2人を見てるとキュンとする!! 何だこの気持ち…!!! A.萌えです。

大きなノイチと小さなヒナユキ(表題作 彼と彼のはなし)

ookina noichi to chiisana hinayuki

大きなノイチと小さなヒナユキ(表題作 彼と彼のはなし)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×28
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
2
得点
107
評価数
30件
平均
3.8 / 5
神率
40%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799727560

あらすじ

反田 直(たんだ なお)には気になる男が2人いる。
大切な幼馴染のヒナユキと、そんな彼とよく一緒にいるノイチだ。
ヒナユキは小柄で病弱でおとなしく、ノイチはデカい・無口・荒くれ者……なぜ2人が、いつでもどこでも一緒にいるのかわからず心配でなのである。
そんな当事者2人は、直を巻き込んで何やらもじもじ駆け引き中のようで…!?
少しずつ丁寧に愛を込めて関係を近づけるピュアな初心者カップル・ラブストーリーv

イケリーマン×地味先輩の擬似兄弟関係経由・恋愛行き(!?)ラブコメ「兄弟エクストラ」も収録。

表題作大きなノイチと小さなヒナユキ(表題作 彼と彼のはなし)

野口将一(通称ノイチ),デカい荒くれ者風の高校生
森ヒナユキ,小柄で大人しい高校生

同時収録作品兄弟エクストラ

城田宇喜男,営業部のキラキラした後輩リーマン
井上三郎,同会社の経理,地味な先輩リーマン

その他の収録作品

  • 彼と彼の誕生日のはなし(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:おまけ漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数2

キュン!

表題作
直と直の彼女さんの言葉を借りるならまさに”キュン”とするノイチとヒナユキの物語です。
とってもほっこりとっても可愛い!
最初ヒナユキの友人の直の視点で話が進んでいくので読んでる側もヒナユキを見守っているようなそんな気持ちになります。大きくて強面のノイチの方がヒナユキよりもウブで可愛いのでクスっと笑ってしまいます。
キスしちゃった~のシーンがお気に入り。
直と直の彼女さんの気持ちに大共感!笑

兄弟エクストラ
お兄さんだったらいいのに!っていう会社の後輩くんからアプローチを受ける先輩のお話。後輩くんの本当のお兄さんがでてきてからのほうが面白かったです。後輩くんの必死っぷりに笑えました。笑

今回電子で購入しましたが修正は白抜きでした。なにしているのかわからない部分もありましたが、そこまで酷いとは感じませんでした。

ほんのりBLが読みたいときにぴったりの一冊です。

1

ピュアな2人にキュン & ほっこり

初コミックスです☆
発売時に、買おうかどうしようか迷ってやめた本なんですが、
今すごく後悔しています、その時に買ってもっと早く読んでおけば~!!

ほのぼのラブコメがお好きな方なら、
クスッとしながらキュン♡きて、とても楽しめる1冊じゃないかな?
わたしはものすごくツボでした~~

半分くらいずつで、2つのお話が入っています。

■表題作「大きなイノチと小さなヒナユキ」描き下ろしあり
デカくて目つきが悪くて荒くれ者風の、通称イノチ(攻め・表紙右)と、
小柄で大人しくて気弱そうなヒナユキ(受け・表紙左)の、
一見アンバランスな、初々しい高校生CPのお話です。

物語は、受けの幼なじみでリア充のノンケ、反田くんの視点で始まり、
受けのことが心配で探りを入れていたら……と進んでいきます。
この反田くん(と彼女)の視点があることで、
2人の凸凹っぷりが強調されて、攻めのキャラの意外さも際立って、
上手い描き方だなぁと感じました。
反田くんのおかげで2人が初チューをしたり、
彼が後々もよきアドバイザーでいるのも、とっても微笑ましい♪

でも、なんと言続きっても、一番素敵なのは攻めのキャラかな☆
怖い感じの見た目なのに、すごくウブでちょっと天然。
水族館に受けをデートに誘いたいのになかなか言い出せなくて、
ポケットに入れていたチケットは触りすぎてクシャクシャに…とか、
キスの後は何をすればいいのか分からない…とか、
受けを大事にしたいからとイキナリお姫様抱っこ…とか、
可愛すぎて萌えました~ (*´ω`*)

手を繋ぐのや、初エッチ(触りっこ)もすんなりいかなくて、
そのもどかしさや、一緒に乗り越える2人の様子+身長差にキュン♡

受けも恥ずかしがりだしヘタレだけど、
ちゃんと強いところもあって、とてもお似合いの2人でほっこりです。

■「兄弟エクストラ」
イケメンで仕事ができて気も利く後輩リーマン(攻め)に、
地味な受けが「うちの兄に似てる」「甘えたくなっちゃう」と、
懐かれて~仲良くなって~、そしたら告白されて押し倒されて…?
そして、攻めの兄は実は受けに全然似てなくて……?

ところどころ結構ありそうなお話の流れではあるのだけど、
受けの思考や心の声が可笑しいのと、イケメン攻めの素が可愛くて、
こちらもとても楽しく読めました♪

光男お兄ちゃんの受けの話、描いてくれたらうれしいな~~

気が早いですが、今から2冊目のコミックが楽しみです (#^^#)

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ