どうして好きと言えないんだろう

doushite suki to ienaindarou

どうして好きと言えないんだろう
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
27
評価数
8件
平均
3.5 / 5
神率
12.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784832289659

あらすじ

セフレですけどお付き合い始めます!!ショップバイトの山田くん×社員の寺島さんが、ガツガツ系で職場LOVE★大注目の著者★描き下ろし入りでついに初コミックス化!!

表題作どうして好きと言えないんだろう

山田,大学生,カジュアルショップのバイト店員
寺島優,同ショップの社員

その他の収録作品

  • クリスマスのお仕事
  • ゆりさんは見た(描き下ろし)
  • カバー下:漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数3

普通に可愛い年下攻めカップル

ショップ店員の寺島(受け)は、大学生バイトの山田(攻め)と酔った勢いで関係を持ってしまい、以来セフレとして付き合っている。身体を重ねるうちにいつの間にか好きになってしまったが、年上で社員というプライドも伴い、告白できないでいたところ、ひょんなことから山田に好きな人がいると知ってしまい…?


ごくごくありがちな展開で、意外性はなかったですが、受けのツンデレ具合がなかなか面白くて楽しく読めました。さわやかで優しいイケメンなのにムッツリなところもある攻めも可愛かった。

1冊まるまる同じカップルの話です。冒頭から身体の関係はあり、くっつくのも割と早い段階なので、作品的には付き合ってる2人のちょっとしたすれ違いやいちゃラブがメインです。
最後の方で攻めが隠し持っていた女性ものらしき下着が、という話がエロくてよかったです。面積小さい下着を身に付けた受けのイラストがなかなか卑猥で萌えました。勃起して下着にすき間ができてるとことか、やたら作画に力が入ってました。

3

ちょっと予想と違いました…

こちら、初コミックスです。
表紙のイラストから、少女マンガっぽい、
繊細でキレイな絵柄をイメージして買ってみたのですが、
中の絵は思ったより線が太くて、キャラの言動に勢いがあって、
どっちかというと少年マンガっぽい雰囲気があるような…?

1冊全部、ひとつのCPのお話で、
その2人の読み切りストーリーが何本も入っているという構成です。

「 どうして好きと言えないんだろう 」
というタイトルの本ですが、
読んでみると、どうしてこのタイトルにしたんだろう?という疑問が…

同じアパレルショップで働く、
大学生のバイトくん × 社員さんが、セフレ関係にあって…というお話で、
最初は、受けが攻めに好きって言えなくて…なんですが、
1話めで結構あっけなくくっついちゃうし、
その後はお互いに好きという気持ちをちゃんと伝え合えてる…
もっと違うタイトルの方が、よかったんじゃないかなぁ。

お話の内容としては、
クリスマスの日にプレゼントを用意していたけど~とか、
初デートにどこに行こうかお互いに悩んで~とか、
受けが付き合っていた女子社員さんが現れて攻続きめの心は波立って~とか、
CPならではのすれ違いや、ラブ甘な話が主です。

キャラの言動に妙な勢いがあるというか、
なんだか大げさな感じがして、
わたしは感情移入しにくかったのですが、少数派かなぁ…。
あと、
攻め・受けふたりの見ためも性格も結構似ているように感じられて、
せっかく立場も年齢も違う設定なんだから、
もう少し違いや個性があればいいのになぁとも思いました。
あ、でも、
女物のパンティ?と思うような面積の小さい、
Tバックのレースの下着を攻めが隠し持っていて…と始まり、
それを受けに穿かせてエッチ♡のお話は、コミカルエロで面白かったです。
小さな布がもっこり…なカットがいっぱい見れました♪w

9

コメディタッチ

一冊丸々同じカップリングのお話です。

セフレから恋人になる過程の切なさとかあるかなーと思いましたが、そういうのはなかったです。

楽しいラブコメでした。受の年上社員さんがちょっとノリが軽めで、わちゃわちゃ進んでテンポが良くて(わかりづらい感想でスイマセン)、恋愛部分の胸キュンとかはないんですけど、このノリ嫌いじゃないです。

くっついたあとの、パンツの短編も楽しくて好きです。もめてても仲よさげな二人がいいですね。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ