襲」は
楽しく聴かせてもらいました★
勇誠、フェラのお返しができてよかったね。
嫌がる田丸さんの声も必聴です!

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

かなり満足な内容でした。
特典フリートークも、ニヤニヤしながら楽しく聴かせてもらいました。
強いて欠点を上げるなら、興津さんの時のチャラ男っぽく
聴こえるところと、サウンドエフェクトですかねー…。
あとは本当に楽しかったです。

オススメ!!

4

この「神」は田丸さんに差し上げます

原作既読~黒岩先生の絵柄がとても好きなのでほとんどの作品を読んできました。この作品は人気があるんですが、私としてはやはり「ましたの腐男子」シリーズには及びませんでした。
それでもCDを買ったのは、完全に田丸さん目当てですw
「男子高校生、初めての~」でのあの喘ぎ声!ぞくっと来ました
それで初BL絡みってどんだけですかって思ったんですが…
田丸さんより穂鷹に似合う役者さんはいません!!
「うったえますよ//д//」と言った瞬間から、「あっ!穂鷹だ!ー」と思いました。
ほっとうにツンツンしてて最高に可愛かったです!
個人としてはあまりツンテレ受けはしゅみじゃないですが、
田丸さんのツンテレっぷり、いくらでもいただけます♥
ぜひぜひ、その可愛さのために聞いてください( ´ ▽ ` )ノ
いやー、これから田丸さんの活躍が楽しくて仕方がありません
もっともっといい声、聞かせてくださいw

ではでは、興津さんの方ですが、
前のレビューで「前半は受けみたい」というコメントがありましたが、
おっしゃる通りですね。
興津さん本人も自覚があったみたいですね(笑)
うん…ま続きあもともと原作の中はそういう感じだったし、適切な演技をしていると思います。
一番良かったのはやはり、「ちんしゃぶ逆襲セット」の中の、その逆襲神の技!!!
「あ~うん」って…美味しそうに…(/ω\*)
こちらもぜひお楽しみください!

3

たまちゃんかわゆい。

原作未読。
キャストさんが魅力的だったのと、
黒岩先生が原作だったので購入しました。

あらすじは上のちるちるさんのものや、
レビュワー様のものをご参考にしてください。

私からは感想を述べさせていただきます。

私が購入した理由としてキャストが魅力的だった、
と書きましたが、特に田丸さんがお気に入りの声優さんです。

他作品で田丸さんの初絡みを聴いたのですが、
初々しいながらも一生懸命演じられている姿に好感を持ち、
お気に入りの声優さんになりました。
その田丸さんがメインでご出演、しかも相手役が
興津さんでしたので、これは買うしかない、と。
興津さんの演技に関してはさすがでした。
興津さんに任せておけば心配いらないな、と
改めて感じましたね₍笑₎
最近よくCDにご出演されていらっしゃる興津さんですが、
今後の活躍に期待したいと思います。
本編に関しては、原作未読でも十分楽しめる内容になっています。
濡れ場に関してもさらっと聴けて飲み込みやすいです。
ただ、やはり原作未読だと「これは何のシーンなんだろう?」と
思う箇所がありましたので、続き原作とセットで楽しんだほうが
満足度は上がるのではないかなと感じました。
原作を読んでいないと、主人公たちがいる場所などが
音だけではわからないこともあるので、
原作を読むともっと違ったのかな、と感じました。

ですがこちらは話の内容を、というより
キャストさん目当てだったので私はあまり気にしませんでした。
受けがかなりこじらせてますがさらっと聴けます♡

おすすめです。

*

3

ちんしゃぶ逆襲は必聴!必読!

原作既読。
全体として大変原作に忠実で、丁寧な作りに好感が持てました。

■勇誠@興津さん
若くて線の細そうな美人声。
好きなトーンですが、受け受けしくて原作イメージとは少し違うかな〜と最初は違和感が拭えませんでした。

しかし、穂高を抱いた後、家を探し当て告白して以降は声が低くなり、演技も男前路線にシフトしたような?
特に絡みでの言葉責めは、前半のワタワタぶりが嘘のようなカッコよさでした。
これが演技プランだとしたら、やはり興津さん素晴らしいな〜〜と思います♪

演技自体は、全体的にヘタレで明るくて優しい、2.5枚目っぽい口調がイメージぴったりで、楽しく聴けました。

■穂高@田丸さん
可愛すぎず高すぎず…な等身大男子っぽいトーン。
落ち着いた口調が聞きやすいです。
でも、穂高の可愛いシーンの数々は、もっと思い切って演じて頂きたかった気も?
「先輩のおっきぃ♥」
とか、
「あの人ちょっと…触るのうまくて…」
とかの決めゴマシーンが、CDでは破壊力イマイチで、サラリと流れてしまうのがちょっと物足りなかったです。
喘ぎ声も「エロ声が凶悪」というほ続きど可愛くはなかった…かも(すみません)。

でも、初めて勇誠に抱かれた後のお風呂でのモノローグは、切なくて可愛くて良かったです。
原作ほどのエロ可愛さはないけど、何気なく喋ってるシーンには控えめな色気があり、これはこれで好みでした♪

■初回限定版特典・ミニドラマCDについて■
後日談1「最後までひねくれもの」は原作描き下ろし。
後日談2「勇誠のちんしゃぶ逆襲」はオリジナルエピソード。
勇誠に激しく抱かれ、ぐったりしている穂高。
勇誠に、イッたばかりの自身をフニフニされ、
「お前 動けねーみたいだし
俺がキレイにしてやる 口で」
と舐められ、動揺しつつも感じてしまいます。
泣き出してしまう穂高ですが、勇誠に
「気持ちいいことなら
 お前にも感じて欲しいし してやりたい」
と言われたら満更でもなく、
「あと一回…先輩の…欲しい…」
とスイッチが入ってしまう〜というエロラブなお話でした。

※コミコミで購入すると、こちらのミニドラマCDと、上記Hシーンをダイジェスト漫画にしたリーフレットが貰えるのでオススメです☆

■総括■
カットエピソードはなく(描き下ろし漫画のみ、特典のミニドラマCDの方に収録)、本当に原作に忠実な作り。
セリフも、細かい手書き文字も、ほとんど全て音声化されていたのが嬉しかったです。
一コマしかないフェラ回想シーンまでしっかり再現されているし、
最終トラックでは原作のカバー下漫画「卒業」まで音声化されていて、
細やかで丁寧な作りが大変好印象な一枚でした。
神寄りです!

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ