雨の中からやってきた

ame no naka kara yattekita

雨の中からやってきた
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×211
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
74
評価数
19件
平均
4 / 5
神率
26.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
H&C Comics CRAFTシリーズ(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784813031031

あらすじ

ある日、サンタクロースとトナカイたちのアカデミーでは、教師のアクセル、生徒のトーマスとピーターがいないと大騒ぎ。
トナカイはイメージを保つため、じかに人間に触れることは御法度なのだ。その上、アクセルは発情期で…。
数日後、アクセルはアカデミーを飛び出したときに助けてくれた機長の長池に絶賛片想い中。
みかねたアカデミーの校長に特別休暇を与えられ、アクセルは留守番兼ヘルパーとして長池家に居候することになるのだが──。
超ニブくて天然な長池に恋をしてしまったアクセル。剛鉄のノンケ・長池にアクセルの想いは伝わるのか!?
一晩泊めていただお礼は、ぜひ体で・・・
書下ろし「その後のトナカイ」も収録!!

表題作雨の中からやってきた

長池義広、機長/イェス、アクセルの同僚
アクセル、元トナカイでアカデミーの教師

その他の収録作品

  • その後のトナカイ

評価・レビューする

レビュー投稿数8

クリスマスに思いを馳せて

初めて読んだ時はなんだかごちゃごちゃしたお話だなぁと思い、2回目でやっとお話の全体の流れが理解でき、3回目で面白さと素晴らしい萌えを感じることができました。初読でレビューしなくて良かった…。

これ擬人化…人外?ケモミミ?ジャンルのBLになるんですね。まずそれを飲み込むのに時間がかかりました(アホ)。ファンタジーですが、小笠原宇紀さんの美麗な絵は画としての説得力があるので何度も読んで隅々まで堪能できるところが良いなと思います。

表紙の美人さんはアクセルという名のトナカイ(人間にしか見えないけどトナカイ)で、冒頭から発情期のためにハァハァしている誘い受キャラ。…て、よく見たら表紙ですでに何か致そうとしている!笑 そんなアクセル先生に乗っかられちゃってるのがどこか抜けてるイケメン機長さんの長池。彼はドノーマルなだけでなく常識人なので、自分に一目惚れしたアクセルの秋波にまったく気づきません。

さて、物語は、雨の日に二人が出会った日本と、日本から遠く離れた「アカデミー」(北欧のどこか)を舞台に進んで行きます。アクセルはアカデミーの先生で、何かとセクハラ紛いの歪んだ愛情をアクセル続きにぶつけてくる同僚・イェスの手で一度は北欧に連れ戻されてしまいますが、長池への想いを断ち切れずに日本へと舞い戻ります。オスなのに角がないことでイェスに苛められることの多いアクセルですが行動力は人一倍あり、そこが何とも可愛らしいかったです。また、アカデミーに居る当代のサンタクロースことニコラス42世や年齢不詳の飄々とした校長先生も素敵なキャラクターでした。

エロスもありつつ、なかなかロマンティックで壮大でよく出来たファンタジー作品でした。クリスマスにまた読みたいと思います。

1

お馬鹿受けと鈍感攻め

クリスマスというか、サンタクロースの世界(?)のお話です。
人間のパイロットとトナカイ(擬人化)という見たこと無い組み合わせなのですが、設定もかなりぶっ飛んだ感じがしました。

トナカイのアクセルに一目ぼれされて、次期サンタクロース候補としてサンタの国に連れて来られる長池。
このトナカイやサンタの学校の設定はちょっとふわふわっとしているというか、脇キャラも個性的で、他にもサンタ候補として連れてこられた人たち、その国の人々などキャラが多いので、長池とアクセルの恋を描くにはちょっと色々つめこみすぎだなぁと感じる部分もあります。

アクセルにちょかいを出してきたイェス君も、私は個人的には意地悪でもこういうキャラは嫌いではないかも・・・最初は作者さんはイェス君とアクセルのお話にするつもりだったらしいですが・・。
何だか上手くいかない不器用なキャラ達が見ていてせつなかったです。

アクセルは健気・大人しい系に見えるのにかなり淫乱で惚れっぽくておまけに考えがちょっと甘い!この子が元凶(?)で厄介に巻き込まれるのですが、この子がわたわたするたびにそれが可愛く、シリアスになりきらず面続き白く読めました。この子が泣けば泣くほど可愛い。
他のサンタ・トナカイカップルも可愛かったです。

あと、何だか笑える下ネタ会話が多いのも楽しいです。
絵は綺麗で色っぽいのでそのギャップがいい。
長池の上に跨りたい(挿れたい)のを「ファーストクラスに乗りたい」とか、それに対し「エコノミーなら乗れますが・・」という長池とか、笑えます。

ファンタジーはあんまり読まないのですが小笠原さんは作家買いでした。
この独特のたるっとした可愛さと絵の綺麗さから、手に取ってしまう作家さんですが、いつもハズレがないので今後も期待しています。

3

パイロット、トナカイを拾う

トナカイ養成学校の教師であるトナカイ、アクセル(受け)は、生徒のピーターとトーマスとともにプチ遭難したところをパイロットである長池(攻め)に助けられる。発情期だということもあり、長池を好きになってしまったアクセルは、助けてもらったお礼に身体を差し出そうとするが、鈍い長池は粉をかけられていることすら気づかない。
想いは伝わらないまま、それでも仲良く過ごしていたが、やがてアクセルは、代替わりするサンタクロースの時期候補として長池をスカウトしようと考え…。


小笠原宇紀さんは昔から絵が好きな作家さんです。長年活動されているのも嬉しいし、あまり画風が変わっていないのも嬉しいところです。
耽美で古風な絵柄なのに、ちょいちょいギャグ調なのも好きです。

今回も、パイロット×トナカイというカップリングで、コメディの気配しかしませんでした。でも読んでみたらギャグ調ながらも切なさあり、三角関係ありで楽しめました。
受けは天然でエロくて可愛いです。攻めが受けを意識するようになったきっかけはちょっとわからなかったけど。(エロい場面を想像したのはわかるんですが、それ以前のきっかけが…) あと続き全体的に説明不足ではありました。

受けに横恋慕しながらもいじめていたイェスくんが、ビジュアルいいし悪役ながらも割と好きなキャラだったので、彼にもいい人が現れるといいなぁと思います。でももうトナカイ姿に戻っちゃって、人型には戻らないのかな?

2

バカバカしいけれど

ばかばかしいけど、おもしろかったです

ひさしぶりにBLマンガを読んだって気がしました
実際、ひさしぶりに読んだんですが
小笠原さんは作家買いなので、新刊で見つけたら即買うんですが、まったく前知識がなかったので、裏表紙のあらすじをみても、??? ファンタジーというか、へんな設定で、かなりシュールなおはなしでしたが、主人公はとてもよいアホの子で、オマケのちっちゃい子たちもかわいかったです

世界観とか、あんまりわからなかったんですが、サンタの学校とかトナカイとか、ばかばかしさも突き抜けてて、さらにリアルというより、デフォルメされて妙に生々しい裸体が出てくるので、なんだか笑っていいのか、悩むところもありました

でも、結論としてはおもしろかったです
小笠原さんの描く黒髪の攻めは好きなので

3

トナカイアカデミー?


トナカイ擬人化ファンタジー?
ストーリーは、超現実的で恋愛に鈍いパイロットが、すっかり忘れていた恋する心に気づくリアルサイドのお話と、地上で出会ったパイロットに恋したトナカイとサンタクロース村の中のサンタ・ニコラスやトナカイ達の愛憎模様を描いたファンタジーサイドのお話が絡み合って進みます。
トナカイアカデミーの制服やサンタのコスチューム、パイロットの機長の制服など、制服萌え、コスチューム萌え的に、絵にはすごく満足感があります。
にぶちんな長池が、いつアクセルの恋心(発情)に気づくのか、そんなヤキモキも、アクセルの生徒、トーマスとピーターとの掛け合いも相まって微笑ましくて楽しいです。
そして、エロ無しのまま終わるのかと思いきや、いきなりフィストですか…まあ、トナカイだしね、
最終ページも立ちバックで…まあ、元はトナカイだしね、

3

雀影

セルフツッコミ
結局よく判らなかったのが当て馬イェス。
アカデミーの校長のことも、もうちょっと知りたかったかな。

ひと足早いクリスマスプレゼント

愉快で人の心に触れるメルヘンファンタジー。

パイロット(人)×トナカイ(姿は人)がすれ違ったまま進むお話ですが、アカデミー(サンタ&トナカイ学校)の描写ではまるで映画を観ているような気持ちになり、夢中で読んでしまった一冊。こちらのレビューを拝見し、クリスマス・子供が可愛い、などというのに惹かれ即購入。約220ページ、イラストがやはり細部まで美しく、物語としても楽しめました。主に登場人物の紹介で段階を追ってはいませんが、以下ネタバレ含みます。

【登場人物】
・長池(国際線の機長):妻と子供を6年前に亡くしている。雨の日に火の球が流れ落ちるのを見て、その帰り道アクセルに出逢う。広い家に住んでいるが忙しくて家のことができていない。アクセルに好かれているのに気付かない、脱いだらすごそうなガッチリボディ。
・アクセル(アカデミーの教師):生徒二人を連れソリで地上を回っている際、失敗して日本に墜落。雨宿りできる場所を探していて出逢った長池に世話になる。耳が尖っているが見た目は人。ツノ無しトナカイ。
・トーマス&ピーター(アクセルの生徒):ちびっこです。見た目年齢が小学校低学年ぐら続きいなのにませたことを言うが、何だかんだアクセルを助けている。P「手前ミソって何?」T「ファとラのことだろ」(笑)。
・イェス(アクセルの同僚):長年アクセルに好意を抱き体の関係を持っているオレサマトナカイ。生徒にはあまり好かれていない様子。
・校長:いつもサンタ服。ルックスも心もお美しい(見た目は若者)です。何者かは最後に明かされる。

一冊にまとまるのに10年かかっているとのことでした(あとがきより)。終盤になるにつれ、読み手としては少し不思議な感覚になって、それがあとがきを読むとなるほどそうかと腑に落ちたようなエンディングでした。誰が主役なのか、どこに(何に)焦点を当てられているのか、読み方によって感じるものも変わりそうな作品だと思います。私はアカデミーでの風景や、校長、イェスという男がとても印象に残っています。ちびっこふたりが終始賑やかで◎。Hシーンの描写もとても好みだったのですが、長期間エッチを我慢しているアクセルがラストで人が変わったようになってるのだけ、ちょっぴり違和感を覚えもったいない気がしました。面白いのはトナカイが誰かをナンパする→サンタ誕生というひとつの設定。神に近い評価です。

4

メリークリスマス☆

表紙とタイトルと帯とあらすじを見ても特に魅かれなかったのですが(ヒドイ、失礼な)、試し読みでおもしろそうだったのと、子供たちがかわいくて買う気になりました。
ほんとにチビっ子2人がなんともかわいくて、それだけでもよかったと思うくらい。

サンタの国からソリの不具合で生徒のピーター、トーマスと共に地上に落ちてきた発情期のトナカイ、アクセルは、やもめの長池機長宅に居候させてもらうことになります。
長池氏に誘いをかけるのですが、“鋼鉄のノンケ”なのでまったく気がついてもらえません。
その後アクセルは長池氏をサンタ候補にスカウトしてアカデミーに連れていきます。

二人のちょっとズレたやり取りや、トーマスとピーターのコンビ、長池氏曰く「今日は前髪どうしますか」とか言いそうな、サンタコスプレみたいな格好のアカデミーのイケメン校長、現サンタと専属トナカイのイェス、他のサンタ候補と担当トナカイなど、楽しく読めて、キラッキラな絵も美しく、ひざポンッの感動するセリフもありました。

終盤、お互い想いを認め合ってからはガラッと変わってエロいです。いきなり手首まで入っててびっくり。さすがトナ続きカイ。
修正も白線が1本だけで、よく他の作品で真っ白でひどいというのを見聞きしてたので、これ、いいの?って思っちゃいました。

アクセルはトナカイ姿はありません。ずっと人間です。
口絵がエロいです。
やっぱりチビちゃんたちがかわいいのが一番だったなー♪

3

サンタ

ひじょーーーーに可愛らしい作品。
お子様たちが和ませてくれるってのもあるんですが
ある意味純粋培養の受とニブすぎる攻のすれ違いが面白い。

さて、本作。
雨の中立ち往生している大人一人と子供二人を
助けた攻。実はその助けた3人は・・?!
な、ちょっとファンタジーなサンタBL。
「お礼は身体で・・・」
火照る体を持て余し、赤い顔でお誘いするも
華麗にスルーされる様が可愛らしく。
発情期に見舞われた受に容赦なくツッコミを入れる子供たちが
可愛らしく。
美麗な絵と相まってよかったです。
また、どんだけ鈍いのwなノンケ攻でしたが
気持ちに気づいてからのガッつき具合に言葉がなかったw
や、たしかにこれまで何もなかったけれども。
ヤりすぎではないのかwな最後があれですが
トータル一冊まるごと読めて大満足な1冊でした。
なにより二人がずっと一緒にいられるっていうハッピーなエンドが
嬉しかったです。

ただ、イェスが結局なんだかよくわからないままにー
だったのが残念でした。
結構好きな感じだったんだけどなー幸せになってほしいですな

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ