誘惑は夜と雪のささやき(原題:Lost in the snow)

yuuwaku wa yoru to yuki no sasayaki

誘惑は夜と雪のささやき(原題:Lost in the snow)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
trickster books<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
148ページ
版型
A4

あらすじ

web漫画の書籍版。

欧州封建時代がモデルの世界。ある大領主の息子が目覚めると、そこは戦場から離れた雪山の山小屋だった。命を救ってくれた平民出の"名もなき兵士"と二人きり、春を待つことに……。

表題作誘惑は夜と雪のささやき(原題:Lost in the snow)

平民出の兵士
大領主の庶子

その他の収録作品

  • あとがき
  • ふたりの関係まとめ
  • スケッチ
  • おまけ5P漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ハードコアな海外M/M漫画の世界

小説『愛の報復』『裏切りの夜』などの作者・仔犬養ジンさんの同人誌(漫画)。
最近小説だけでなく漫画も描かれているとのことで、本作品はすでに英語・ドイツ語にてアメリカやドイツで出版されているそうです。

絵はアメコミ調で、Guilt|Pleasureさんの絵をより雄々しくしたようなタッチ。
攻めも受けもムキムキで、男性にも読まれていることが納得のガチムチ系の作風です。

舞台のモデルは、12〜14世紀の英国。
大領主の私生児(受け)が、名もなき平民の兵士(攻め)に助けられ、二ヶ月間、雪山の山小屋で二人きりの時を過ごすという話。

攻めは長髪で胸毛モサモサ、
受けも渋い髭面で、何とも濃い絵面。
普段男らしい受けが、顔に似合わずアンアン喘ぐのが意外でしたが、海外作品ではそういうのが受けるのか?
そんな違和感を差し引いても、ガタイのいい男同士の絡みは迫力十分でした。

受けは、若い頃より義兄や多くの男たちから辱められてきた私生児。
自分を大事そうに抱く攻めに惹かれていきますが、攻めは身分差を気にし自ら受けを求めようとはしません。
毎夜抱き合いつつ、少しずつ互いの続き人となりを知っていく二人ですが、山を発つ日は刻一刻と近付き……

攻め受けどちらかの心情にフォーカスするのではなく、俯瞰的な視点から淡々と綴られる物語に余韻が残ります。
セックス描写だけでなく、相手の身体を拭いたり、鬚を剃ったりといった日常の触れ合いからも、互いへの秘めた感情が伝わってきて、ストイックな色気を感じました。

巻末には、日本語版限定の5P漫画を収録。
受けが、父親の借金のカタに男たち&犬に犯される話で、インパクトはありましたが、オチは特にないので物足りないかな。

本編は一応ハッピーエンドですが、今後二人が外の世界でどう愛を育んでいくのか、気になる幕引き。
第二部の刊行も楽しみです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?